« 異国であるということ | トップページ | 京番茶 »

雨の十五夜

 今日は中秋の名月のはずなのだが、札幌は朝から変な天気で、雷が鳴ったり、雨が降ったり。たまに雲が薄れることもあるのだが、雨が降っていること多し。帰りがけは、ざんざん降りだった。天気予報でいうところの「大気の状態が不安定」というのは、こういうことをいうのだろうなあ。
 雲が北から南へ流れていくのを見ると、冬なのだなあと思う。夏は南や東から、冬は北や西から風が吹くからね。
 月は、さっき、雲の隙間から少しだけ拝むことができた。

20070925cha

 せめてもの月見まんじゅう。六花亭のもので中に豌豆餡が入っている。いただきもの。
 雀のお皿と、めでたい鶴亀の杯は、東寺の弘法市で格安で買ったもの。変でかわいいので買ってしまった。
 お茶はFTCの凍頂烏龍茶、茶壺は陶作坊の「紅丸」ちゃん。
 雨のせいか、ちょっと風邪っぽいので早く寝ようっと。

|

« 異国であるということ | トップページ | 京番茶 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32405/16572118

この記事へのトラックバック一覧です: 雨の十五夜:

« 異国であるということ | トップページ | 京番茶 »