« 五反田「My Que」 | トップページ | 『ローマ人の物語』 »

続・愛子さんの茉莉花茶

 週の初めから、ちょっとでろでろ。出張の疲れが抜けないのであった。昨晩は21時前に寝たのになあ。
 というわけで、またもや 愛子さんの茉莉花茶を淹れる。今日はボンベイ・サファイアも開ける。こちらを読んで、是非とも合わせてみたくなったので。茶葉を漬け込む前に割って飲もうと思ったのだった。

20070709cha1
 今日も氷を使う。
 ふーむ、こんな味がするのね。黒糖焼酎のまったりとは違ったシャープさ。

20070709cha2
 温かいのも淹れてみる。
 このお茶は、グラスではなく蓋碗か 磁器のポットで淹れたい。適当な濃さで長く楽しめるし。
 白蛍焼きのポットと茶杯は別々に買ったのだけれど、お似合いである。

 愛子さんの茉莉花茶がどんなものかということと、前回の「心の隊員」については愛里さんのサイトの旅日記《2003夏天》がわかりやすいかも。「最後のyin花」を読んで、ちょっと泣けました。
 ということで、引き続きひっそりキャンペーン中。この方この方この方のサイトも是非ご覧くださいませ(勝手にリンク張っちゃってすみません。後ほどご挨拶に伺います)。
 ああ、お茶とボンベイ・サファイアがほどよく回ってしまった…本日は、これにて休みます。 

|

« 五反田「My Que」 | トップページ | 『ローマ人の物語』 »

コメント

ぅわ~☆写真の、茉莉花茶の黄金色とボンベイサファイアのビンのブルーがとっても爽やかで、キレイですね♪
お酒で割るんですね!どんな味だろう…。
知識はないですがお茶は大好きです☺茉莉花茶はお土産に貰ったり買ってきたりと、家に結構あります。夏は冷たいのも良いですね~☆★

投稿: ちぃ | 2007.07.10 00:22

ちぃさん
実はこの写真の構図は引用したサイトからの借り物です。
2年ぐらい前に冷たいお茶とお酒の組み合わせにはまり
(「お茶」のエントリに記事が少しあります)、
いろいろやってみたのですが、
ジャスミン茶には、たぶん黒糖焼酎の方が合います。
是非、お試しくださいませ。
ちょっと別の飲み物のようになります。
ジンは癖があるので、相性があるかも。
ジンを合わせるなら、文山包種茶が合うと思います。
お茶、おいしいですよね〜♪

投稿: きたきつね | 2007.07.10 21:59

きたきつねさん、こんばんは。
リンクありがとうございます♪

愛里花茶は割るより漬ける方が、香りの出方が綺麗でおすすめですよ♪玉米は贅沢に香りだけ移すように、一晩漬けるくらいが私はベストでした。
ちなみにあの撮影の日は、飲みながら機嫌良く撮っていて最終的にヘロヘロに酔っぱらってしまいました。(笑)

心の隊員、団結して頑張りましょうね!よろしくお願いします!

投稿: | 2007.07.11 00:03

恵さん
ご挨拶に伺わないうちに、
かえってありがとうございます(汗
おお、割るより漬ける方が!
それも一晩!
ありがとうございます。
教えてくださらなかったら、
きっと漬けっぱなしにしてました。
もうちょっと時間ができたらやってみますね。
後方支援、がんばりましょう、おう!

投稿: きたきつね | 2007.07.11 23:15

お茶って色んな飲み方が出来るんですね~。
ちょうど先日、とあるお店で茉莉花茶の焼酎割りを飲みました★それは黒糖ではなかったですけど、美味しかったです。黒糖焼酎自体も好きなので、きっと私好みだろうなぁぁ…と思います♪

投稿: ちぃ | 2007.07.13 01:53

ちぃさん
焼酎は原料によって味がかなり違うので、
黒糖焼酎はまた違った味わいだと思います。
ぜひ、お試しくださいませ♪

投稿: きたきつね | 2007.07.13 08:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32405/15707851

この記事へのトラックバック一覧です: 続・愛子さんの茉莉花茶:

« 五反田「My Que」 | トップページ | 『ローマ人の物語』 »