« ぽーれい生茶飲み比べ | トップページ | ぽーれい用新人茶壷 »

嗚呼、甲子園

 南北海道代表である駒大苫小牧が、延長の末、ついに甲子園の決勝に勝ち残った。ふだん、スポーツはあまり見ないのだが、つい見てしまう甲子園の魔力。
 たまたま8回表のあたりで、札幌駅地下の大きなテレビがあるところを通りかかったのだが、すんごい人。ガードマンが、通り道をふさがないよう声を枯らしている。また、テレビカメラがすごいのね。ほとんどの局がいたのではないか。で、皆さんの反応を撮る撮る。前方には、いかにもテレビに映りたそうな若人が活発に騒いでいて悪循環。断りもせず撮るのは無礼だと思うので早々に逃げたのだが、夕方テレビを見たら、見かけた皆さんと騒ぐ若人がもれなく映っていたのであった。10回の裏では人が通路いっぱいだったし、さぞ明日も混むことであろう。他の人と見るのも面白いんだけど、ああなるとちょっと遠慮したいなあ。
 帰りに乗ったタクシーで、「宇部のピッチャーはかわいそうだったねえ」「背負っているものが大きすぎますよね」などと、運転手さんとしみじみ語り合ってしまった。
 ともあれ、明日はあまり気張らず、ぼちぼちやってほしい。
 そういえば、「とまこう」と思っていたら、「こまとま(駒苫)」だったのね、校名。

追記:
 そして、ついに「深紅の大優勝旗」(心躍る響きがある)が再び津軽海峡を渡って戻ってくることになった。選手の皆さん、お疲れさま。優勝インタビューで「雄叫びを」とリクエストしたアナウンサーはいかがなものかと思ったが、みんな嬉しそうでよかったよかった。

|

« ぽーれい生茶飲み比べ | トップページ | ぽーれい用新人茶壷 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32405/5543950

この記事へのトラックバック一覧です: 嗚呼、甲子園:

« ぽーれい生茶飲み比べ | トップページ | ぽーれい用新人茶壷 »