« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

聖ヨハネ教会

聖ヨハネ教会

 廃墟を満喫中。
 1世紀に使徒ヨハネが隠遁し、6世紀にユスティニアヌス帝によって建設された広大な教会の跡。
 マニアな方に絶対おすすめ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

聖ヨハネ教会から

聖ヨハネ教会から

 アルテミス神殿跡とエフェスを臨む。
 昨日の寝不足と暑さで体力が低下しているので、今日は夕方の出発までゆっくりの予定。
 ちなみに、ここは、使徒ヨハネが晩年を過ごし、福音書を書き、葬られたところ。木陰でぼーっとしているといい感じなのだが、先ほど警備のおっちゃん(犬つき)に話しかけられたりして、一人を満喫するわけにはいかないトルコなのだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エフェス

エフェス

 今日は、1日英語のツアーに混じって、エフェス、聖母マリアの家、考古学博物館などを回ってきました。
 寝不足のところに持って来て、暑い、歩く、見渡す限り東洋人は自分だけと、ハードだけど面白かった。団体行動は意外に大丈夫だったし。
 でも、疲れたので、帰国後の時差調整も兼ねて早く寝る所存。
 明日は、日中はこちらですが、夜には帰国の途につきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エフェス:アルテミス神殿跡

エフェス:<br />
 アルテミス神殿跡

 かつての「世界七不思議」のひとつ。もともとエフェスの街はここに作られたのが、今の遺跡のある場所に移転したとのこと。ガイドさんがマニアックに詳しく説明してくれた。
 現在は柱が1本残るのみで、コウノトリが巣を作っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バス乗り換え中

バス乗り換え中

 これは、こちらの時間で朝5時半ごろ。
 チャナッカレからセルチュクへ夜行バスで移動中。
 旅行代理店の手配に手違いがあったらしく、バスが変わり、席が定まらず途中で起こされ、直通と思ったら乗り換え。
 しかし、車掌はじめ、おっちゃん達の連携で不安もなく無事セルチュクのホテルにチェックイン。おっちゃん、ありがとう。
 トルコのおっちゃんは味わい深く親切な人が多いように思う。おっちゃん好きはぜひトルコへ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

海辺のカフェでチャイ

海辺のカフェでチャイ

 1杯45円。長居と持ち込み可。
 ハマムに行けなかったので、久々にぼーっとしている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

金曜バザール

金曜バザール

 1時間半ほど前。
 スカーフを買いました。
 この後ハマムに行こうと思ったら、休み。むーん。
 バザールについては、また後で記事にする予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昼ごはん

昼ごはん

 バザール近くの食堂にて。
 無事お仕事は終了。これからバザールに行きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トロイの木馬

トロイの木馬

 チャナッカレの海岸にて。
 「トロイの木馬」は2体あって、1体はトロイの遺跡にあり、こちらはブラッド・ピッドが出た映画で使われたものだとのこと。木馬のあたりは市民の憩いの場のようで、皆さん夕方のお散歩中。
 お仕事のヤマは何とか越えました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

猫つき朝ごはん

猫つき朝ごはん

 かまい倒しながら、朝ごはんを食べました。食べ物目当てではなく、かまってほしかったらしい。
 今日も頑張って仕事です。
 猫、ありがとう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ダーダネルス海峡の夕日

ダーダネルス海峡の夕日

 今日の仕事は無事終了。
 明日がヤマです。
 明日もよい日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チャナッカレの海辺

チャナッカレの海辺

 仕事の開始時間を勘違いしていたので、海辺に座っているところ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

これからお仕事

これからお仕事

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チャナッカレに着きました

チャナッカレに着きました

 バスに乗ること6時間弱、無事チャナッカレに着きました。連絡の行き違いがあったのだけれど、無事部屋が確保できて、よかったよかった。今回は人様に助けられている。
 チャナッカレは、人口7万人ぐらいの小さい街で、探検のしがいがありそう。明日から3日間仕事だけど。
 写真はヘレスポントス海峡。今はダーダネルス海峡。その昔、クセルクセス王がヨーロッパに渡ったところ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

バスに乗ります

バスに乗ります

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝のチャイ

朝のチャイ

 散歩のついで。砂糖は二つ。
 早く出るので、朝ごはんはバスターミナルかなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

