« 衣料問屋にて | トップページ | スリランカのお茶 »

スリランカの夜と昼

 コロンボに着いて空港を出たのは、真夜中過ぎ。そのままバスに乗って旧市街へ向かった。
 第一印象は「電気って明るいんだなあ」ということ。灯りなしの夜はとても暗いのである。で、ところどころにくっきり明るいのがガラスケースに入った神様(仏教とキリスト教の神様が多かった)とお店。夜中でも開いていて、集まっているのは男ばかり。それほど照度は高くないと思うのだが、その灯りがとても明るいの。夜は暗いもの、灯りは明るいもの、ということを忘れるぐらい、日本の夜は明るいもんね。

 翌日は、ゴールへ移動。
 街はこんな感じ。高いビルはあまりなくて空が広い。
20060221day
 広告はインド映画の俳優さんを使っている模様。

 街の外へ出ると、一気に風景が田舎になる。椰子の木とバナナの木が多い。ちょうど、香港映画「阿飛正傳(欲望の翼)」のシーンみたいなの。あれって熱帯のリアルな風景だったんだなあ。

20060221tree
 線路脇を走っているところ。

|

« 衣料問屋にて | トップページ | スリランカのお茶 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32405/8771965

この記事へのトラックバック一覧です: スリランカの夜と昼:

« 衣料問屋にて | トップページ | スリランカのお茶 »