« 映像で見る碧羅春 | トップページ | 香港で驚いたこと »

センペルもどし

 今年は、雪が解けるのが早くて、3月に気温10度を超す日が5日続き、史上初の15度以上を記録したものの、その後また寒くなって、一旦外に出られた多肉植物のみなさんは再び蟄居の身となった。
 しかし、昨日から気温が上がり、今日はぽかぽか。3日ぐらい前から、やっと植木鉢を外に出すことができるようになった。
 春恒例の「センペルもどし」も敢行。

20080406taniku1
 外で越冬したセンペルビブムのみなさん。
 中には体力が及ばず力尽きた子もいるのだが、

20080406taniku2
 なんとか復活。
 凍る心配がなくなったので、暖かい日に水をたっぷりやり、「戻す」のである。乾物のように。

20080406taniku3
 一見枯れているように見える「子持ち蓮華」だが、実は、芯に緑色の新芽が出ている。
 そのうち子を吹いて大展開をするので、広い鉢に植えているのであった。これを「蓮華牧場」と呼んでいる。

|

« 映像で見る碧羅春 | トップページ | 香港で驚いたこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32405/40793090

この記事へのトラックバック一覧です: センペルもどし:

« 映像で見る碧羅春 | トップページ | 香港で驚いたこと »