« ザータル | トップページ | 雨のアルテピアッツァ »

音楽の箱

 気がついてみると、最近は映像を見たいと思わず、テレビは朝のニュースだけで、あとは音楽ばかり。
 まだ体力がちゃんと戻っていないせいかしら。しかし、音楽は聴けるときは四六時中かかっている。iPod&iTuneばんざいな今日この頃。
 聴いているのはCDである。最近は輸入盤を「箱買い」しているので、支出に比べて増える増える。

20080531music1
 その筆頭。
 ドイツ・ハルモニア・ムンディ50周年記念箱
 
 4月にHMVに入荷した3000箱が予約で完売したもの。なんと50枚で5360円。1枚ほとんど100円。ほんっとーにいいんですか、という値段。だって、古楽によるバロックがいろいろ入っていて、とっても聞きでがあるんだもの。
 毎晩寝しなに聴いて、気に入ったのをiTuneに入れているのだが、モンテベルディの「聖母マリアの夕べの祈り」とカッチーニとフレスコバルディとパレストリーナで完全に元は取った。
 これがまた6月に入荷するらしいので、お勧めである。値段はちょっと上がるけど、それでも1枚150円足らず。やっぱり安いと思う。ドイツ・ハルモニア・ムンディでは、他にも50周年記念廉価版をいろいろ出しているので、そちらもよさげ。前期バロックが好きだなー。

20080531music2
 永遠の定番。
 グレン・グールド80枚組。
 以前心配したのだが無事に到着。これもまた、本当によい買い物だった。バッハは全部持っているのだが、ハイドン先生とベートーベンで元は取った。
 写真はないけれど、アーノンクールのおっちゃんとレオンハルトによる「バッハ・カンタータ全集」も永遠の定番である。

20080531music3
 その他、最近の入荷。
 古楽のバロックとハイドン先生
 モダンオケと比べると、どうしてもピリオド楽器の響きの方が好きなんだよね。左上のアーノンクールのおっちゃんもよいが、ハイドンの古楽での録音が少ないので、右上のブリュッヘンのを追加。疾風怒濤期とザロモン・セットがとてもよい(パリ・セットはアーノンクールもコンツェント・ムジクスで録音している)。

【関連情報】
 最近検索がちょくちょく来るので、お知らせ。
 このブログでも度々ご紹介している林峰男さんのチェロ・コンサートが以下の日程で開催されます。とてもよいので、ご興味のある方、是非お運びください。会場は開演の30分前です。
 美唄
  日時:6月1日(日)15:30〜
  会場:アルテピアッツァ美唄
 入場料:2500円
 札幌
  日時:6月5日(木)19:00〜
  会場:ザ・ルーテルホール
  (札幌市中央区南大通り西6丁目中通り)
 入場料:3500円

|

« ザータル | トップページ | 雨のアルテピアッツァ »

コメント

ま、ついにグールド×80を手に入れられましたか。
やはり良いですね、これ。私はワーグナーとベートーベンでガッツポーズを決めました。
特に37枚目のBeethoven: Variations for Pianoが好きです〜。

投稿: | 2008.06.01 23:35

お返事が遅くなりました。
グールド箱、ブログには書いていなかったのですが、
ちゃんと出荷されて、かなり最初の頃に来ていたのでした。
37枚目というと、ノイズがあって交換になったやつですね。
私は、今日は、ベートーベンのソナタがBGMでしたよ。

投稿: きたきつね | 2008.06.03 22:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32405/41379492

この記事へのトラックバック一覧です: 音楽の箱:

« ザータル | トップページ | 雨のアルテピアッツァ »