« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

2005年9月

「頭文字D」字幕版

(追記:当初、タイトルを「頭文字B」と思いっきり間違っていました。pingが送られた先の方は「ぱちもん」かと思われたかも。すみません、ぼうっとしていて間違いました。1496さん、ありがとうございました!)

 「頭文字D」字幕版を、やっと劇場で観る。札幌は今日が最終日。仕事は詰まっていたのだが、頭が疲れてぱんぱんだったので、思い切ってゴー。オープニングの途中で滑り込んだ。
 いやあ、面白いじゃないの。車のことは全然知らないし、原作にどこまで沿っているのかも知ったことではないのだが、楽しかったぞ。考えてみれば、香港版DVDは画面ばっかり観ていて、台詞など見ちゃいなかったし。画面が大きいと、いろいろなものが見えるし(秋生さんの周囲に積み上がっている雑誌のタイトルとか)。難しいことはなーんにも考えなくていいし。成長物語としても、なかなかよくできているよな。
 それに何より、眼福眼福。エディソン・チャンとショーン・ユーのツーショットって、「無間道Ⅱ」ではなかったよなあ。ジェイ・チョウも好みかもしれん(ちょっと似た系統の梁家輝が好みのタイプストライクど真ん中だったりする)。小春も出てくるし(背中の「秩序」の文字は誰の趣味?)。阿Bが出てくると手を振りたくなるし。
 しかし、何と言っても一番は、やっぱり秋生さんだ。嬉しそうな顔をしていると、それが、クラブのお姉ちゃんに囲まれてだろうが、鈴木杏ちゃんにでれでれしてだろうが、息子が走ると聞いてだろうが、私もとっても嬉しいぞ。暗いのをいいことに、一緒に笑ってしまったことである。包丁持ってると怖いけど。

 その他の小ネタ:
・中国語字幕の「二百五十匹」って250馬力だったのか。
・どうして「がんばって」だけが日本語なんだろう。
・どうして香港映画はゲ○(伏せ字になってない)が
 こんなに好きなんだろう。
・温泉饅頭はばくばく食べるものじゃありません。
 それもお茶もなしに。
・鈴木杏ちゃんに遭ってしまうところで「哀愁の動体視力」
 という言葉が浮かんだ。

 これは、日本が舞台でも登場人物が日本人でも、まぎれもなく香港映画なのだが、日本語吹き替えで見たらどんな感じなんだろうなあ。日本映画に見えるんだろうか。香港人にしてみれば、広東語吹き替えなので、我々が日本語吹き替えの海外映画を見ているような感じになるのかなあ。吹き替え版を観てみたいような観たくないような。日本版DVDも買ってしまうのだろうか。実は、サントラもちょっと欲しかったりする。  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コノフィツムが咲きました(その4)

 最近の最高気温は20度前後、最低気温は10度前後。「過ごしやすい」と天気予報では言っている。10月もわりと穏やからしい。でも、10月も末になると最低気温は4度、夜は取り込む時期がやってくる。うう。
 今年は、よく日に当たったせいか、コノフィツムが絶好調。その後も続々とつぼみを吹いている。

20050929taniku1
 ペルシダム・ネオハリー。

20050929taniku2
 タビ型コノフィツムの「銀河」。

 気がつくと、もう9月も終わり。
 仕事、がんばらないとなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

しょっぱいお茶請け

 通りすがりの「山形のうまいもの市」で、「胡桃と小女子の佃煮」を衝動買い。
 なんとなく、お茶請けにしたかったの。
 帰って、台湾茶ドットネットの木柵鉄観音を淹れてみる。
 合いました。考えてみると、おせんべもお茶にあうのだから、お茶請けがしょっぱくても不思議はない。胡桃の味と佃煮の甘じょっぱさと小女子の蛋白質の味がいい感じ。そういえば、「アーモンドと小魚」もお茶請けにしたっけな。
 少しだけ残っていたFormosa Tea Connection の石棹烏龍茶も悪くなかった。焙煎か発酵が強めのお茶が合うんだろうな(紅茶は合わなそうだけれども)。