旧市街は夜も賑やか

旧市街は夜も賑やか

 というより、夜の方が賑やかかも。
 これは、ありがたいお話と音楽と共にライトアップされるブルーモスク。字幕つき。
 人が集まるところにはチャイ売りが来るので、1リラで買って、飲みながら見る。
 帰り道に、通りすがりのオープンカフェでやっているライブも見る。
 仕上げは、ブルーモスクから流れる大音響の夜のお祈り。
 明日はチャナッカレに移動します。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ブルーモスク

ブルーモスク

 smashさ〜ん、見てますか?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

トプカピ宮殿

トプカピ宮殿

 ハーレムにて。スルタンの宴のお部屋。
 タイルと装飾に埋めつくされた豪華な空間だけど、このハレムに籠の鳥というのはどんな気持ちか。

 くわしい記事はこちらから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トルコの朝ごはん

トルコの朝ごはん

 右上のタッパーに入って出てくるので、自分でセッティング。特にヨーグルトとクリームチーズがうまうま。
 ちなみに、撮ったのは45分ぐらい前。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夕暮れのブルーモスク

夕暮れのブルーモスク

 ブルーモスクには明日行く予定。
 写真は撮れなかったのですが、アイスクリームとバクラバを食べました。チャイはやっぱり美味しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

着きました

着きました
 写真は、ホテルの窓からの眺め。

 実は、飛行機を降りて携帯の電源を入れたら、入らず。カメラのバッテリーも先ほど切れそうに。やっとホテルにチェックインして、携帯を充電したら作動したので、一安心しているところ。カメラの充電もしたいけど、三股ソケットを忘れて痛恨である。

 トルコは、
  蒸し暑い
  食べ物が美味い
  猫が多く愛想がいい
  歴史ありすぎ

 今日は、朝ごはんをカフェで食べてから、旅行会社へ行き、アヤソフィアと考古学博物館に行ってきました。報告は、またいずれ。

 モブログしたいことが、たくさんあったんだよなあ。今後はできるってといいなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

発券待ち

発券待ち

 列がなかなか進みません。
 徹夜あけには辛い。仕事は今朝11時までかかったの。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

出発12時間前

出発12時間前

 らしいのだが、まだ仕事が終わりませんよ。
 ちみちみ食べ物飲み物を補給しつつなので、気分はトライアスロンのよう。トライアスロンって、泳いで水着のまんま自転車にまたがって、40キロ走って、その後走るんだよね。蒸れるだろうなあ。「馬で敵陣に乗り込み、銃で戦い、弾が尽きたら剣で戦い、泳いで走って逃げる」というコンセプトの近代五種も見たかったことである。
 飛行機は18時千歳発。
 うっかり寝過ごさないようにすることも大切だ。
 ああ、結局「ドラゴン・キングダム」も「カンフー・ダンク」も「カンフー・パンダ」も「ハナムプトラ3」も見られなかった〜。睡眠も足りないが、血中中華成分低下も辛かったのであった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

出発2日前

 予定では、48時間後には飛行機に乗っているはず。
 ほんとか?と疑いつつ、締切を今日も少しずつこなす。明日中に終わるのかな。明日は寝られるのかな。とりあえず、今日は頭が回らないので寝ようかな。
 合間に少しずつ出発準備。持ち物をリストアップして、とりあえず、入れられるものは鞄に入れる。

 そして、
20080821a
 「週刊バッハ先生」こと教会カンタータ全集。
 アーノンクール&レオンハルトによる。
 
 教会カンタータのことは独立したネタにしようと思っていたのだった。バッハ先生が教会に勤めてたとき、毎週毎週書き続けた日曜の典礼用のカンタータ。合唱の指導をし、ラテン語も教え、作曲だけではなく実際に演奏したので練習もあり、とっても多忙な中で書かれた。ときどき他で聴いた曲が入っていたりして楽しい。曲想もいろいろで、約200曲、CD60枚。
 これを、長い間かけて仕事の合間にちまちまとiTuneに入れ、先日すべて入れ終わったのだった。いやー、大変だった。トラックリストをカスタマイズするのが。
 このことはいつか別項で書くことにして、これを聞くのが道中の楽しみ。なにせ移動が長いので(飛行機は片道12時間、6時間のバス移動が2回)、iPodは必携なんである。
 ちなみに、このiPodには、この他に、グレン・グールドのバッハとベートヴェンとモーツァルトほとんど全部、オペラ以外のアーノンクールのおっちゃんが振った曲かなりたくさん(バッハとハイドンはほとんど全部)、ベートーヴェン先生の交響曲と弦楽四重奏全部、ハイドン先生の弦楽四重奏とピアノ・トリオ全部と交響曲有名どころ、精選香港ポップス、ジェイ・チョウ全部など、バッテリーさえ持てば、退屈知らずの充実の内容なのだった。

