« 奇華の椰蓉鶏蛋巻 | トップページ | 何語で喋るか »

紅茶の王国

 Modern Syntax さんで「今日のラッキーさん」に選んでくださったらしい。というか、管理人さんはBlogPeopleの中の方で、BlogPeopleのランダムピックアップに選んでくださったようなのである。なんだか、誉めていただいたようで、とても嬉しい。ありがとうございます。励みになります。
 もしかして、BlogPeopleから来てくださった方もいらっしゃるかもしれませんが、主流は香港、お茶、映画多肉植物、美味しい物、その他その日その日のことです。こんなblogですが、遊んで行ってやってくださいませ。どうぞよろしくお願いいたします。

 ということで、スリランカネタ(こちらのカテゴリにまとめてあります)の続き(あと2回ぐらいで終わらせる予定)。 
 写真を整理していたら、お茶畑の写真がやたら多くて、自分でも可笑しい。でもね、すごかったのよ。南方から山を登っていくと、

20060307tea1
 こんな山がちの地形になって( 猫のいるレストラン(ホテル)から撮影)、高度が高いせいか植生が北海道みたいなのだが(お茶畑も真ん中へんに見えるけど)、

 ヌワラエリアを過ぎると、

20060307tea2
 道の脇がずーっとお茶畑。
 バスで2時間走っても、山を4つ越えても、山の上から下まで全部!お茶畑。それはそれは広いのである。
 紅茶もよく飲むので、絶対この山のどこかのお茶を飲んでるはずなんだけど、どの樹なんだろう。

20060307tea3
 ときどき、畑の中に紅茶工場があったり。
 観光用の施設を備えているところもある。
 この写真の手前は、きれいに刈り込まれたお茶の畑で、お茶の樹は本来背が高くなるのだが、刈り込んで新芽を出させ、年中摘めるようにしているとのこと。60年に一度ぐらい植え替えるらしい。
 好きで飲んでいる雲南省の山奥の野生茶(記事はこちらこちらあたり)は、こんなに手入れされたものではなくて、その昔栽培されていた樹が放置され、山奥で勝手にすくすく育ったものなんだろうな。

 お茶畑の中をバスで走っていくと、お茶摘みの人々をよく見かけた。プラッカーと呼ばれていて、タミル人が多いらしい。お茶畑に住み込みで、お給料が出て家や学校もあるかわり、1日16キロ積むのがノルマという厳しい仕事なのだが、みなさん、バスを見かけると、にこにこして手を振ってくれるのね。こちらも思わず力いっぱい振り返してしまうので、写真を撮り損なったのだった。

|

« 奇華の椰蓉鶏蛋巻 | トップページ | 何語で喋るか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32405/8990186

この記事へのトラックバック一覧です: 紅茶の王国:

« 奇華の椰蓉鶏蛋巻 | トップページ | 何語で喋るか »