20050928cha
 お皿はうさぎ模様。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

石垣島のラー油

 気がつけば、最近のエントリは食べ物ばかり。食欲の秋とはいうものの、せっかくの減量が水の泡となりそうで、とてもまずいのである。
 そういうときには野菜に限る。
 最近のヒットは、一部で名高い石垣島のラー油。原料は、島唐辛子、唐辛子、春ウコン、秋ウコン、ピバーチ、石垣の塩、ニンニク、白ゴマ。黒豆、山椒、黒糖、植物油。辺銀(ペンギンと読むらしい。本名だとのこと)さんという方が作っている。 
 これが、美味しいの。 石垣島のホットソースは洋風に使える感じだけれど、こっちは、和風か中華風。麺類に入れてもいいだろうし、餃子にももちろん合いそう。癖になる味。
 よく作るのは、にんじん(さやいんげんでも)をせん切りにして、さっと塩で揉んで軽くチンして、寿司酢(酢醤油でもいいんだけど、調味料としてけっこういいのだ、寿司酢は)であえ、そこに少したらしたもの。今日はこんにゃくの煮物に振ってみた。もやしとニラをさっと湯がいたのにも合いそう。
 ホームページを見ると、切ったクリームチーズにたらすとか、サワークリームに混ぜてディップにするとか、納豆にナンプラとともにかけるとか、いろいろなレシピがある。納豆はおいしそうだな。

20050927oil

 今日、高校時代の友人と会ったのだが、持っていってお土産にしてもらえばよかった…。今度ね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いくらの季節到来

 北海道産あきあじ(鮭)と生筋子が店頭に並んでいる。鮭はもう食べたのだが、筋子はまだなので、そろそろ漬けようかなあ、と思っているところへ、実家から到来。
 今年初のいくらご飯。へっへっへー(嬉)。
 昨年よりも1か月立ち上がりが早いので、あと1か月半ぐらいは楽しめそう。

20050926ikura

| | コメント (6) | トラックバック (0)

凍頂山野生茶

 最近、Formosa Tea Connectionの凍頂山野生茶を飲んでいる。去年の冬茶(現在は完売)。
 最初は蓋碗で淹れていたのだが、茶壺「御大(紹介はこちらに」で淹れたら、美味しくてびっくり。去年の瑞里烏龍茶とはまた違ったスパイシーな香りと、ちょっとお花のような甘い香り。おいしーい。
 凍頂野生茶は、凍頂山で年に1度肥料をもらう以外には世話を受けず、勝手にすくすく育ったお茶である。凍頂山烏龍茶もおいしいのだけれど、野生茶は、元気な感じがして違った美味しさがあるのだな。

20050925cha

 5煎ぐらい飲んだところで出かけなければならなかったので、サーモマグに茶葉を入れてお湯を入れていく。出先でも幸せ。
 今日はマンドリンの練習が8時間(11月5日が定期演奏会なのだった)。少しくたびれたので早く寝よう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インスタントのフォー

 先日買ってきたインスタントのフォーを作ってみた。ポーク味のを。
 1杯につき400ccのお湯を沸かし、半透明の平べったい麺を2分茹で、揚げ玉ねぎの入った調味油と粉末スープを入れて混ぜる。乾燥ねぎ付き。

20050924pho1
 特に具は入れなかったのだが、ポーク味ならチャーシューと、てんこもりの生のもやし(芽と根はとる)・ミントなどをそえるといいと思う。レモン汁を入れたら、なかなか悪くなかった。

20050924pho2
 これはハワイで入ったフォー屋(ハワイは移民が多いのでエスニック料理の宝庫なのだった)。写真の奥にフォー用のてんこ盛りの生野菜が見える。思いっきりモヤシとハーブをのせて、レモンを搾って食べるの。いつかベトナムにも行きたいなあ。