 通りすがりに写真も実験。ホワイトバランスと露出をいじってみる(少し単語を覚えた)。

20080821b
 たしか、オートで撮ったと思う。

20080821c
 露出抑えめ。

 ふーん、おもしろいなー。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

知らなかった…

 締切はあと2つ。金曜までに終わるのだろうか。
 用事をこなしつつ、携帯電話の操作を確認したり、旅行用の買い物をしたりしているのだが、今頃になってわかったことが。けっこうショック。
 一つ目はSDカード。携帯電話を新調するにあたり、ミニSDカードが割引になるというので、買ったのだが(これまでは使っていなかった)、小指の先ぐらいのカードに1GB入って2000円ちょい。1GB…ちょっと昔のパソコンの容量って640MBじゃなかったっけ。技術の進歩ってすごいなあ。ついでに、デジカメのメモリも1Gのカードを買ったので、写真ならなんぼでも撮れるぞ、どんとこいトルコ!である(締切があるけどさ)。
 で、カメラなのであるが、新しい携帯電話はカメラの画素数が上がって、なにやらいろいろついているので、マニュアルを見ながらいじっていたら、モードがオートとか接写とか風景とか人物とかいろいろあって、露出も替えられるし、明るさもオート・晴天・曇天・蛍光灯・白熱灯などいろいろ。ふーんと思ってやってみると、いろいろ変わる。おもしろいぞ。で、もしや…と思って、デジカメを見ると、同じような機能がついているではないか。
 …4年以上ブログをやっていて、写真も載せていて、大変申し訳なかった。今まで何にもいじっていませんでした。そうか、写真をちゃんと撮る人はこういうことを考えていたのか……!と今ごろになって気づいたのであった。遅すぎにもほどがある。今後は、気をつけていきたい。

20080820
 曇天モードで撮ってみた。
 本日の最高気温22度。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さらにテスト

さらにテスト
 仕事の合間に、ふたたび携帯より。
 雲がきれいだったので。
 
 マニュアル(厚い!)を読み、少し勉強してみた。ずいぶん性能が上がっているように思う。色をもうちょっと鮮やかめにしてみようかなあ。
 なにせ、この携帯を持って行って、トルコからモブログ更新をもくろんでいるので、ちょっと必死。

 テストといえば、最近は、マッサージとか鍼灸院をおためししまくり。この2週間で3回も行ってしまう。もう、肩が凝って、首が凝って、頭が痛いのよ。背に腹は代えられないのよ。
 行ってみたところは、みんなカラーが違った。カイロプラクティック系でばきばき揉み倒されるところとか(次の日身体が痛かったよ)、「治療行為ではありません」と断りがついている街角のマッサージ屋さんとか(アロマの香り漂うところで、お姉さんに揉んでもらうのは気持ちいいけど)、鍼勝負のところとか。
 なかでも、鍼勝負のところは、近所だったので知らないところにふらふら行ったのだが、何も問診なし、お腹とか背中とかあちこち触って何かを見つつ(何を見ているのかわからない、人間低周波装置みたい感じもした)、ぷちぷちと鍼を打って30分で終わり。燃料切れなので、肉(鶏じゃなくて豚か牛)を食べること、甘いものと果物は食べないことを申し渡される。
 で、出てみたら、首と肩が軽くなっていましたよ。不思議ー。なので、久々にお肉を買いに行って、豚肉のしゃぶしゃぶしたのを、ゆでキャベツにのっけて、酢醤油で食べた。同じ鍋で、ブロッコリーを蒸し、キャベツをゆで、豚肉を湯がいたのだが、ゆで汁に旨みがでて美味しいスープになって一石二鳥。当分甘いものは食べない。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

