« メメント・モリ | トップページ | 刷り込みと行き先 »

どんと祭り

 夜以降は使いものにならない公算が大きいので、早めに更新。今日は午前10時から北海道神宮で「どんと祭り」があるので、間に合うように、正月飾りと古いお札を持って行った。

20080114jingu1
 朝は雪だったけど、なんとか晴れて清々しい参道。混んでいるお正月より今頃の方がいいかも。

20080114jingu2
 古いお飾りやお札はプレハブの収納所にちゃんと分別して納めた後、焼くらしいのだが、この山に袋ごと投げ込む人多数。ちゃんと看板が立っているのに、読まない人頭を使わない人が多いのだなあ。 
 「どんと焼き」の煙は無病息災の御利益があるというが、不燃物の混じった煙を身体にまとったり吸い込んだりすると、むしろ病気になるような気がする。

 なので、煙が上がる前に退散して、お参りして帰る。

20080114jingu3
 境内の真ん中あたりに固まっているのは、中国語を話す観光客のみなさん。おみくじに台湾語バージョンがあるところをみると、台湾人らしい。まあね、イタリアでは教会に行きまくったし、香港でも台湾でもお寺には行っているので、他人様のことは言えない。宗教施設は観光地なのだなあ。

 おみくじを引いたところ、「中吉」ではあったのだが、「夜通しの嵐のあと雪が積もる」というような歌で、「心痛む災いがいろいろあるが、耐えていれば、雪が朝日に溶けるように嬉しいことがある」という運勢らしい。「争いごと 先に口を出したら負け」。辛抱しろと言うことなんですね。神様。

20080114jingu4
 参道のドネルケバブ屋のお姉さん。
 参道には露店が出ていて、朝ご飯抜きだったので、ケバブサンドを食べてみた。神社でケバブって、なんだか不思議。
 甘酒、クレープ、たこ焼き、綿あめなどなど、あまり怪しくない食べ物系露店が多かった気がする。

 その他、帰りの寄り道についてはこちらこちらに。

|

« メメント・モリ | トップページ | 刷り込みと行き先 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: どんと祭り:

« メメント・モリ | トップページ | 刷り込みと行き先 »