« プラネット・アース | トップページ | 7582青餅94年 »

「マクダル・パイナップルパン王子」

 「マクダル」がついに札幌にやってきた。たった1週間の上映だけど、わくわくしながらシアター・キノへ。
 実は、香港映画を観るのは久しぶり。わー広東語だーと思う間もなく、リアルな香港の街に釘付けになる。中藝があるし、中僑國貨もある。店先には叉焼も下がっている。、冒頭のプロダクションのマークが焼味飯だ。街の様子がほんとにリアルで、おっさんになったマクビン王子が街を歩くくだりは、古い香港がまるで「三丁目の夕日」みたいだった。
 音楽は、クラシックのアレンジが多いのだが(Jo Jo Maという、にこやかなチェリストも出てくる)、歌詞は「おとうさんと豚角煮を食べる」だったり。
 お話は、マクダルとママの話、春田花花幼稚園の話、若い頃のマクダルママとパパことパイナップルパン王子(声はアンディ・ラウだ!)の話。絵柄はほのぼのしているのだが、お話はシュールでちょっと辛い。
 再開発される大角咀。破壊されるビルにも心が痛む。その顛末も「あああ」である。
 しかし、一方で細かいネタに大笑い。
 時間の経過を1件の店の代替わり(「貸します」紙がべたべた貼られたり)で表したり。香港だ…。
 噂に聞いていた黄秋生さんの早口言葉、ドクターバージョンも笑ったが、大牌とんバージョン大爆笑。喋り続けるサンドラ・ン(若き日のマクダルママ)の横で、メニューを言い続ける秋生さん。バックのメニューを書いた山盛りの短冊にも釘付け。ああ、腸粉がお粥が。フィルムを止めて熟読したい。最後のエンドタイトルはマクダルとママの横でメニューをだーっと言う秋生さん。後ろには早餐(朝食セット)の張り紙。食べたいぞ!
 秋生さんは幼稚園の園長先生もやっているのだが、「マルチ式会話術」がとっても聞き取りやすくて、声を出さずに思わずリピート。これは、メニューも含めて香港版のDVDで中国語字幕で観たい。字幕では「まぜご飯ですね」となっていたが、「ぽうちゃいふぁん」と言っていたので「炊き込みご飯」だと思う。

20060511movie
 王子さまと、おつきのおっちゃんと蛋撻。
 蛋撻がパイ皮かビスケット皮なのか気になる。
 ちなみに、邦訳は「パイナップルパン王子」なのだが、広東語では「ぽーろうやう王子」なので、正確には「パイナップルパン・バター挟み王子」なんだよね。

20060511hongkong
 ああ、食べたいな。蛋撻とぽーろーやう。

|

« プラネット・アース | トップページ | 7582青餅94年 »

コメント

ああああああ、食べたいポーローヤウ。
カロリーが高かろうがなんだろうが、食わせろぉと叫ぶ私。
香港のありとあらゆる「こってり」と「もっさり」と「ギトギト」と「はふはふ」が恋しいどぅえぇす。

投稿: みゃお | 2006.05.12 19:38

香港の「こってり」「もっさり」
「ぎとぎと」「はふはふ」というと、
焼味飯とか叉焼包とか蛋撻とか腸粉とかでしょうか。
…と、食べたいものを並べたら、
いてもたってもいられなくなりました。
蛋巻も食べたいです〜

投稿: きたきつね | 2006.05.12 23:03

あ~お姉さま。昨日までだったのね(>_<) でも良いです。来週からはホンモノ香港が待ってますからね~。

投稿: くるる | 2006.05.13 12:30

ホンモノ香港!
く〜っ、羨ましいぞう〜〜
楽しんできてくださいね!

投稿: きたきつね | 2006.05.13 14:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32405/10026337

この記事へのトラックバック一覧です: 「マクダル・パイナップルパン王子」:

« プラネット・アース | トップページ | 7582青餅94年 »