« 「アップルパイ」来る | トップページ | 炭焙梨山烏龍茶と白瓜子 »

続・お越しプーでマダム

 『週刊朝日』を立ち読みしたら「忘年会で冬ソナを歌おう」とかいうタイトルで、お越しプーでマダムが紹介されていた。元ネタは、爆裂伊香保温泉冬ソナ(日本語訳)らしい。そうだったのか。
 しかし、画面の大きさや、訳語1個所が違っている(「荷が」→「ニガー」)ことから、前に貼ったリンクにはちょっと手が加わっているような。どちらにしても、歌詞カードとして見るより、曲つきフラッシュで見た方が笑えると思う。
 それにしても、お手軽じゃないかね『週刊朝日』。きっとネットで拾ったんだろうけど。口コミでじわじわ広がっていたものが、マスコミが介在して一発で広がるのも味気ないしなあ。

|

« 「アップルパイ」来る | トップページ | 炭焙梨山烏龍茶と白瓜子 »

コメント

「ニガー」は出版コード的にヤバイっつーことで掲載に合わせて「荷がー」に変えました。それと、お察しの通り、朝日新聞社内のどなかたに見ていただいたようで、そこからの取材となりました。リンク有難うございました。

投稿: 伊香保万次 | 2004.12.13 13:51

伊香保万次さま
爆裂伊香保温泉の主自らおいでくださり、いたみいります(うわあ…とちょっと感動)。週刊朝日で知って以降、ちょくちょく遊びに伺っています。
リンクさせていただいて、ありがとうございました。なるほど、後で変えたのですね。たしかに、まずいですものね。
今後ともよろしくお願いいたします。

投稿: きたきつね | 2004.12.13 23:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32405/2191672

この記事へのトラックバック一覧です: 続・お越しプーでマダム:

» グッジョブ! [晏晏的自言自語 [an-an's monologue] ]
blog「きたきつねの穴」にも取り上げられていますが,週刊 朝日に「冬のソナタ(日本語訳)」のことが載っていました。 きたきつねさんに同感。こういうものは“... [続きを読む]

受信: 2004.12.09 01:09

« 「アップルパイ」来る | トップページ | 炭焙梨山烏龍茶と白瓜子 »