 ところで、今ごろではあるのだが、香港の「河粉」(幅の広い麺)の「河(ほー)」とベトナムの「フォー」って、もしかすると同じものなのね。牛肉を乗せた河粉を「牛肉河(んがうよっ・ほー)」と言ったりするのは「牛肉のフォー」から来ているのね…麺を茹でるときに「これって河粉に似てる」と思って初めて気がついたのだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スターウォーズ展&カエルヤ珈琲店

 仕事をしようかとも思ったのだけれど、疲れが抜けず。午後から晴れてきたので、一発気分転換に、かねて懸案の北海道立近代美術館に出かける。「アート・オブ・スターウォーズ展〜エピソード3を中心に〜」が見たかったの。
 実は、それほど期待していなかったのだが、自分がこんなにエピソード4〜6(特にエピソード4)が好きで(できれば特別編じゃないやつ)、エピソード1〜2がどうでもいいとは思わなかった。エピソード3は、まあまとめだからなあ。

☆よかったこと
・入るとき「いってらっしゃいませ」と言うモギリのお姉さん
・スター・デストロイヤーの大型模型
 入った途端これがあって、なんだかもう、エピソード4の冒頭やら、エピソード5でミレニアム・ファルコンと追いかけっこをするシーン(結局、ブリッジの裏に張り付いて逃げる)やら、その前の追いかけっこで宇宙空間でみちみちに重なってしまうシーンやら、いろいろなシーンが音楽付きで脳裏に蘇り、ものすごく長い時間見てしまった。思わず「帝国のテーマ」を小声で歌ってしまったりして、はたから見たら変な客だっただろうなあ。
・ボバ・フェット
 傷だらけなのが「これ、実際に使ったのね」と思わせる。しかし思い浮かぶのは、エピソード6の間抜けな死にっぷりだったり。
・デススターのマットペインティング
 ミレニアム・ファルコンはここから牽引されたのね〜、とか、こっちが皇帝専用の発着口なのね〜とか、穴が空くほど見る。脳内BGMはファルコンが牽引されるときの音楽。
・クッションを抱えたジャバ・ザ・ハット
・チューバッカさん
 でかい。手の指がすごく長かったり、足の爪が欠けたりしているのがリアル。そのショルダーバッグは昔からずっと使っていたのかなあ。
・R2-D2
 小さーい。ケニー・ベイカーはもっと小さいのか。ペイントが黒くて人が入らない2本足モデルなので、宇宙船に装着するときのかなあ。ああ、かわええ。スター・ウォーズで一番可愛いのは、なんといってもR2。

◎見たかったもの
・ミレニアム・ファルコンの大きい模型
・ダースベイダーのマスク。エピソード5で装着中のやつ
・カーボン冷凍されたハン・ソロ
・衣装がすばらしかったのだが、普通のマネキンじゃなくて、顔もリアルにしてほしかった。

 堪能した後、美術館近くのカエルヤ珈琲店へ。実はこれ、ずうさんと同じルートだったりする。行きたかったのよ。カエルヤ珈琲店。

20050923kaeruya1
 お昼抜きで行ったので、チリビーンズドッグと珈琲。
 「お薦めの食べ方」がついてくる。

20050923kaeruya2
 図録を眺めたりして長居してしまったので、ハチミツバタートーストも食べる。

20050923kaeruya3
 窓際がカウンターで、小物が並べてあったり。

20050923kaeruya4
 入り口付近。次回はお買い物もしたい。

 とっても居心地がよかったので、また行こう。次は三岸好太郎美術館でやっている三岸節子展かなあ。
 今日は秋分の日。太陽は17:10にきっちり沈み18:00には暗くなる。これから6か月は夜の方が長いのだけれど、よく働いてよく遊びたいものである。

カエルヤ珈琲店
札幌市中央区北1条西17丁目
電話:011-616-1558
11:00〜18:00(ラストオーダー)
月曜定休

| | コメント (3) | トラックバック (1)

観たぞ!「喜馬拉亞星」!!

