« 京都市考古資料館 | トップページ | さらさ西陣 »

船岡山から

 朱雀大路の起点となり、枕草子にも出てくる船岡山。
 京都は、長岡京から遷都する前は湿地だったらしい。ここから見下ろして都市計画を考えたのかなあ。
 見える景色は当時と随分変わってしまったけれど、往時をしのんでみる。 
 この山は「建勲神社」という、なんと信長を祀った神社になっているのだが、本殿の裏から山頂の公園に行けて、そこから市内が一望できることを、降りたから知った。足がくたびれていたし、お腹もすいていたので、登りなおしはしなかったんだけど。
 それは次回の課題としよう。

船岡山から

|

« 京都市考古資料館 | トップページ | さらさ西陣 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32405/17484143

この記事へのトラックバック一覧です: 船岡山から:

« 京都市考古資料館 | トップページ | さらさ西陣 »