携帯を替えました

携帯を替えました
 モバイル投稿のテスト画像。
 「画像をそのまま添付」にしたら、でかい…。

 これは、おなじみ「楽屋」のゴーヤチャンプル。辞書に「チャンプル」が入っていて、びっくりよ。
 なぜ携帯を替えたかというと、トルコに持って行くため。調べてみたら、トルコでは今までの携帯は使えないことが判明したのだった。香港では使えるのになあ。まあ、これで、アメリカでも韓国でも使えるようになったので、よかったんだけどね。
 電話帳などのデータを転送したり、いろいろカスタマイズしたりしていたら、あっというまに夜中。
 うーむ、仕事は明日か…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オリンピック拾遺(その2)

 今日も1日、オリンピックをバックにお仕事お仕事。やっと一段落(でも別の仕事がまだある)。

20080817a
 仕事の合間に、去年の、愛子さんの愛莉花茶「白雪芽7yin」。うーん、夏の香り。

20080817b
 一段落ついたところで、ベランダから夕焼けを見る。そういえば、今年はあまり景色を見ていなかった。このごろは、18時すぎると日が沈んでしまうのね。

20080817c
 夕焼け雲。

 空を見ながら、ぼーっとしていると、隣家より「やったー!勝った〜!」という声。なにごとならんとテレビを見たら、女子レスリングだった。金メダル&銅メダル、おめでとう。嬉しそうでよかったよかった。
 午前中は、女子マラソンと水泳のメドレーリレーを見たのだった。日本男子チームがイケメンだったので驚く。タレントみたい。方力申(香港のオリンピック水泳選手出身の歌手)みたいになれるんじゃ。8冠のフェルプスは、すんごくいい人そう。女子マラソンは残念だったねー。しかし、けがを治すのがなにより。
 北京マラソンで街の景色を見たら、北京に猛然と行きたくなった。それどころじゃないのに〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「う」とか「え」とか「お」とか

 気がついてみれば、トルコ行きまで1週間を切っている。来週の今頃は飛行機の中かよ、ほんとかよ。しかし、仕事がなかなか進まず、出かける前に終わらせるためには今日も明日も仕事なんである。終わるのか?なので、細々としたことを。

【う】
 今日は仕事だ〜と思って起きたところ、またもや頭痛・首痛・肩こりが来襲していた。全く仕事にならないので、マッサージに出かける。先週もマッサージに行ったのに…。週末ごとに「こんにちわ〜頭痛でーす」とばかりに来るのはやめていただきたい。ううう。

【え】
 立て込んではいるのだが、「カンフー・ダンク」は見たいぞ!と思っているのだが、もよりの上映館を調べたところ
 
  すべて 吹 き 替 え

 ええええええ〜。
 予告編は字幕だったのに〜。これはアイドル映画なんだから、スターの生声を聞かずしてどうするのだ!「偉仔・華仔・發仔」はどうするのだ!まさかとは思うが、エンディングの歌を差し替えたりはしていないよね。してたら暴動起こすぞ。

【お】
 無音だとかえって気が散るので、BGMがわりに流れるオリンピック(作業効率悪いんだけどね)。
 夕方トランポリンが放送されることを知り、これは是非見ようと思う。実は、学生時代、体育でトランポリンが必修だったのだ。担当教員がトランポリンの専門家だったから(あだ名は「トランポリン小僧」だった)。体育館には本式のトランポリンがあって、高さがあって怖いんだよ。外に飛び出して頭から落ちたら大変なことに。背中で弾むとか止まるとかの基本技中心で宙返りなんてとてもとても。
 ところが、時間になってもトランポリンは始まらず、代わりに男子卓球準決勝が。ドイツ対日本。
 なーんだ、卓球か〜と思ったのだが。
 すごい。おおおおお。
 ドイツのイケメン選手に立ち向かう、一見少年のような日本選手。しかし、韓陽、水谷、岸川、君たちはすごいよ。特に岸川君、元ヨーロッパチャンピオンにして世界ランク6位の相手に対し、63位なんだけど、もうぎりぎりまで対等というか、追い上げが凄い。最後に惜しくも敗れてしまったのだが、ドイツチームの喜びっぷり(折り重なって喜んでいた)が凄さを物語っていたと思う。いいものを見せてもらった。
 できれば、テニスの男子ダブルス決勝が見たいんだけどなー。フェデラーがダブルスなんだよなー。

