« 「姑獲鳥の夏」 | トップページ | NASA TVに釘付け »

「旅する広東語」

 久々の香港ネタ。
 気がつくと、『アジア語楽紀行』「旅する広東語」が一巡し、再放送に入っている。
 夜、録画しておいたのを、まとめて見たのだが、なかなか面白かった。
 飲茶、スターフェリー、星光大道、茶餐廳、乾物屋、ラマ島、澳門など、おなじみの場所行きまくり。
 澳門じゃ、葡式蛋撻のお店で「作り方を見せてくれ」と申し入れ、「ほんとは内緒なんだけど」とおばちゃんに言われつつ、作ったりしてるし。

 「葡式蛋撻にはカラメルはかかっていないと思う」とか、
 「飲茶のロケは蓮香楼じゃなかったのか」とか、
 「茶餐廳は大衆食堂じゃないだろう」とか、
 「セットメニューがあるかどうか訊くぐらいなら、『ちょっと待ってね』とメニューを熟読して、『これちょうだい』って言うよな。茶餐廳にセットがないわけがない」とか、
 いろいろと突っ込みつつも、

 「アイスレモンティー砂糖抜き」とか
 「シャコのにんにく炒め」とか
 「一斤ってどのぐらい?」とか
 本筋とは関係のない練習をしてしまう。
 「凍檸茶走甜」は、茶餐廳のご飯に必須だよなあ。
 ない茶(ミルクティー)は、ぽーろーやう(パイナップルパンバター挟み)なんかと、まったり飲む感じ。ああ、茶餐廳行きたい。

 それにしても、この番組、特筆すべきは行きずりに登場する地元の皆さまで、もちろん事前にお願いはしているのだろうけれど、皆さん乗り乗り。ない茶を飲みつつ親指を立てるおっちゃんとか、ラマ島で道を訊かれる人々とか。
 ラマ島では海鮮を食べてハイキングをしたのだが、道を尋ねたおっちゃんの帽子が風に飛ばされたのを、司会のロイくんがひらりと飛び降りて拾いに行く、というシーンが、そのまんま入っていて、まるでホームビデオみたいだった。

20060705hongkong
 ちなみに、いっしょにラマ島へ行ったお友達のトニーくん(右)のほうが、普通の香港人っぽくていいよなあ、と思う。彼にホストをやってほしかったな。2人でやるとか。

|

« 「姑獲鳥の夏」 | トップページ | NASA TVに釘付け »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32405/10807200

この記事へのトラックバック一覧です: 「旅する広東語」:

« 「姑獲鳥の夏」 | トップページ | NASA TVに釘付け »