« 憧れのビジネスクラス | トップページ | 台湾の朝ご飯(ホテル編) »

明星珈琲館

 台湾でしたかったことの一つに、レトロというか昭和の香り漂うお店で珈琲を飲んでまったり、ということがあった。
 そこで、西門の武昌街一段にある「明星珈琲館」(「珈琲」は本当は「くちへん」)へ。
 1949年創業のロシア風カフェ(というかレストランの雰囲気もあり)で、文学カフェとして有名らしい。お菓子屋さんの2階にあって、なるほど、昭和の香り。札幌以外の方にはわからないたとえなのだが、札幌千秋庵本店2階のレストラン(お菓子屋の2階で、コーヒーも飲めるし、食事もできるし、お菓子も食べられる、昔風の内装の肩の凝らない店だった)みたい。好き好き。 
 ちょうど夕飯時だったので、300元の「ロシア風ビーフサラダセット」にしてみた。クラムチャウダーとか、素食(ベジタリアン)のボルシチにも惹かれたのだけれど。

20070111cafe1
 ボルシチ。

20070111cafe2
 パン。ジャムはたしかオレンジジャム。

20070111cafe3
 メインのビーフサラダ。下にマッシュポテトが隠れている。美味しくてボリュームたっぷり。上にはビーツも乗っている。

20070111cafe4
 コーヒーとデザート。ブラマンジェぽかった。
 おなかいっぱい。

20070111cafe5
 店内の写真を撮っていなかったので、窓の外を。
 お向かいは暮れなずむ廟。

 台湾には、コーヒー店がたくさんあって、昔の日本のような喫茶店もありそうな感じ。行ってみたいなあ。
 明星珈琲館もまた行きたい。

 明星珈琲館
 台北市武昌街一段5号2F
 10:00〜22:00
 定休日:旧正月
 (泉美咲月&アイビー・チェン『台湾カフェ漫遊』情報センター出版局を参考にしました)

|

« 憧れのビジネスクラス | トップページ | 台湾の朝ご飯(ホテル編) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32405/13445868

この記事へのトラックバック一覧です: 明星珈琲館:

« 憧れのビジネスクラス | トップページ | 台湾の朝ご飯(ホテル編) »