« 札幌で「無極」を観る | トップページ | 奇華の椰蓉鶏蛋巻 »

野生の王国

 スリランカネタ、忘れないうちに、もう少々続けます。すみません、情報が少ない所でもあるので、今しばらくおつきあいくださいませ。

 家畜のことはこちらに書いたのだが、スリランカには野生動物もたくさんいる。

 たとえば、
20060305animal1
 大とかげ。
 見づらいのだが、木の枝で昼寝している。川で泳いでいたりもする。これは、ボートで川を下っているときに見た個体なのだが、ガイドのお兄ちゃんが真剣に捕獲しようとして、船上が軽いパニックになった。
 スリランカには、もう一種類トカゲがいて、そちらは顔が丸いイグアナみたい。老人ホームの前の溝にいたので、写真を撮ろうとしたのだが逃げられ、そこの爺ちゃんに笑われてしまった。

 野生動物が最も見られるのはサファリだと思う。ヤーラ国立公園というスリランカ南部で経験できた。カタラガマという町からバスで15分。ジープで1時間弱。夜明け前に出発なので眠い眠い。

20060305animal2
 孔雀のお兄さん。
 スリランカの国鳥である。数は雌(地味)の方が多いらしい。この季節は雄と雌は別行動のようで、雄は木に止まって「にゃあにゃあ」と鳴いていた。猫か。

20060305animal3
 水牛の親子。かわいいぞ。
 飼われているのもいるが、これは野生。水牛と鹿はたくさんいるので、だんだん有り難みがなくなる。有り難いのは象で、ずいぶん走り回って探してくれたのだが、とうとう見られなかった。一頭だけ、病死した若い象のそばを通ったのだが、笑っているみたいな顔だったなあ。象は200頭ぐらいいるらしい。
 その他、見かけたのは、兎、マングース、ペリカン、猿、コウノトリ、鰐、など。とてもラッキーなことに、豹を見ることができて、同乗していたレンジャーのおっちゃんとガッツポーズを交わす。むっちりして、尻尾がくるんとしてた。おっちゃんいわく「とってもとってもラッキー」だそうだ。

|

« 札幌で「無極」を観る | トップページ | 奇華の椰蓉鶏蛋巻 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32405/8957314

この記事へのトラックバック一覧です: 野生の王国:

« 札幌で「無極」を観る | トップページ | 奇華の椰蓉鶏蛋巻 »