20080816
 記事とまったく関係ないのだが、おそらく今年は使う機会がないだろう夏の写真。10日前。
 このときには最高気温が30度越えで日傘がお友達だったのに、今日の最高気温は21度。ああ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋の気配

 …というアルバムがオフコースにあったっけ。オフコースのアルバムで一番好きかもしらん。
 さて、世間ではお盆休みらしいのだが、締切を抱えているので、立て込んでいるわけではないのだが気持ち的に相変わらず余裕がないのであった。
 内地(本州以南)ではどうかはわからないのだが、こちらでは、お盆が済んだら夏は終わり、という感覚が強いように思う。子供の頃は海の側に住んでいたのだが、お盆は地獄の釜の蓋が開くので泳がず(足を引っ張られるからね)、お盆を過ぎるともう泳ぎにはいかなかったような気がする。
 お盆を過ぎると、テレビではスタッドレスタイヤとストーブのコマーシャル(バックは思いっきり雪景色)が始まっちゃうしねー。もう虫も鳴いているから、秋なのね、あああ。
 そして、何より、秋を実感するのは、コレ。

20080814a_3
 小さいので拡大可。

20080814b
 別の場所。1週間前。
 まるでイクラのようだ。

 ナナカマドったら、この間まで花を咲かせていたくせに、いつのまにやら実をつけて、赤くしているのである。なんてこったい。
 札幌で一番多い街路樹はナナカマドなんだそうだ。それは、たぶん、冬になっても赤い実が残っていて、雪に映りがいいからだと思う。鳥のごはんにもなるし(冬の早い時期にカラスに食べられているのがくやしいけど)。ナナカマドの実が赤いのは、秋から冬なのである。
 夏も終わりか…あああ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オリンピック拾遺

 締切があるのだが、ついつい見てしまうオリンピック。

 開会式の「巨人の足跡」花火が事前に1年かけて作ったCGだった、とか、革命歌を歌った女の子が口パクだった、というのは、映画感覚で見ていたせいか、そりゃーアフレコやCGはありだよな、と思ってしまったのだが。またももにかるさんの記事で知った「ジャッキー・チェン、アンディ・ラウ、ニコラス・ツェ、ジョーイ・ヨンなどなどの明星大合唱が実は聖火点灯の後であって、しかし、帰る客の足止め&BGM扱い」というのは…あまりといえばあんまり。失礼すぎる。ちゃんと見たかった。いつ歌が入るか入るかと楽しみに待っていたのに…。くうう。

 競技としては、単純に、速く泳いだ方が偉い、とか、遠くまで飛んだ方が偉いなどの生存直結系が好き。というか、球技や格闘技より単純系が好きということなのかもしれぬ。そして、オリンピックでもなければ見られないようなマイナーな競技がよいと思う。
 先日、つい見てしまったのは、カヌーとフェンシング。
 カヌーは、もう笑っちゃうような高低差のある大激流、しかも人工の「回るプール」で人が生身で入ったら助かるまいと思えるような激流を、オール1本でゲートをクリアしつつタイムを競うものだった。たまたま見たら、選手がいきなり沈没して水中で1回転したので、つい続けて見てしまった。初めて見たのだが、上手な人はすいすい進んで行くのね。山奥の川べりに住んでいる人には実用競技かもしれない。
 フェンシングは、今日、日本の太田選手が銀メダルを取ったので少しは知られたのではないかと思うのだが、セッティングが異常にかっこいい。バックは照明を消して真っ暗、そこに浮かび上がる白装束の剣士。ヘルメット(マスク?)は網網だと思っていたら、溶接工か宇宙飛行士のヘルメットのように窓がついていて、しかも、相手に有効な攻撃をすると、ヘルメットの側面にランプ(赤か緑)が点く。

20080813gorin
 こんな感じ。
 
 ステージの側面にも、勝った側の色のランプと無効な攻撃を示す白ランプが、あたかも何かのゲージのように点くので、何だか、コンピュータゲームを見ているよう。というか、思ったのは、「TRON(トロン)みたい〜」ということであった。

