« お花見中 | トップページ | 「カンフー・ハッスル」はソレの宣伝にはならない »

ジャムを煮る

 ジャムを煮た。
 昨日通りかかった店で、小粒の苺が2パック398円だったのである。これはジャムのためにあるような苺だ!と思ったのと、お休みなので、ためしに煮てみることにしたのだった。
 参考書は『きのう何食べた?』と『トルコで私も考えた (3) 』である。どちらもマンガだ。 
 洗ってへたを取った苺をル・クルーゼのお鍋に入れ、砂糖をまぶして一晩おく。純度の高い砂糖のほうがよいらしいのだが、通常使っているのは黒っぽい砂糖なので、ヨーグルトのおまけについていたの(使わないので大量に残っていた)を使った。あれは1袋15グラムなのね。いちご2パックに200グラムぐらいかなあ。重さも量らず超適当。どちらかというと、形をきっちり残したトルコ風にしてみたかったので、砂糖はちょっと多めでもいいかと思った。
 弱火にかけて、しばらくするとジュースとアクが出てくるので、アクをすくいつつ、煮詰めていく。苺が白っぽくなって、また色が戻って、ある程度煮詰まったら(レモン汁を加えるとペクチンで粘度が増す)できあがり。30分ぐらいかなあ。

20080427jam
 ヨーグルトにかけて食べました。 
 味は甘め。
 後ろにあるのは、すくったアクを入れて作ったロシアンティー。甘いです。

|

« お花見中 | トップページ | 「カンフー・ハッスル」はソレの宣伝にはならない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32405/41013430

この記事へのトラックバック一覧です: ジャムを煮る:

« お花見中 | トップページ | 「カンフー・ハッスル」はソレの宣伝にはならない »