 待望の「喜馬拉亞星」をついに観た。
 まさに、涅 槃 の 境 地。
 内容に関してはKEIさんがまとめてくださっているのだが、まさに「考えるな、感じるんだ」の世界。広東語はできないはずなのに、なんでこんなに理解できるのだ。
 挙動不審な劉青雲、寅さんな呉鎮宇、ヒラメちゃん(by an-anさん)な鄭中基(歌がいい!)。
 大馬鹿映画(誉め言葉)なのに、色彩がとっても綺麗で、うっとりしながら観てしまう。疲れたときに最高。さすがお正月映画である。繰り返して観てしまっている(今3回目)。麻薬のようだ。

 個人的にツボだったシーン。

20050921cinema1
 香港では、この椅子は凶器としての用途がディフォルトなのか?
 (インドなのに⋯。)
 そして、横にいるのは「六号」こと成奎安だ。
 癌だと聞いていたのだが、元気になってよかったよかった。

20050921cinema2
 癒し系な鄭中基のお母さんとお父さん。そっくり(笑)。

 それにしても、怒濤のラストにはびっくり。初めの方に伏線がなくもないのだが…さすが香港映画というしかないな。

| | コメント (5) | トラックバック (1)

冬の便り

 大雪山系の旭岳で、とうとう初雪が降ったらしい。平年より3日早いとのこと。
 8月の末にスタッドレスタイヤとストーブのコマーシャルが始まり、ナナカマドが色づくと、冬も近いのだなあ、と思うのだが、近いどころか、既にリハーサル状態である。

20050921tree
 秋の陽に映えてきれい。雪にも合う色。
 ちなみに、札幌で最も多い街路樹はナナカマドらしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Moon Cake

 ばたばたしているうちに、中秋の名月も過ぎてしまった。札幌はあまり天気がよくなかったのだが、ゆうべ、なんだか眠れなくて外を見たら、すばらしい十六夜の月が煌々と下界を照らしていたので、深夜、一足遅れのお月見。綺麗だったな〜。
 お茶友のみなさんのblogを読むと、月餅を食べた方が多かった様子。天津にお里帰りしている中国人のSちゃんが、月餅を送ってくれたので、遅まきながら楽しみました。

20050920mooncake1
 こんなふうにパッケージされて、

20050920mooncake2
 形はハート型。
 味は3種類ぐらいあるみたい。これは黒っぽい餡に塩漬け卵の黄身が入っていました。
 お茶は、香港・林奇苑の陳年貢品ぽーれい。熟茶もおいしいなあ。smashさんによると、かのサダハル・アオキのお菓子にも合うらしい。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

たたかい済んで日が暮れて

 とってもハードな3日間が終わった。直前にはもう首をくくろうかと思ったぐらいだったのだが、無事終わった。ああ、よかった。得るものもいろいろあったし、ありがたいことである。
 用務先の最寄り駅が新札幌だったのだが、帰り道、気がついてみると、買い物で爆裂していた。
 新札幌duo-1(ショッピングビルの名前)2階に「ジュピター」というお店があって、ふらふらと入ってみると、中華食材、その他アジアエスニック食材、イタリア食材ほか輸入食品の数々、チーズ、製菓材料、ドライフルーツ、お茶…これで何も買うなというのは無理である。
 買った物は、

20050919food
 インスタントのフォー3種類、お湯を注げばできるトムヤムラーメン、お湯を注げばできるベトナムのお粥、タイの野菜炒め調味料(タマリンド味)、干しいちじく(トルコのとイランの。ブルーチーズに合うらしい)、枝つき干しぶどう、チーズ用クラッカー2種類など。

 そして、帰ってくると、オーダーチーズ・ドットコムから、「訳アリ&店長こだわり福袋」が来る。

20050919cheese
 内容は、ガラーナホイップガーリック、ル・パイユ・デュ・ブルゴーニュ、ピザ用ミックスチーズ250g、グリュイエールアルパージュ300g、シャロップシャーブルー200g、セージダービー、ゴーダ、ジェンセン・フランクフルトソーセージ(瓶入り)、ブルネッロ・ディ・モンタルティーノ(ワインのジャムみたい)

