« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005年11月

「鬼馬狂想曲(新世紀Mr.Boo!)」

 やっと観ました。「鬼馬狂想曲(新世紀Mr.Boo!)」。
 観ていると幸せになる大馬鹿映画(とても誉めている)。心の琴線に触れまくり。原典のあのシーンもこのシーンも。ザ・ピーナッツのようなお箸ツインズもかわいいし(バスの中のミュージカルシーンも幸せ)。広川太一郎先生は、吹き替えは久しぶりなのかしらという感じもするが、口が閉じていようが後ろを向いていようが、喋りまくっておられる。

20051130Boo1
 シーンの色彩がきれい。

20051130Boo2
 石堅200%増量(by KEIさん)の呉鎮宇。
 特に吹き替えだと、見ているだけで笑える。

20051130Boo4
 許冠文先生が乗り移ったかのような劉青雲。
 こんなシーンでこんなに笑っていいのか>自分。

20051130Boo6
 ここのシーンは吹き替え推奨。
 校長先生が劉青雲を誉めているところ。

 観ていると、無性に「喜馬拉亞星」が観たくなるなあ、と思ったら、監督は同じ人(ワイ・カーファイ)だったのね。とたんに、ラストはどうなるかが心配になったのだが、「喜馬拉亞星」よりは幸せになれそうで(たぶんね)、まあよかった。
 ちなみに、主題歌は鄭中基が許冠傑をカバーしている。
 「特別参加(とジャケットに書いてあった)」の劉徳華、探してしまった。そげなところにいるなんて。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

今日は干し芋

 お茶が飲めるようになって2週間。平日は「今晩何を飲もうかなあ」と考えるのが日課。
 今日は、またちょっと風邪っけで(抗体というものはないのか>自分)、ちょっとぐったり。どうしようかな…と思っていたら、どこからともなく「干し芋食べたい」という想念が。
 干し芋はいいな。焼くとおいしいし。
 干し芋の相方は岩茶。できれば肉桂。というわけで、お茶は林奇苑の武夷肉桂。風邪っぽいし、ちょうどいいや。

20051128cha
 お茶を飲みながら、「新世紀Mr.Boo!(レポートはこちら)」を観る。幸せ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

豚に林檎

 豚肉には果物が合う、と聞いたことがある。ジャムをなすってもうまい、というのは荻昌弘さんの本で読んだのだったか。焼いたりんごを付け合わせるのも見たことがある。
 それはしたことがないのだが、すりおろしたりんごをソースにするのは好き。
 りんごをすりおろして、醤油とりんご酢で調味するだけ。好みでニンニク、玉ねぎ、胡椒その他スパイスを入れてもいいと思う。元ネタは何年か前の『四季の味』。
 焼いた肉につけてもいいけれど、薄切りの肉をさっと茹でたのにつけることが多い。ゆるめに作ると豚しゃぶのたれにもなる。
 今日は、玉ねぎの薄切りを塩で揉んでチンしたのに、載せてみた。下に敷くのは、キャベツ(生・茹で)、きゅうり、もやし、レタス、蒸し茄子などお好みで。
 簡単で美味しい。実は、今日は出かける予定もあったのだが、あんまり調子がよくなくて家にいたので、ありあわせで作ったのだった。

20051127dish
 余ったら、味が沁みているので次の日も。
 (脂が固まるので温めたほうが○)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

覚え書き:香港の博物館はいつ開いているか

 ふと気がついてみると11月も終わり。香港へ行くまで後1か月。
 今年は香港で何をするか、まだ決めていないのだけれど、12月25〜27日までは祝日(クリスマスとボクシングデーとその振り替え)なので、博物館の開館日を確認しておこう。

香港文化博物館
 休館:火曜日(祝日を除く)、旧正月の初めの2日間
 開館:月・水〜金 10:00〜18:00
    土 13:00〜18:30
    日・祝日 13:00〜19:30
    クリスマスイブ・大晦日(旧)10:00〜17:00

香港藝術館
 休館:木(祝日を除く)、旧正月の初めの2日間
 開館:月〜水、金〜日 10:00〜18:00
    クリスマスイブ・大晦日(新旧)10:00〜17:00

