« いちばん好きな言いまちがい | トップページ | 命綱としてのお茶 »

佛海銀毫餅茶に驚く

 こんな時間まですることが終わらない。
 家にいるので、お茶が一緒なのが救い。
 しばらく、熟茶(香港・茗香茶荘の珍蔵ぽーれい王)ばかり飲んでいたので、そういえば、生茶ってどんなのだったかなと、1年ぐらい前に解して缶に入れておいた佛海銀毫餅茶を淹れてみた。
 びっくり。
 淹れているときの香りが濃密なお花の香り。青茶のように爽やかなのではなく、ちょっと加熱したかのように濃密なの。この香りは三煎ぐらいまで続いたのだが、もう一つのびっくりは後味。甘いの。
 前に飲んだときは、こんな感じじゃなかったのになあ。
 解して缶に入れておいたことで、何かが起こったのかな。
 えーん、また、いろいろ飲んでみなければならないではないか。

 ちなみに、この佛海銀毫餅茶、老地方茶坊さんで買ったのだが、現在は売り切れ。桃福さんでは、まだ扱っている。
 桃福さんの解説によると、
「2002年6月6日に開催された「普シ耳茶国際名伏産品大会」にて金賞を受賞した青餅。標高1500mに生息する樹齢400年の野生の茶木から手作業にて愛尼族が摘んだ新芽(銀毫)の茶葉から作られた青餅です。当店で取り扱う他の野生茶と比べ、スモーキーで濃厚な味わいで独特のコク、スパイシーさは通好みの青餅です。数年後の熟成が大変楽しみな青餅です。」とのこと。

 前に比べてスパイシーという感じはあまりしないのだけれども。

20060113cha
 解したときは、こんな感じ。

|

« いちばん好きな言いまちがい | トップページ | 命綱としてのお茶 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32405/8149849

この記事へのトラックバック一覧です: 佛海銀毫餅茶に驚く:

« いちばん好きな言いまちがい | トップページ | 命綱としてのお茶 »