« カワウソがイナバウアー | トップページ | 百聞は一見に如かず(その2) »

演奏会のお知らせ

 マンドリン属の楽器は、バイオリン属に比べて、あまり知られていないかもしれない。かなーり歴史が古くて、世界中に仲間が存在するのだけれど(アテネオリンピックの閉会式にも出てた)。
 バイオリン属にバイオリン・ビオラ・チェロ・コントラバスとあるように、マンドリン属にも、マンドリン・マンドラ・マンドロンチェロ・マンドローネという仲間がいる。そして、これにギターを加えてマンドリン・オーケストラを作ることができる。もともとはイタリアが発祥のはずだが、現在は、マンドリン・オーケストラが最も盛んな国は、おそらく日本である。あとドイツかな。本場イタリアは、ホームページを見る限り、そうでもないみたい。日本人の作曲した曲をやっていたりする。

 なぜ日本でマンドリン・オーケストラが盛んかというと、学生団体が多いからなのだが、そのせいか、愛好者が多い割に普及しづらいところもある。アマチュアの音楽とか古賀メロディーが連想されちゃうからかも。
 でも、マンドリン音楽は、きちんとやると奥が深い。
 もうずいぶん長いこと楽器を弾いていて、習ったりもしているのだが、きちんと美しく弾くのはとてつもなく大変(泣)。ちゃんとしたプロフェッショナルの演奏は素晴らしいのである。もっと多くの方に聴いていただきたいと思う。
 ということで、札幌で開かれる演奏会のお知らせ。マンドロンチェロという、バイオリン属でいうとチェロに相当する楽器のリサイタルである。たぶん札幌では初めて。

☆肝付兼美マンドロンチェロリサイタル

・プログラム:
 インスピレーション
  〜マンドロンチェロ独奏のための(加賀城浩光)
 ソナタ〜マンドロンチェロ独奏のための(桐山秀樹)
 夜想的幻想曲〜マンドロンチェロ独奏のための(肝付兼美)
 インベンション
   〜マンドロンチェロとギターのための(野崎勇喜夫)
 傷ましい想い〜二世閣下の追憶に捧ぐ(ベッレッンギ)
 創作三重奏曲第一番イ長調作品156(ムニエル)

・共演:佐藤洋美(ギター)、田中昌江(マンドリン)

・日時:2006年4月8日(土)開場17:30 
             開演18:00

・場所:渡邊淳一文学館(札幌市中央区南12条西6丁目)
    地下鉄「中島公園」駅下車
    Kitara西隣

・前売2500円(当日3000円) 学生2000円

 マンドリン属のプロの演奏家で、作曲家・教師でもある方です。
 クラシックがお好きな方、是非一度聴いてみてくださいませ。
 ご興味がありましたら、どうぞメール(左上「プロフィール」欄参照)でご一報ください。私、たぶん受付あたりにおります(実は師匠なのです)。どうぞよろしくお願いいたします。

|

« カワウソがイナバウアー | トップページ | 百聞は一見に如かず(その2) »

コメント

あまりにバカなことを聞きますが。

肝付兼美さんって、お父さんのお名前は何というんだろうか?と思いました。
肝付という姓で思い出すのは、肝付兼太さんというアニメの声優さんなんですが。
「ドラえもん」のスネ夫の声です。
お父さんが兼太だから、娘さんが兼美、というのでは、あまりにも俗っぽいかなとも思ったりもしましたが。

投稿: みゃお | 2006.03.16 22:15

お返事が遅くなって、すみません。
私も、お会いする前は、親子かと思ったんですよ。
で、早速聞いてみたところ、
親子ではないけれど、親戚だそうです。
ちなみに、「美」の字はついていますが、男の方です。

投稿: きたきつね | 2006.03.19 23:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32405/9107866

この記事へのトラックバック一覧です: 演奏会のお知らせ:

« カワウソがイナバウアー | トップページ | 百聞は一見に如かず(その2) »