香港歴史博物館
 休館:火(祝日を除く)、旧正月の初めの2日間
 開館:月、水〜土 10:00〜18:00
    日・祝日 10:00〜19:00
    クリスマスイブ・大晦日(旧)10:00〜17:00

茶具文物館
 休館:木、クリスマス、ボクシングデー、
    1月1日、旧正月の初めの3日間
 開館:月〜水、金〜日 10:00〜17:00

香港電影資料館
 休館:木、旧正月の初めの2日間
 開館:Main Foyer 10:00〜20:00
    Box Office 12:00〜20:00
    Resource Centre 平日10:00〜19:00
              土 10:00〜17:00
             日祝 13:00〜17:00
    Exhibition Hall 10:00〜20:00

香港大学美術博物館
 休館:祝日
 開館:月〜土 10:00〜17:00
    日 14:00〜17:00

 それぞれ、微妙に違っているのね。

20051126hk
 香港歴史博物館。
(くま某さん、リンクお知らせ、ありがとうございました!)
 ここは大好きで(そういえば記事を書いていなかった)、
とりわけ、この2階では「ここでお茶を飲ませて!」と思う。
昔の茶館のようで蓮香楼の茶器など置いてあるのだが。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

エピソード4におけるオビ・ワン(とR2)の心境について

 「STAR WARS Episode3」のメイキングを観る。裏方のスタッフが続々と登場する作りで、一部評判がよくないようでもあるのだが、個人的には「仕事人」が見られて面白かった。
 それで、感じたのは、「ルーカスはシーンを作りたいのであって、ドラマが作りたいのではないのだ」ということ。俳優もスタッフ、下手をするとCGの一部だったのではないか。ピーター・ジャクソンみたいに「ロード・オブ・ザ・リング」のキャストと仲良くなって一緒に入れ墨を彫る、なんてことは間違ってもないと思う。

 それより何より、「エピソード3」を観て考えたのは、「エピソード4」でのオビ・ワンの心境である。

20051124sw1
 登場シーンで、岩陰に隠れるR2に「出ておいで、ちびさん(little friend !)や」と声をかけるところ。ここでは、まさか「あの」R2だとは思っていないだろうけれど、40年前の古いタイプだから「見たことある」ぐらいは思っているかも。

20051124sw2
 でも、ぴーぴー言っているR2は、骨格データか何かから「オビ・ワンだ〜」と思ってるかも。

20051124sw3
 しかし、「オビ・ワンが主人だと言っているんだけど」と聞かされて、「もしや…」と思い、「ついに来たか…?!」と思っていたりして。

20051124sw4
 R2は「オビ・ワンだ!」と思ってるね。

20051124sw7
 家で「父さんは親友だった」と語るところ、それはもう、こんなことやあんなことや色々なことが走馬燈のように頭を駆けめぐったに違いない。

20051124sw5
 「お父さんのライトセーバー」を手渡すときには、オビ・ワンもR2も感無量だったろうなあ。

20051124sw6
 で、レイア姫からの救援要請を見たときには、「これは何という巡り合わせだ」と思っただろう。しかも「このR2ユニット」は「あの」R2-D2なわけだし。役者が揃いすぎ。

20051124sw8
 ルークを誘うときには「時は来た!」と思っているに相違ないな。

20051124sw9
 一旦は断られたものの、「ぼくも父さんのようにジェダイになります」と言われて、ラーズ夫妻には気の毒だと思いつつも、「やったー」という気持ちは否めまい。

 モス・アイズリーで「チューバッカの船がよさそうだ」と戻ってくるところ、面識はないけれどもヨーダからチューバッカの話は聞いていて、これは!と決めたりしてたのかもしれない。
 いやあ、できすぎのシークエンスだ。

20051124sw11
 そして「討たれてやる」ところ。おそらくルークとレイアが一緒にいるところを見たんだろう。「時至れり」と思ったんだろうなあ。修行したから死ぬことはないわけだしね(でも、号泣)。

 それにしても、まさかエピソード4のオビ・ワンの登場シーンで泣ける日が来るとは。
 やっぱり、スターウォーズはエピソード4だな。
 スター・ウォーズは、オビ・ワンの映画であり、R2の映画だ。アナキンのではなく。自分にとっては。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トルコ風目玉ごはん