 今日はこれからチーズ祭り(嬉)。

| | コメント (11) | トラックバック (1)

変換ミスコンテスト

 漢字検定協会では、「変換ミス」コンテストなるものを行っているらしい。

 日本漢字能力検定協会は15日、笑えるワープロ変換ミスの年間優秀作品を公表した。「作品」は昨年7月から今年5月末までインターネットを通じて募集。最優秀賞は、念願の海外移住を実現させた友人からのメールに記されていた「今年から貝が胃に棲み始めました」(今年から海外に住み始めました)に決定した。(時事通信)

 記事はこちら。エントリー作品はこちら
 好きなのは、
  電車マニア移送
  内容を理解したい王子には十分に注意
  今年十二枚雑巾を発掘したいと思う  あたり。

 「お越しプーでマダム」や「マイヤヒー」のように、知っているはずの日本語が違った意味に化けるのが面白いと思えるのだなあ。

 *たぶん、週末は更新をお休みします。
  みなさま、よい週末を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コノフィツムが咲きました(その3)

 ハードといいつつ、更新している。はっきり言って逃避です。でもあと2日は駄目かも。
 ひとつ咲いたと思ったら、その後も続々と咲くペルシダムのみなさん。

20050915taniku1
 ペルシダム・クレアプツム。前と同じもの。

20050915taniku2
 ペルシダム・ネオハリー・ローイフォンテーン。

2005091taniku3
 ペルシダム・ネオハリー SB628。

 がんばれがんばれ。
 私もがんばる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

御厨さんのケーキ

 ちょっと前の話題なのだけれど。
 お土産にケーキをいただいた。 御厨典子さんの【Abies Mikuriya Cake】のケーキ。これが美味しいの!
 写真は「ピュアマロンケーキ」。フィリングがマロンとクリームチーズらしい。ほかにはない味。本当は職場に持っていこうと思っていたのに、結局、あっというまに一人で食べてしまった。

20050914cake
 相方は、これも頂き物のバラスン農園のセカンドフラッシュ。
 ぽーれい(プーアル)茶も合いました。

 御厨さんは今イギリスにいらしているので9月いっぱいはお休みらしいのだけれど、クリスマス前にフルーツケーキをお願いしちゃおうかなあ。マンゴーやチョコレートケーキも美味しいの。
 明日から日曜まで、ちょっとというか、かなーりハードな日が続きそうで、とにかく逃げ出さずによりよい仕事をしたいと念願しているのだが、そんなとき、美味しいお茶とお菓子は何よりの励みになるのだった。
 smashさん、ありがとう!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

9月に観る香港電影

 ニューヨークのチャイナタウンからは、世界貿易センタービルがよく見えた。2001年9月10日以前に作られた映画のニューヨークには、象徴のようにツインタワーが出てくるが、香港映画もそれは同じ(たしか成龍は9月11日に撮影を予定していたような)。
 そんなわけで、ここ3年ぐらい、9月になると決まって思い出す映画がある。

 1本は「甜蜜蜜(ラヴソング)」。
 ニューヨークに移り住んだ黎明が、張同祖師父一家とツインタワーに上るシーンがある。ちょうどその時、マギー・チャンは眼下の自由の女神像でガイドをしていて、まったく気がつかないんだけど、2人は実はお互いのいる場所を見ているのだね。

20050913cinema1

 展望台から働いているレストランを探す黎明と師父。このシーンを見るたびに、「この場所はもうないのだ」「こんな気持ちで下界を眺めることはないのだ」と思ってしまう。
 そういえば、エリック・ツァンは、マギーを笑わせるために背中にミッキーマウスの入れ墨を彫る親分、という美味しい役どころだが、昨日香港ディズニーランドがオープンしたのも関わりがあるといえばあるな。香港ディズニー:早くも問題続出で、客はブーイングらしいけど(張学友:香港DLセレモニー、緊張のあまり混乱? という記事もあった)。

