« 杉浦日向子さん死去 | トップページ | 観たい映画をつなぐたすき(中華映画限定) »

五百年前の月

 台風が去っていった。昨日は、大風が吹いたと思ったら、夜から雨。、今日は午前中ざあざあと降り、夕方になって上がる。夜はまた大風が吹いて、空を見上げると、雲がすごい速さで北西から南東に向かって流れていった。台風は遙か東にいるのに、渦を巻いた風がここまで届いているのだなあ。
 昼間、ちょっとした合間に、ざあざあ降る雨を眺めていた。強く降る雨はけっこう好き。雷や嵐も家の中から見ているのは好き。で、雨を見ていたら、なぜか、とってもぽーれい(プーアル茶)が飲みたくなった。雨が降って土の匂いがしたからかも。
 遅くに帰ってきて、缶の底に少し残っていた香港:茗慶堂の陳年ぽーれい茶を淹れる。茶杯は海風號で買ったもの。500年前の明代のものらしい。色形のせいでお安くなっていたのだが、一番ゆがんでいたこれの絵に惹かれたのだった。ちなみに、縁の汚れはどうもお茶らしく、持ってみるとここから飲むのが一番具合がよいのだった。昔から愛用された茶杯らしい。私は湖の上に月が出ているのが好きなのだが、やっぱり月を愛でていたのかな。

20050727chahai

写真はこちらにも。

|

« 杉浦日向子さん死去 | トップページ | 観たい映画をつなぐたすき(中華映画限定) »

コメント

500光年離れた月を愛でているのですね!
ロマンが感じられます、いいなぁ。
少し赤っぽいお茶の色(勝手に想像しています)がきれいに映えることでしょうね。

投稿: smash | 2005.07.28 22:32

500光年…なんというロマンチックな響きでしょう。
そうなんです、赤っぽいお茶が合うんです。
確か写真があったと思うので、あとでリンク張りますね。

投稿: きたきつね | 2005.07.28 23:27

こんばんは。 もとよし@器好きです。
いや、眼福でございました。(笑)
明代の粋人が偲ばれる、結構な絵柄ですね。 こういうものを、日常ご使用になるというのが、また素晴らしいですね。

投稿: もとよし | 2005.08.02 23:25

もとよしさん、器好きでいらしたのですね。
私も好きです♪
そのわりに大したものはなくて、
骨董はずぶずぶになりそうなので
あまり近づかないようにしているのですが…
これは出会いものでした。
ついしまいこんでしまうのですが、
ものは使ってあげないと、と最近思うようにしています。

投稿: きたきつね | 2005.08.03 23:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32405/5184732

この記事へのトラックバック一覧です: 五百年前の月:

« 杉浦日向子さん死去 | トップページ | 観たい映画をつなぐたすき(中華映画限定) »