 時間に余裕があるとき、朝ごはんに「目玉焼きご飯」を食べる。ごま油でふちをかりかりに焼いた目玉焼きをご飯にのっけて、酢醤油をかける。器は香港で買ってきた鶏模様の丼(映像はこちら)にする。よく混ぜて食べると美味しいと思う。
 今朝は、ふと思い立ってTULAYのトルコ料理を参考にトルコ風にしてみた。一人あたり玉ねぎを1個薄切りにしてオリーブオイルで炒め、くぼみに卵を落として焼くもの。ソアンル・ユルムタというらしい。元のレシピでは、フライパンに蓋をして玉ねぎを蒸し焼きにし白っぽく仕上げるのだが、あえて蓋をせず、ちょっと焦げめをつけて香ばしくしてみた。
 玉ねぎが甘くて美味しい。パンに合わせるのもいいけど、ご飯にのせてもグッドであります。

20051123egg
 目玉焼きは蓋をしないで弱火で焼くのが好き。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「STAR WARS Episode3」DVD

 「STAR WARS EpisodeⅢ シスの復讐」のDVDを入手。本当は明日が発売日なのだが、ヨドバシでは前日に入荷するのであった。明日が休日なこともあり、レジには、これと平井堅ベストを求める長い列ができていた。
 劇場で観た時の感想はこちらに書いたのだが、やっぱり、エピソード1も2もヘイデン・クリステンセンもどうでもよくて、ジェダイが殲滅されてから本腰。
 議長の嬉しそうな「あーんりみてっどぱーわー」には、つい笑ってしまう。顔が変わったのは自分の電撃のせいか。アナキンはパドメにも「二人で宇宙を支配して、好きなように暮らそう」なんて言っていて(ルークにも言っていたっけね)、やっぱりお馬鹿さんというか、三つ子の魂百までというか、そんなんだから、皇帝のパシリで終わるんだよ、と思ってしまった。
 あ、でも、マスク装着から「Nooooo〜!」まではよかった。以後、ルークに救われるまでは、その口から人間らしい言葉が出ることはなかった(と推察される)と思うと。「善の心が残っている」とパドメもルークも言っていたのだなあ。さすが息子だな。
 最後のオビワン対アナキンは、エピソード4を思い起こして、ほろりとする。そして、ラストシーンは、エピソード4を思い出して泣いてしまう。やっぱりスターウォーズはエピソード4につきるな。

 その他、好きだったシーンは:
・オビワンの闘うときの「ちょき」の手
・オビワンを乗せる可愛いトカゲ
・やたら身軽なヨーダ師父

20051122SW3
 隠しコマンドを入れると「ダンシング・ヨーダ」が見られるらしい。方法(「Disk1の音声選択画面でTHXを選び1138を入力」するらしい)は入手したのだが、どうも上手くいかず、引き続きチャレンジ中。

 スターウォーズ展で、ヨーダが議長に投げつける議会のシートが見たかったなあ、と思う。等身大のヨーダも。ヨーダを救出するオーガナのスピーダーは見たんだけど。
 
 それにしても、クワイ・ガンがオビワンの修行を助けているんなら、エピソード6のラストに登場するべきではないだろうか。アナキンを差し替えたなら余計に。それでこそ結末がつくというものでしょう。アナキンをスカウトして、きっかけを作ったのはクワイ・ガンなんだし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7か月後

 4月の末に、100円ショップからレスキューした菊波(フォーカリア属・推定)。

20051121taniku2
 来た頃は根もなくて「捨てましょうか」と言われたものだが、

20051121taniku4
 1か月後にはぱんぱんになり、順調に葉を出し続け
 (これは4か月後)、

20051121taniku5
 7か月経って、晴れて立派な花を咲かせた。
 おまえ、やっぱりメセンだったんだねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さよなら、さんま

 一昨日ラジオで聞いたニュースによると、今年は秋刀魚があまりにも豊漁だったので漁獲制限の上限に達してしまい、今年の秋刀魚漁は昨日で終わったらしい。去年より26日早いとのこと。
 ということは、とれたてぴちぴちの秋刀魚とは今日でお別れということだ。
 というわけで、今日は秋刀魚。ぜったい秋刀魚。1匹89円。塩をふってオリーブオイルで焼いてみた。仕上げにレモン汁をかけて、なんとなくイタリア風。付け合わせは、トマトサラダ(和風ドレッシング)と玉ねぎのサラダ(甘酢味)。トマトと玉ねぎを合わせてもグッド。おいしゅうございました。