 もう1本は「英雄本色(男たちの挽歌)2」。
 周潤發のやっている四海酒家は、ツインタワーから通りをまっすぐ来た角にある。

20050913cinema2

 周潤發と正気を取り戻した石天がニューヨークを後にするシーンにも、ツインタワーが象徴のように映り込んでいる。

20050913cinema3
 
 9月12日はレスリーのお誕生日でもあり(49才か…)、二重の意味で胸を締め付けられるような気持ちになるのだった。作品自体は、「最多再生DVD」に輝く元気の出る大好きな映画ではあるのだけれど。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

秋刀魚ごはん

 秋刀魚が豊漁。ぴちぴちしたのが1匹50円。
 というわけで、秋刀魚ごはんを作る。
 さんまはぶつ切りにして内臓をとって水洗い。酒と醤油と生姜せん切り(これ重要)に漬ける。
 お米は、研いで、酒と醤油と昆布(ほんとは昆布だしを使うんだけど、昆布を入れればオッケー)と梅干し(多めが美味しいと思う)を適当に入れ、水加減。
 あとは、秋刀魚を入れて炊き、炊きあがったら骨を取ってさっくりと混ぜ、青紫蘇を載せて供する。
 生姜と梅干しと紫蘇がポイント。
 食べ過ぎて仕事ができない…。

20050912dish
 濃口醤油を使ったのだが、薄口醤油を使えば、きっときれい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今日も台湾茶

 「焙煎のかかった台湾茶」に対するマイブームはまだ続いている。今日も朝からFormosa Tea Connection の清境烏龍茶を飲み、まだ出そうな茶葉をサーモマグに移してお湯を注いで外出、夜は選挙番組(テレビ東京の再現ドラマがとても変だった。小泉首相=田中健、岡田民主党首=宅間伸、小沢一郎=原田大二郎など妙に豪華なキャスティング。あまりにも変だったのでまとめて見たい気がする)を見ながら太和野生茶。美味しくてごくごく飲んでしまう。
 考えてみると、先月はぽーれい生茶マイブームだったなあ。マイブームはおのずと移り変わるのだな。どうも根が吝嗇なのか、以前はよいお茶はもったいなくて続けて飲めなかったのだが、劣化させてしまうとかえってもったいないので、どんどん飲むようになった今日この頃。
 お茶が不自由なく飲めることは幸せだなあ。
 …と、9月11日に思ったり。

20050911cha
 これは清境烏龍茶。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

虹と夕焼け

 夕方、外がピンクなのでベランダに出てみると、

20050910sky1
 すごい夕焼け。
 そして、左を見ると、

20050910sky2
 虹が。

 何だか、贈り物をもらったような、とてもよいものを見せていただいたという気持ちになる。
 虹って日没後でも見えるんだなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明日は選挙

 明日は選挙。
 …と思ったら、こちらの「衆院選挙911」に笑う。田中康夫は女装すると案外似合う(岩井志麻子に似ている)かも。岡田党首は目元がバセットハウンドっぽいところが損をしているのだねえ。
 そちらのリンクから飛んだのだが、こんなものに遭遇。何だこれは。有権者の心を動かすと思ってのことか。こちらで散々ネタにされているし。
 投票率、上がるといいな。開票速報を楽しむためにも、投票には必ず行くのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

