« もうすぐ香港(らしい) | トップページ | 香港ですること覚え書き »

最近の音楽と本

 このごろの仕事のお供は、グレン・グールドのバッハ(「パルティータ」とか「イギリス組曲」とか「フランス組曲」とか)、アーノンクールのおっちゃんのバッハ(「カンタータ」とか「マタイ受難曲」とか)、ハイドン先生のピアノ・トリオ、なぜかエルガーの「威風堂々」「エニグマ変奏曲」(仕事気分が盛り上がる)。

 今日、ひさびさに行きつけの本屋に行ったら、音楽書が平台に並べてあって、つい買ってしまった。

20080227book
 ニコラウスアーノンクール 未踏の領域への探求者

 アーノンクールのおっちゃんの評伝。年譜とディスコグラフィーつき。本屋で思わず読みふけってしまい、購入決定。その昔、ウィーンフィルでチェロを弾いていたのは知っているのだが、カラヤンから第1プルトに上がるように言われたのを断ったとは知らなかった。
 別に指揮者や演奏者のことを知らなくても音楽は聴けるけど、わかっていると面白いこともある。特に、プロフェッショナルの評伝って好きなんである。

 でも、この本は大きいので、香港には持って行けないな。香港には岡本綺堂先生と吉田健一先生をお連れする予定。

|

« もうすぐ香港(らしい) | トップページ | 香港ですること覚え書き »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32405/40295193

この記事へのトラックバック一覧です: 最近の音楽と本:

« もうすぐ香港(らしい) | トップページ | 香港ですること覚え書き »