20051120sanma
 多めに買って、酢と梅干しを入れて煮てもよかったな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「非常突然(デッドポイント 黒社会捜査線)」

 日本版DVDが出たので、やっと観た。ジョニー・トー監製の「暗黒三部作」その3である。
 内容はKEIさんDriftingclouds:『デッドポイント 黒社会捜査線(非常突然)』役柄チェックその17に詳しいのだが(KEIさん、いつもすみません)、映画の文法というかリズムがちょっと違うなあ、あんまり映画っぽくないなあ、という感じ。
 映画が始まったところから不穏な空気が漂っているのだが(コーヒーショップの3人組が実にいやったらしい)、あれよあれよという間に事件が起こりエスカレート、気がついてみると、とんでもない事態になっている。一応かたがついて日常に戻ると、刑事さんの生活は妙にほのぼの。撃たれたことがもとで女癖の悪さが露呈する黄浩然、劉青雲と任達華と蒙嘉慧の恋模様(三角関係…かなあ)、奥さんが三つ子を懐妊し愛人が癌になる許紹雄(「暗戦」と違って今回は仕事ができる。出てきたときははらはらしたけど)。そしてまた起こる事件はあくまで暴力的。
 考えてみれば、事件がシビアだったら、日頃は息を抜かないとやってられないよね。日常って、そんなものかもしれない。
 そして「非常突然」な結末。…人生はこんなものかもしれない、うん。

 ジョニー・トーの映画なので、林雪はつきもの。これが実質的なデビュー作らしい(香港電影迷宮 blog参照)のだが、最初から林雪は林雪だった。金の店に押し入ったときも、エレベーターでも、ああ林雪だあ、と微笑ましい。そりゃ林雪だもの、ケースはなかなか割れないよね。

 で、とても好きなシーンが、
20051119cinema
 警察署で、茶餐庁の出前をとっても嬉しそうに食べる林雪と、人情刑事(「でか」と読んでほしい)劉青雲。日本:カツ丼=香港:茶餐庁の出前なんだなあ。
 林雪が出てくると嬉しい一方、ここらで一発「予想を裏切って超クールな林雪」が観たい気もする。

 観ていたのは昨晩なのだが、観終わったらテレビの画面に呉鎮宇と黄秋生とエリック・ツァンが登場。何事かと思ったら、WOWOWで「無間道2 無間序曲」をやっていたのだった。引き続き「無間道1」。「終極無間」も放映すれば完璧だったのだが、それはなし。思わず「無間序曲」を最後まで観てしまった(DVDあるのに)。黒社会と警察でお腹いっぱい。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

「サイト内検索」つけました

 ふと思い立って「サイト内検索」を導入してみた。リンクを張るときに元記事を探すのが大変なので、自分が一番必要なのである。 
 ツールは、ブログパーツ探しさんより無料サイト内検索 サターンサーチ!! Saturn.srch.jpを探して使用。
 試運転してみたところ、よさげ。
 ココログは、カテゴリが複数設定できるのと、先日容量が大幅アップしたのはよいのだが、サイト内検索ができないのと、カテゴリなどで検索したときページが分かれない(記事数が多くても1ページで表示されてしまう)ため表示がめんどう、というのが欠点だなあ。
 「サイト内検索」はカレンダーの下に設置してありますので、どうぞご利用くださいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久々の青茶

 体調がよくなってきたので、3日ほど前からお茶を解禁した。
 青茶を淹れるのは、ほとんど3週間ぶり。
 最初に淹れたのは、香港・林奇苑の武夷肉桂

20051116_nikkei
 久々に飲むと、強い感じ。岩茶はなんとなく岩のエキスを頂く気持ちになるので、薬寄りの気持ち。

 今日淹れたのは、Formosa Tea Connection の草嶺烏龍茶。引退した名人がひっそりと作っているという生茶である。これが、はじめは穏やかーな感じなのだが、二煎・三煎と進むうちに底力を発揮して、喉の奥から鼻の奥にじわーっと広がる味というか香りがただごとではない。お茶からも実はけっこう濃密なお花の香りがするような。名人、おそるべし。