焙煎の力

 やっと台風が過ぎ去り(といっても被害はなかったのだが)、昨日は晴れると言われつつ、ぐずついていたものの、今日は秋晴れのよい天気。
 なぜか昨日から、焙煎のかかった青茶が飲みたくてしょうがなくなり、Formosa Tea Connectionの清境烏龍茶(サンプルでいただいたもの)を淹れたら、これが美味しい。
 さらに飲みたくなって、昨年買った太和野生茶を淹れたら、これまた美味い。焙煎の香ばしさの向こうを、シナモンのようなよい香りが流れていく。サロンにおじゃましたときひっくり返りそうになったお茶なのだが、やっぱり好きだわ、これ。
 そして、さらに、昨年サンプルでいただきつつも、もったいなくて飲んでいなかった福寿山野生茶を淹れてみたところ、これがまた別の美味しさ。香ばしいのに、ミントみたいな清涼感がある。
 これ、3つとも今買えるんだよなあ。お茶、いっぱいあるんだけどなあ。でも、もっと飲みたいなあ。

20050909cha
 これは福寿山野生茶。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

グラスホッパー復活

 新城娯楽台の流行榜で、お久しぶりの草(虫孟)(グラスホッパー)が19位にランクイン。
 (追記:9月3日現在。9月10日にはランクアップしました。「流行榜」右上の日付バーで「03/09/05」を選ぶとこの週の順位が見られます。3年ぐらい遡れるので便利)
 草(虫孟)(グラスホッパー)は、兄弟2人と幼なじみ1人の3人グループで(亜州明星総覧さんの情報ページはこちら)、たしかアニタ・ムイのバックダンサーだったのを梅姐に見出されたのだった。「Yes一族」や「豪門夜宴」(こちらはほんの数秒)にも出ている。ダンスもうまいが歌も上手い。弟の一傑がいい声をしている(しかし私はお兄ちゃんの一智が好き)。洋楽・邦楽(少年隊とか)のいろいろな歌をカバーしているがオリジナルよりよかったり。プロモーションビデオが変だったりもするのだが、許せてしまう。「Grasshopper Shop」というアルバムで日本のデパートガールのアナウンスを日本語のまんま挿入している(おかげで日本人は素に戻ってしまうのだが)ので、冒険好きなのだろう。
 一時レコード会社に飼い殺し(「塩漬け」とか「雪蔵」とかいったような)にされたり、火事(佐敦の中藝の入っているビルが焼けた大火事)でオリジナルテープが焼けたりして、不遇だったときもあり、最近は活動を休止していたようだったのだが、復活したのね。よかったなあ。10月には香港スタジアムでコンサートもあるんだよな。行きたいけど…10月は無理だ…。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

コノフィツムが咲きました(その2)

 台風が来襲中。外は朝からずっと雨。今夜半に上陸らしい。風も吹いてきた。
 何だか相変わらず体調がいまひとつで休んでしまったのだが、多肉植物のワゴンを引っ込めて、ベランダの排水状況を確認。
 家の中では引き続きコノフィツムが開花中。

20050907taniku
 ペルシダム・クプレアツム。昼咲いて夜閉じる。
 元気だねえ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

不穏な空

 アメリカでハリケーン「カトリーナ」が大暴れしたと思ったら、東京で集中豪雨、九州を台風14号が縦断して大変なことになっている。被災された方にはお見舞い申し上げます。
 しかし、北海道も他人事ではなく、台風14号は日本海へ出て一路こちらを目指すらしい。去年とほぼ同じルート。海を通ると台風は元気なんだよな。
 思い起こせば、台風18号(記事はこちらこちらに)から丸1年、それまでは熱帯低気圧程度の認識しかなかった台風が怖いものだということが、よーくわかった1年前。無事に済めばいいなあ、と不穏な空を見ながら思ったのだった。
 雷や嵐を見るのは好きなんだけど。とりあえず多肉植物のワゴンはしまわなければ。

20050906sky

 空はうっすら晴れているけれど、ねっとりと怪しい風が吹いている。カラスが斜めに飛んでいったり(黒い点はカラスです)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コノフィツムが咲いた

 季節はずれに咲いて心配した「祝典」(タビ型コノフィツム)だったが、正式な花のシーズンを迎えて、ちゃんと咲いた。よかったよかった。この鉢は、たしか最初に買ったメセンなのだが、毎年きっちり咲くいい子である。

