« 「王の帰還 SEE」日本版 | トップページ | 冬の終わり? »

150円からの園芸

 なんだか、くたびれてしまい、珍しく家で飲酒してしまう(酒は黒糖焼酎、肴は人参スティックに胡麻マヨネーズをつけたもの)。30分でできあがってしまってからの更新で、実のところ酔っている。
 前から書こうと思っていたのだが、観葉植物を安く手っ取り早く始めたいとき、よいのはドラセナではないかと思うのである。よくフラワーアレンジメントなどにあしらいとして入っているのだが、この人たちは、水につけておくと速攻で根が出て、挿すとほぼ100%の確率で根付く。挿し木実験などしたので、家にはドラセナが結構あるのだが、よく売られている万年竹はドラセナらしいので、今度皮をむいて確かめてみようと思っている。
 写真は、青ドラセナの鉢植え。本人も覚えてはいないと思うのだが、昔は150円の切り花素材だった。今ではすっかり鉢植えと化している。

20050202dorasena3

|

« 「王の帰還 SEE」日本版 | トップページ | 冬の終わり? »

コメント

私、寿命の短い切り花が嫌いで、
花束とかもらうと、ちょっと滅入ってしまうんですけど・・
ドラセナの切り花!これは、長持ちしそうでいいですね(^^;
ていうか、こんなモノを切り花に・・

投稿: やまねこ | 2005.02.02 23:00

やまねこさん、こんにちは。
切り花といっても単体ではなく、アレンジの添え物として使うようです。きたばかりの頃は葉が2枚しかなくて大人しいものでしたが、今ではご覧のように年中葉っぱ吹きまくりです。

投稿: きたきつね | 2005.02.04 18:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32405/2785246

この記事へのトラックバック一覧です: 150円からの園芸:

« 「王の帰還 SEE」日本版 | トップページ | 冬の終わり? »