« 「再織城市」(その2) | トップページ | 追悼:広川太一郎さん »

「再織城市」(その3)

 前回の続き。旧香港中区警署室内編。

20080308hongkong1
 廊下から部屋に入ると、展示がしてある。

 これは1つめの部屋で「香港の都市計画の歴史」。真ん中のジオラマは現在のもの、周りに写真で歴史的変遷が示されている。この写真は見応えがあった。

20080308hongkong2
 別の部屋の壁には警察時代の香港島の地図が。

20080308hongkong3
 地図の向かい側の壁。
 各部屋に歴史的な展示やオブジェが飾ってある。

200803084b
 2階へ上る階段。
 窓がすてき。

20080308hongkong5
 2階には幹部の個人オフィスがある。
 やっぱりオブジェが飾ってあるのだが、できれば空っぽの状態か、さもなければ、もとの家具などがあった状態で見たかった。せめて一部屋、そんな部屋があればよかったのになあ。

20080308hongkong6
 この元取り調べ室とかね。
 香港庶民のスライドが映されているのだが。
 外から鍵がかかるようになっていて、壁には身長を示すための目盛りがあって、壁が防音なの。
 昔、どんなやりとりがあったんだろう。
 
 続きはこちらに。

|

« 「再織城市」(その2) | トップページ | 追悼:広川太一郎さん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32405/40430122

この記事へのトラックバック一覧です: 「再織城市」(その3):

» 「再織城市」(その4) [きたきつねの穴]
 こちらの記事の続き。  「往年の中区警署」編。  総本部の2階にこんな部屋があ [続きを読む]

受信: 2008.03.10 23:52

« 「再織城市」(その2) | トップページ | 追悼:広川太一郎さん »