20051117cha

| | コメント (2) | トラックバック (0)

我愛漢方之香

 長引いていた風邪も、ようやく底を打ったようで、咳は残っているものの、ほぼ平常業務に復帰。
 ご心配くださった皆さま、ありがとうございました。おかげさまで快方に向かっております。

 たまりかねて病院に行ったので、西薬も使ったのだが、今回も漢方が大活躍。
 お友達のSちゃんが、心配してお風呂に入れる薬湯の元、その名も「修験湯」を送ってくれたのだが、「におうよ〜」との触れ込みにもかかわらず、その匂いがもう好きで好きで。いろいろな生薬の袋入りで、たぶん肉桂が入っているのだと思うのだが、どのぐらい好きかというと、袋に鼻を突っ込んでくんくんするぐらい好き。乾かしてポプリにしたいぐらい。
 お風呂であったまって、いい匂いで幸せ〜。
 Sちゃん、ありがとう!
 
20051116bath
 お風呂といえば、ケロリン。

 もうひとつ、今回活躍したのが「保心安油」。香港でいろいろ売っている清涼油の仲間。咳が出て胸が痛いので、何か塗りたいなあ、と思って探していたら、効能に「咳嗽引起之胸部不適」を発見したのだった。

20051116oil2
 もともとパッケージにひかれて買ったもの。
 缶も瓶も効能書きもラブリー。

20051116oil1
 そして、トレードマークがめちゃめちゃラブリー。

 塗り心地は、ちょっととろりとして、よく染み込む感じ。やっぱり肉桂の利いた匂いが好き好き。さしずめ、「ヴィックス・ヴェポラップ」の中国版なんだろうけれど、断然こっちが好き。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

油麻地「倫敦大酒楼」閉店…!

 本日知った、とてもショッキングなニュース。

 倫敦酒樓下月28日結業 - Yahoo! 新聞
 良心?主嘆禁區累死酒樓 倫敦大酒樓月底結業 - Yahoo! 新聞
 (多謝>an-anさん

 ええええええ〜!!(大泣)
 とても好きだったのに。ネーザンロードに面したテーブルで飲茶するのが幸せだったのに。
 上の記事は10月28日付けなので、閉店は11月28日。もう行けないなんて…。

20051115london1
 うららかな香港の朝。ネーザンロードを眺められる窓際。

20051114london2
 店内。ここはワゴン式が残っていて、伝票と併用できる。ワゴンのおばちゃんをつかまえて、あっつあつの蝦餃とか叉焼包をもらうの、好きだったなあ。

20051114london3
 朝から爆食。叉焼包と何かのパイと蛋撻。お茶は壽眉。

 ああ、また行きたいよお…(涙涙)。
 旺角の倫敦大酒楼は末永く続いてほしい。なんとしても。

| | コメント (4) | トラックバック (2)

「かも」二題

【その1】
 風邪はまだ抜けず。最低限の仕事だけして早退。行きも帰りもタクシーだった。
 体調が悪いとき、タクシーはちょくちょく利用する。夏場、出勤のとき結構乗っていたのだが、先日、ちょっとびっくり。

 運ちゃん「お客さん、けっこう乗りますよね」
 私「はあ」
 運ちゃん「たぶん3回目だと思うんだけど」
 私(えー、覚えてないよ)
 運ちゃん「お客さん狙ってるタクシーいますよ」
 私「ええええ〜!」

 確かに、似たような時間似たような場所で乗ってるけど。私って「かも」だったのか…?!
 タクシーによっては「出待ち」とかしちゃうらしい。なんだか明星みたいだけれど、あんまり嬉しくないなあ…と思い、極力タクシーは使わないようにしつつ、また乗ったら、またしても件の運ちゃんに会ってしまったのだった。