 「TRON(トロン)」は、1982年にアメリカで制作された「世界初のフルCG映画」。天才的プログラマーであるジェフ・ブリッジスがふとしたことから電脳世界に取り込まれ、他のプログラムと協力して悪を倒すというストーリー。電脳世界がほとんどCG(実は手書きのアニメーションもけっこうあるらしい)で描かれるのだが、なにせ25年前の映画なので、往年のビデオゲームのような懐かしい感じのする画面。


 予告編。

 画像は、今にして思えば素朴ではあったりするのだが、話としては、ちょっと「マトリックス」に影響を与えたかもね、というところもある。しかし、どうしても笑ってしまうのは、電脳世界の「神」で、上の予告編にもでてくるのだが、


 こんなお方なのであった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

旺角で大火事

 もにかるさんのところで、昨日旺角で火事があったことを知る。ネーザン・ロードに面した嘉禾大廈、「香港地方街道指南」で見たところ、ネーザンの西側、アーガイル・ストリートのちょっと北、地下鉄旺角駅の真上である。コメント欄で知ったのだが、「無間道Ⅱ」でラウがヤンの父(張同祖師父)を撃った店が入っていたらしい。火元はナイトクラブとのこと。

20080811hongkong
 ぼけぼけ写真だが、たぶん写真奥の方。

 Yahoo香港のニュースページを最初から見ていくと、刻々と火事がひどくなっていく(10時過ぎには「三級火災」だったのが、お昼過ぎには「五級火災」になっている)。4名死亡、そのうち2名が消防士、50名以上が負傷したらしい。香港のビルの中で火事にあったら、それはそれは大変なことであろう。
 で、この火事について山のようにニュースがある。そのうち気になったものを2つご紹介。訳する自信がないので原文で。

 兩犬通報救全家
寵物除了看門口外,原來亦是通報火警先知。居於嘉禾大廈相鄰的永如大廈16樓頂層的劉小姐,火警時家中兩隻史納沙犬突然吠聲震天,劉女疑惑下探頭視察,見走廊滿佈煙霧,她立即與胞姊及母親抱着兩頭愛犬逃生,3人用濕毛巾掩鼻,直衝大廈天台等待救援。未料,空曠的地方已被濃煙覆蓋,眼前一片灰濛濛,連大廈一角都看不見。3母女驚惶下沿樓梯往下逃生,其間劉女愛犬心切,一度用濕毛巾掩着狗兒口鼻,免牠不適。3人2犬逃至二至三樓梯間終見消防員出現,得到協助後安全逃離大廈。劉女事後感激愛犬及時吠叫通報,好讓一家逃生保命。(明報8月11日5:10)

 「史納沙犬」とはシュナウザーである。写真も出ていた。シュナウザーはよく吠えるからなあ。消防士さんに会えてよかったよかった。

 茶餐廳變支援中心
旺角 嘉禾大廈五級大火影響所及,附近幾條街都要封鎖,砵蘭街的奇華閣餐廳亦身陷封鎖區域,生意大減七成,但即使整條街的店舖被迫休息一天,茶餐廳老闆仍堅持開舖,讓消防員及警察歇息,茶餐廳成為另類「支援中心」。

供消防警員如廁醫肚

與火場有一段距離的砵蘭街近旺角道一段,昨午約12時起被警方封鎖,供多部警車停泊。這條街大部分商舖為瓷磚及裝修店,被封後客流盡失,東主紛紛關門。

不過,奇華閣餐廳堅持開舖,原來餐廳老闆盧先生見持續有消防員及警員進出,希望他們救火救人之餘,可在餐廳「借廁所」或「醫肚」。盧先生說,中午起持續有消防員及警員入來,見消防員都不願多說話,樣子顯得疲累,相信因同袍出事而心情不佳。餐廳亦借出椅子讓被救出的居民休息,盧先生認識幾名熟客居於火場所在的嘉禾大廈,盧先生見他們平安無事亦感心安。(明報8月11日5:10)

 茶餐廳はオアシスなのであるな。蘆先生グッジョブである。それにしても、明報はこの手の心温まる系のニュースが好きなんだろうか。
 2名の消防士さん(蕭永方さんと陳兆龍さんというらしい)を含む亡くなった方のご冥福を祈る。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

