« 「サイト内検索」つけました | トップページ | さよなら、さんま »

「非常突然(デッドポイント 黒社会捜査線)」

 日本版DVDが出たので、やっと観た。ジョニー・トー監製の「暗黒三部作」その3である。
 内容はKEIさんDriftingclouds:『デッドポイント 黒社会捜査線(非常突然)』役柄チェックその17に詳しいのだが(KEIさん、いつもすみません)、映画の文法というかリズムがちょっと違うなあ、あんまり映画っぽくないなあ、という感じ。
 映画が始まったところから不穏な空気が漂っているのだが(コーヒーショップの3人組が実にいやったらしい)、あれよあれよという間に事件が起こりエスカレート、気がついてみると、とんでもない事態になっている。一応かたがついて日常に戻ると、刑事さんの生活は妙にほのぼの。撃たれたことがもとで女癖の悪さが露呈する黄浩然、劉青雲と任達華と蒙嘉慧の恋模様(三角関係…かなあ)、奥さんが三つ子を懐妊し愛人が癌になる許紹雄(「暗戦」と違って今回は仕事ができる。出てきたときははらはらしたけど)。そしてまた起こる事件はあくまで暴力的。
 考えてみれば、事件がシビアだったら、日頃は息を抜かないとやってられないよね。日常って、そんなものかもしれない。
 そして「非常突然」な結末。…人生はこんなものかもしれない、うん。

 ジョニー・トーの映画なので、林雪はつきもの。これが実質的なデビュー作らしい(香港電影迷宮 blog参照)のだが、最初から林雪は林雪だった。金の店に押し入ったときも、エレベーターでも、ああ林雪だあ、と微笑ましい。そりゃ林雪だもの、ケースはなかなか割れないよね。

 で、とても好きなシーンが、
20051119cinema
 警察署で、茶餐庁の出前をとっても嬉しそうに食べる林雪と、人情刑事(「でか」と読んでほしい)劉青雲。日本:カツ丼=香港:茶餐庁の出前なんだなあ。
 林雪が出てくると嬉しい一方、ここらで一発「予想を裏切って超クールな林雪」が観たい気もする。

 観ていたのは昨晩なのだが、観終わったらテレビの画面に呉鎮宇と黄秋生とエリック・ツァンが登場。何事かと思ったら、WOWOWで「無間道2 無間序曲」をやっていたのだった。引き続き「無間道1」。「終極無間」も放映すれば完璧だったのだが、それはなし。思わず「無間序曲」を最後まで観てしまった(DVDあるのに)。黒社会と警察でお腹いっぱい。

|

« 「サイト内検索」つけました | トップページ | さよなら、さんま »

コメント

コメント&TBありがとうございます。
許紹雄、やっぱりハラハラしますよね。(笑)
そしてやはり林雪は林雪…けだし名言かと。もうじき撮影の始まる『放・逐』ではクールな林雪、期待してみたいです。

投稿: KEI | 2005.11.20 23:36

いつもお世話になっています。
許紹雄にはらはらするのは、これは仕方がないですね(笑)。
「愛しているともう一度」も早く観たいものです。
「放・逐」は、出演者が堅気に見えない
「やりび2」みたいなのですよね。楽しみ〜。
劉青雲が出てこないのが、つくづく惜しまれます。

投稿: きたきつね | 2005.11.20 23:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32405/7203724

この記事へのトラックバック一覧です: 「非常突然(デッドポイント 黒社会捜査線)」:

» 『デッドポイント 黒社会捜査線(非常突然)』役柄チェックその17 [Driftingclouds]
デッドポイント 黒社會捜査線 導演:游達志(パトリック・ヤウ) 監製:杜[王其]峰(ジョニー・トー)、韋家輝(ワイ・カーファイ) 編劇:司娉123錦源, 游乃海, 周燕嫻 新影城(香港)有限公司、新寶娯樂有限公司、銀河映像(香港)有限公司 1998年 『ヒーロー・ネバ....... [続きを読む]

受信: 2005.11.20 23:29

« 「サイト内検索」つけました | トップページ | さよなら、さんま »