【その2】
 北海道大学工学部脇「大野池」の鴨

20051027kamo1
 池の縁で休んだり、

20051027kamo2
 市民のみなさんから餌をもらったりして、

20051027kamo3
 警戒心ゼロ。なかなかかわいくて、市民のアイドルである。

 …が、今朝、怖いテレビを見てしまった。
 北大には鳥インフルエンザの世界的権威がいらっしゃるのだが、そこの研究室の人が、池のほとりで鴨の排泄物を採取している。この鴨はシベリアから来るので、ウィルスを分離するらしい。
 ウィルスって…いるんですか?
 私、鴨が歩いているところを散々歩いて、そのまま職場や街中や自宅の近所を歩いているんですけど。もちろん靴の底は消毒していないんですけど。私ばっかりじゃなくて、市民のみなさんが山盛り来てるんですけど。

 なんとなく『復活の日』(小松左京)を思い出して、涙目。風邪なおんないし。
 鴨よ、どうか無事でいてくれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5分でできるスパゲティ

 一昨日の夜からごんごん寝たので、少ーしはよくなった、かな?>風邪。とにかく家から一歩も出ず、保温・栄養・安静・水分である。食べないとどうもならないので、ご飯はしっかり食べる。
 といっても、手間はかけたくないのでチキンと野菜のスープを作り置きしてあるのだが、時々は違ったものも食べたい。お昼をどうしようかな〜と食糧(たくさんある)を眺め、先日 ジュピター札幌駅前店で買った、「5分でできるパスタ」を作ってみることにする。ブロッコリ&チーズ味。

20051112pasta1
 こんな袋に入っている。

20051112pasta2
 お鍋に水300ccを沸騰させ、スープの粉と短いパスタを入れ、水気がなくなるまで5分煮る。

20051112pasta3
 できあがり。粉チーズを追加したら、ちょっとしょっぱかった。悪くないけど、インスタントのカップスープにパスタを入れたような感じもする。ちゃんと作ったスープで早く煮えるパスタ(サラスパとか)を煮るといいのかな。
 相方は、レモンはちみつのお湯割り。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

香港喉飴系列

 連日風邪ネタで申し訳ないのだが、いよいよ状況がまずくなってきたようで、明日出勤できるかどうか微妙である。といいつつ更新するなんて…>自分。写真撮っちゃったから。載せたいのよ。

 何を、かというと、香港で買ったのど飴。あんまり喉が痛いので、香港薬箱を探してみたら、香港ののど飴がざくざく出てきたのだった。

20051110nodoame1
 川貝枇杷蜜シリーズ。老舗の京都念慈庵のほか、あちらこちらから出ている。右の2つは、東方紅、北京同仁堂のもの。真ん中のは缶がきれい。京都念慈庵のには、伝統味の他、オレンジ味もあり。

20051110nodoame2
 その他のシリーズ。廿四味は、それほど苦くない。燦然と輝くのは、最高ののど飴である「金の声」の中袋。おじさんが映っている。右上の小さい円錐形の薄荷ゼリーもおいしいのよね。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

初雪到来

 ついに来てしまった。初雪が。
 数日前は20度などと報道されていたのだが、小春日和は長くは続かないのね。平年より13日、昨年よりは14日遅いとのことだが、いくら遅くなっても来るものは来るのであった。
 朝、「札幌で初雪を観測しました」というラジオのニュース(目覚ましにしている)で起きて、外を見ると、山が白い。

20051109snow1
 雪は、はじめは目立たなかったのだが、

20051109snow2
 やがて、思いっきり降ってきました。

 風邪はまだ治らない。声がいつ出なくなっても不思議はない状態。昨日休んだんだけどなあ。週末の予定がだんだん微妙になってきた。うーむ。

20051109taniku
 冬を迎えて、もりもり元気なオッツエニー(ハオルチア属)。あやかりたいものである。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

八寶茶

 喉が痛いせいか、どうも青茶に手が出ない。味がよく分からないような気もするし、刺激が強いような気がしているのかなあ。
 というわけで、今日は八寶茶。緑茶少々に、菊花、紅棗、くこの実、緑色の干し葡萄、薄切りの朝鮮人参、氷砂糖などが入っている。氷砂糖は喉にいいらしい。具は最後に全部食べる。
 初めて飲んだのは、ハルビンの餃子屋さんだった。おにいちゃんが、口の細長ーい薬缶で蓋碗にお湯を注いでくれたっけ。連れていってくださった方によると、3杯目が一番美味しいらしい。家では、大きめのマグカップに入れて、お湯を足し足し飲んでいる。

