« 冬の動物二題 | トップページ | 冠軍茶王 »

鶏肉の烏龍茶葉蒸し

 ずーっと料理らしい料理をしていない。
 たまたま飲んだ四季春茶が、開封後時間が経っていたためか著しく味が落ちていたので茶葉蒸しにすることを思いつく。ネタ元は、『ウー・ウェンのきれいなからだの基本献立』。
 元のレシピでは、手羽元に切れ目を入れ、ふやかした茶葉を「乗せて」20分蒸すのだが、茶葉がなかなかもどらず、胸肉を買ってあったので、「切った胸肉を、茶葉を多めのお湯で戻したお茶に漬けて蒸す」ことになってしまった。

20051015chaba1
 蒸し上がり。おいしい塩か、酢醤油をつけて食べる。

20051015chaba2
 蒸し料理の必需品、皿つかみ。
 横浜中華街か香港・上海街のどちらかで購入。

 蒸したあとのスープは、滋養がありそうなのだが、スープ味のお茶なので微妙といえば微妙。元のお茶よりはおいしいのだけれど。お肉は、癖が消え、ほのかに茶葉の香りがして美味。

|

« 冬の動物二題 | トップページ | 冠軍茶王 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32405/6413556

この記事へのトラックバック一覧です: 鶏肉の烏龍茶葉蒸し:

« 冬の動物二題 | トップページ | 冠軍茶王 »