良薬口に苦し

 昨日今日は、からりと晴れ上がり、気温も高くなく、空気も澄んで、秋を思わせる陽気。
 外に出ると気持ちがいいだろうなあ、と思う。
 だが、しかし。
 体調悪化。
 どんより。
 
 たしか去年の今頃もハワイで七転八倒したのだが、ちょっと余裕ができると、とたんに具合が悪くなる。勘弁してほしい。今回は、首と肩がばりっばり、頭が痛く、涙と鼻水が止まらず、物が食べられず、起きているのが辛い。ほんとにもう、勘弁である。朝5時に具合悪くて目が覚めるし。
 ストレッチをし、またも正骨水風呂に入るものの長く浸かっていられない。夕方になって、ようようマッサージに出撃、あまりの凝りっぷりに鍼灸師さんに驚かれる。
 おかげで、なんとか起きられるようになりました。
 もう一つの功労者。

20080810hongkong
 霍香正気水

 前にも書いたのだが、これは本当に苦い。ストローが付くようになってよかったなあ。10ccなので、一瞬は苦いのだがちゅるっと飲める。飲むと、暖かいものが身体に拡がる感じで、しゃきっとするのであった。ただし、冷たいもの・生もの・油っこいものは禁止。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北京オリンピック開会式

 昨日、北京オリンピックが開幕した。
 正直なところ、日本選手がどうとか感動がどうとかにはあまり興味がないので、競技は割とどうでもよく、心残りは、トルコに行ってしまうので男子マラソンと閉会式が見られないことぐらいである。マラソンは沿道の景色が好きなんだよね。どこの国にもいる伴走野郎とか。いままでで一番おもしろかった伴走野郎は、北京マラソンの黒い野豚だった。
 で、オリンピックで一番好きなのは開会式なんである。だいたい泣ける。たぶん、いろいろ問題があるにせよオリンピックが開ける程度には平和でよかったことだよ、と思うのが大きいと思う。
 しかし、今回は、最初に目頭が熱くはなったものの、泣けなかったのだった。理由は、
 ・就寝時間にかかってしまい眠かった
 ・入場行進、長すぎ
 ・チャン・イーモウの作品として見てしまった
ためだと思う。

 時差がないのはいいのだけれども、夜遅くにかかると就寝時間にかかって眠いのよね。入場行進も、たくさんの国が出られたのはいいのだが、たしか過去最大204カ国が参加したとかで、そんなに多いのは、国情がよくなったというよりも、それまでは1つの国であったものが独立したために見える。旧ロシアのあたりとか、アフリカとか。折しも、開会式の裏側ではグルジアとロシアのあいだで戦闘が発生していたこともあって、素直に喜べない。2時間以上かかったし。入場行進の後ろで手を叩いていた応援担当のお嬢さんたちも大変だっただろうと思う。入場順が「簡体字で書いた国名の頭文字の画数の少ない順」で中国語での国名がわかったのは面白かったけど。
 で、総監督チャン・イーモウだが、大変だったろうけど(2年半かかったらしい)、楽しかったろうなあと思った。
 印象は、
  国威発揚
  人海戦術
  4000年の歴史
  フィーチャリング巻物
  映像技術万歳    といったところ。
 飛天、紙、筆、巻物、活版印刷(全部中に人が入っていたとは)、孔子、シルクロード、鄭和などなど、中国の歴史はネタの宝庫、それに、液晶ディスプレイ(かな?丸めたりできるの)を駆使し、巻物を統一コンセプトにして(聖火台も巻物だ)まとめた、という感じ。
 最初の「缶」を大人数で叩くところで「うわー『英雄』みたい」と思い、「色使いが『十面埋伏(Lovers)』みたい」「これは『黄金甲』みたい」「音楽が映画みたい」などと思う。
 全世界に生中継されて、しかも国家の威信がかかっているのだから、やりがいがあったろうなあ。

20080809beijing1
 巻物から、ボディペインティングで描いた絵が持ち上がるところ。

20080809beijing2
 伝統人形劇。三国志か?