20051107cha
 これは香港のスーパーで1杯ずつきっちり真空パックされたのを買ってきたもの。今年は12月24日から29日まで行く手配を完了したので、とっても嬉しい。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

定演終了

 3日お休みしてしまいました。
 風邪はまだ抜けず。11月5日の朝、起きてみたら、上顎と喉の奥と鼻の奥(軟口蓋というやつだ)が腫れていて、声は出ないし、うっかりすると、鼻の奥が塞がって息ができなくなりそう。
 しゃれにならないので、午前中の予定をキャンセルして病院へ。おじいちゃん先生に「のどちんこが白く腫れてますね」と言われる。そうですか。白く…?
 鼻を洗ってもらって吸入して薬を飲んで、なんとか声は出るようになり、午後はサンプラザホールへ。演奏会の本番だし、休んだらそれこそ洒落にならないし。それに何と言ってもリハーサルが本番より好きなのよ。
 なんでリハーサルが好きかというと、客席に誰もいないホールに響く音の感じとか、本番よりちょっと落とした照明の感じとか、普段の練習と違う緊張感とか、お祭りの前みたいなしんとした感じ、が好きなんだろうな。あと1回は弾けるしね。
 リハーサルが終わって本番が始まってしまうとあっと言う間。気がついたら打ち上げだった。なかなかよい演奏ではあったと思うのだが、あの曲をしばらく弾けないと思うと淋しいなあ。
 おかげさまで、お客様は過去最高の入りだったとか。いらしてくださった皆さま、ありがとうございました。

20051107concert
 リハーサルの合間。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

にんじんのグラッセ風スープ

 最近、料理らしい料理をしていない。野菜が不足している。なんだか口の中が痛いので、ビタミンAが不足しているのかも。
 というわけで、「にんじんのグラッセ風スープ」を作る。大きめに切ったにんじんを、固形スープの元を入れたひたひたの水とバターで柔らかく煮て生クリームを加えディルを散らし胡椒をふる、というのがオリジナルのレシピなのだが、生クリームの代わりに牛乳を多めに入れ、ディルがなかったので胡椒のみ散らす。固形スープの元も使う習慣がないのでゲランドの塩(海藻入りでスープになると袋に書いてあった)で調味。
 滋養があるなあ、という味。塩だけでも十分。玉ねぎやじゃがいもを加えたり、パセリをふったりしてもいいのだろうけれども、人参を味わいたいときにはグッドであります。

20051103dish

 ネタ元は、高山なおみさんの「野菜だより」。野菜別にシンプルなレシピがたくさん載っている。旬や保存法が出ているのも便利。作りたいと思う料理がどのぐらい載っているか、が料理本を買うときの決め手だなあ。料理の本は、食い意地が張っているので既にずいぶんあるのだが、ついつい買ってしまうのだった。

| | コメント (8) | トラックバック (3)

錦秋2005

 今日もとっても暖かい。最高気温は18度ぐらい。お天気もいいので、移動のついでに紅葉狩り。

20051102fall1
 午後の日に透けて、あったかそう。

20051102fall2
 銀杏並木。グラデーションがきれい。

20051102fall3
 夕陽に映えて黄金色。
 写真をとっている方がたくさん。

20051102fall4
 お散歩中のごんたくん。5か月。
 盲導犬のたまごだそうな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

最近は紅茶

 最近、お茶の記事が少ないのは、風邪を引いてからこっち紅茶ばかり飲んでいるから。もともと朝は紅茶なのだが、夜も専ら紅茶ばかり飲んでいる。紅茶は身体を温めるらしいということは聞いているものの、別に効能を期待してのことではなく、何となく紅茶になってしまうのよね。

20051101cha
 今晩は、 桃福さんの古金龍。蜂蜜のような香りがする。樹齢1000年の野生樹から採れたらしい。あとは、TEAS Liyn-anさんのヌワラエリアやダージリンを飲んでいる。夜はストレートで飲んでいるなあ。朝はミルクティーなのだけれど。
 早く風邪が抜けないかな。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »