« 帰ってきました | トップページ | 「再織城市」(その2) »

「神探」

 香港から帰って1日目ではあるのだが、今日も仕事にしっかり出かけ夜は用足しで遅くなる。既にすっかり日常なのだが、そこの角を曲がると白加士街があるような気がして、「老趙でベトナムサンドが食べたいなあ」などと普通に思う。日常と香港の境界がないような不思議な感じ。

 夜は何をしているかというと香港映画を観ている。広東語が恋しいのだ。頭に入るのだ。
 昨夜は「食神」を観た。考えてみれば、最近のシンチーの映画って香港が舞台じゃないんだよね。「食神」は思いっきり香港の話で好きなんである。
 今日は空港から送った荷物が来たので、買ってきたCDやDVDを開ける。ジェイ・チョウの「ぼくはとっても忙しい」は早速リッピング。
 映画の第一弾は「神探」。観たかったんだー。

20080307cinema

 人の心に住む「鬼」が見える元刑事の話。2人組で捜査にあたっていた片方が行方不明になり、その捜査のために若い刑事が協力を求めて現れるのだが…という話。
 主役は劉青雲。とても難しい、いってみれば変な役なんだけどね。説得力がある。「鬼」が、実在するのか狂気の賜なのかが判然としない。「鬼」を持つ人の行動をトレース(手でピストルを作ってコンビニに押し入ってみるとか、山林に埋まってみるとか)して、真相に迫っていく姿は鬼気迫る。
 そしてなんと言っても見所は、林家棟にとりついている7人の「鬼」。口笛を吹いて7人で歩いているところで大喜び。車の後部座席にぎっしり詰まっているシーンはどうやって撮ったんだろう。
 大食いはやっぱり林雪なのね。そして林雪は気が弱いのね。よしよし。内心葛藤しているときは、鬼が他の鬼を取り押さえたりしているのね。この「鬼」は誰でも持っている精神の現れなのか、それともほんとに「鬼」なのか。
 脚本はワイ・カーファイで、このテイスト(「喜馬拉亞星」とか「鬼馬狂想曲(新世紀Mr.Boo!)」とか「マッスル・モンク」とか)は結構好きなのだった。
 ちょっとだけ思ったのだが、これはもしかして、あの事件が一部元になったりはしていないだろうか。

【追記】
 日本語字幕版の感想がこちらに。それから、「あの事件」は、どうも一部元になっているようです。やっぱり。

|

« 帰ってきました | トップページ | 「再織城市」(その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32405/40417675

この記事へのトラックバック一覧です: 「神探」:

« 帰ってきました | トップページ | 「再織城市」(その2) »