20050905taniku1

20050905taniku2
 2年間脱皮しなくて心配した個体も無事脱皮。
 ちゃんと分頭して小さい子供つき。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「新警察故事(日本版)」

 「新警察故事(香港国際警察 New Police Story)」の日本版DVDを観る。香港版は既に何度も観ているのだが、日本語字幕がついていると新たな発見があって、やっぱりよい。
 香港でDVDを買うと安いので(古いのだと1枚20ドル…ということは300円弱)、中国語の勉強も兼ねてと言いつつ、ついつい買ってきてしまう。中国語字幕がついていると、日本語字幕にはない細かいニュアンスがわかったり、この単語はこう発音するのかという発見があってよいのだが、日本語字幕があると、外国語字幕ではわからなかったことがわかって、ストーリーをちゃんと観ることができるのだな。
 最近はまた、続々と香港電影のDVDが日本で発売されているので、気がついてみると、すごい勢いでDVDが増殖しているのだった。まあ、オンライン DVDレンタルを使えばいいんだけどね。繰り返して観たいのもあるしなあ。
 ともあれ、日本版の「新警察故事」は、日本版と香港版両方のエンディング(NG集)が観られるし、NG集にもメイキングにも字幕がついているので、やっと何を言っているかわかったし、ストーリーの細かいところもわかってよかった。
 Disk2に入っている「潜入!ジャッキーアクションの全て」と「メイキングオブ香港国際警察」は、香港版に入っていた淡々とした長いメイキングを再編集したものらしい。ジャッキー、50代であのアクションはすごいなあ。ビルの側面に吊り下げられているニコラスもえらい。海面に広がるアヒルさんや床に散らばるレゴは、片づけるスタッフを思うと涙が出そう。
 しかし、何が驚いたといって(実は香港版のメイキングにも入っていたのだが)、

20050904cinema120050904cinema2
 メイキングにしか出てこないスティーブン・フォン。
 編集でカットされてしまったのだろうが、本編で観たかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「春風秋月」に行きました

 今回の出張は、少しゆっくりしたかったのだけれど、仕事が詰まってしまって、ほとんど行って帰ってくるだけ。それでは口惜しいので、品川の「春風秋月」に走っていった。渋谷の邀月には行っていたのだが、こちらは初めて。品川駅を降りて、ざくろ坂を上っていくと、坂に面しているので、すぐに見つかった。
 飲みたいと思っていた「観音王」を試飲させてもらって買い、せっかく来たのでお茶も飲む。試飲ができるカウンターで飲むことも後ろのスペースで飲むこともできるそうなので、せっかくなので場所を変える。どなたかが書いていらしたのだが、面白い場所。いったんお店を出てホテルの中に入り左に曲がった中国レストラン手前の通路脇にある(ただし、人は滅多に通らない)。単叢をお願いして天蓋つき寝台の中でまったりしていたら、お客が一人だったこともあって、たまたま通りかかったおじさんが何事かという顔で見ていたのであった。

20050903cha
 家具は渋谷の邀月のものだとのこと。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

新宿南口のインド

 東京出張から戻る。今回の宿は新宿南口。
 遅めの晩ご飯をどうしようと近所を徘徊していたら、道路の向かいに気になる店を発見。
 どう見ても元は古いラーメン屋だったとおぼしき店構えのインド料理店「パトワール」。場所は文化学園の前。インド人のおっちゃんが料理を作り、ちょっと黄秋生さん似のインド人のお兄ちゃんが接客をしている。聞いてみるとテイクアウトできるというので、お願いすることにした。650円のカレー弁当(日替わりカレーとご飯)もあったのだが、せっかくだし、ご飯は食べられそうになかったので、チキンマサラ(950円)とナン(320円)。ちゃんとタンドーリで焼きたて。カウンターでラッシーをもらって、おっちゃんがカレーを作るのを見るのが楽しかった。

20050901india1
 ボケボケ写真だけど、黄色いテントが目印。

20050901india2
 味は本格。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »