« 岩茶は薬かな | トップページ | お茶請けはわらびもち »

むっつりリトープス

 ツルナ科リトープス属は日本名を「イシコログサ」というらしい。てっぺんに窓があって、原産地の砂漠では窓だけ地表に出して、あとは埋まって石のふりをしている。なぜかというと、水気が多いので、鳥に見つかるとひとたまりもないから。鉢植えになると、年中むっつりして、春先に脱皮をして、だまーって大きくなる。何を考えているかわからない多肉植物の中でも、とりわけ何を考えているかわからない。
 で、うちのリトープスときたら、誰一人としてすっきりさわやかに脱皮をしようとしないのである。いまごろになってしわしわになるやつ(右手前:福来玉)、子が出てそのまま止まっているやつ(左:大津江)、いち早く外は枯れたが薄皮がついたやつ(右奥:白花黄紫勲)、以前薄皮をむいたらあっというまに腐られてしまい、こわくて手が出せない。うーむ、君らは一体何を考えているのだ。また、そこがかわいいのだが。

20040929lito.JPG

|

« 岩茶は薬かな | トップページ | お茶請けはわらびもち »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32405/1553765

この記事へのトラックバック一覧です: むっつりリトープス:

« 岩茶は薬かな | トップページ | お茶請けはわらびもち »