20080809beijing3
 鄭和のとこ。緑色が「十面埋伏」と同じ。

20080809beijing4
 やっぱり「寄せて上げて」ます。

20080809beijing5
 人海戦術的鳩。
 「鳥の巣」だし、いい演出なんだけど、すみません、ジョン・ウーを連想してしまいました。

 聖火の最終走者は体操選手の李寧(なつかしい…)だったのだが、ワイヤーワークばりばりで、これまた香港映画を連想してしまったのだった。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

事件発生中?

事件発生中?
 いつもより早めの帰り道。北5条通に異常な数の赤色灯。黄色いテープも張ってある。パトカーもお巡りさんも山盛り。サミットのときより赤色灯の数は多いぞ。
 何事かと最寄りのお巡りさんに尋ねたところ、札幌駅南口で異臭発生とのこと。現時点で原因は不明。西5丁目から東は入れないみたい。
 ちょっと写真が遠いのだが、通りすぎてから、こういう時こそモブログじゃん、と送信する次第。バスのダイヤも大乱れ。

【追記】
 これは19:54に投稿したのだが、ココログのレスポンスが遅くて、反映が遅れてしまった。
 20:32時点で、詳細は不明。マスコミはオリンピックシフトだしなあ。
 ぶれぶれだけど、写真の追加。

20080808a
 角に止まる消防車。
 この角のビルの前から黄色いテープが張られていて、西6丁目以東は人も車も通れないらしい。

20080808b
 パトカーも山盛り。

20080808c
 遠くに見える赤色灯の群れ。
 ああ、どうなっているんだろう。何事もないといいのだけれど。どこかに情報が流れないものか。見たところ大事(おおごと)なんだけど。

【20:52追記】
 今やっとNHKのローカルニュースで情報を入手。17:52ごろ(うろ覚え)駅前のホテルで硫黄のような異臭を感じたらしい。調査の結果、ホテルの地下3階の下水で硫化水素を検出、化学反応で発生する硫化水素が暑さのためマンホールに流出したらしい。20:00過ぎに通行止めは解除…つまり、通りかかったのは解除になる寸前で、この記事は遅かったわけだな。まあ、おおごとでなくてよかった。
 これで、オリンピック開会式(総監督はチャン・イーモウだ)に集中できるというものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ノーザン・ルビー

 ステレオタイプでものを言うのはあまり好きではないので、血液型がどうという話はあまりしな…くもないか。しかし、最近よく出版されている血液型関連の本はあまり見ていなかった。今日、たまたま『〜型の説明書』という本を手に取る機会があって、自分の型のを見ると、書いてあるのは、当たり前のことばかり。そういうものか?
 「これが食べたい!」と思ったら、それで頭の中はいっぱいになるよね?例文は「カレーとナン」「カレーとナン」「カレーとナン」だったけど、「南インドカレー」「南インドカレー」のこともあるし、「ナポリタン」「ナポリタン」のこともあるし、他のもののこともある。昼ご飯の時にこれが起こると血液が沸騰しそうになり、食べられないと非常に心残り。
 そこまではいかないのだが、今日食べよう!と思っていたのは、これ。

20080807potato1
 ノーザン・ルビー。
 じゃがいもの新種である。

 皮だけではなく中も紫色なのね。たまたま入手する機会があり、今日はこれを食べよう!といそいそと家路を急いだのであった。とりあえず、蒸かしてバターだな。ついでに書くと、個人的に、じゃがいもバターには冷たい牛乳がつきもの。チーズがあると、さらによし。

20080807potato2
 蒸かしたてなので湯気でレンズが曇る。

 じゃがいもには、ほくほくの男爵いも系と、ねっとりのメークイン系があるが、これはメークイン系。色を生かした方がよさげなので、薄切りにして、サラダにするか、ヨーグルトであえるか(トルコ風ね)、グラタンにするか、ホワイトシチューにするか、チップスにするか、そのあたりが料理法としていいかなあ。千切りにしてピーマンと炒めてもきれいかなあ。
 徐々に締切が消化されつつあるので(といっても無くなりはしないけど)、少し真面目に料理したいぜ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ショッピングセンター・トリップ

 本日、札幌の気温は30度越え。内地(本州以南)の暑さには及びもつかないのだろうけれど、暑さに慣れない北海道民は辛い。夜になると20度ぐらいに下がるのでいいのだが。虫の声を聞き、がっくり。暑いと思ったら、秋なのか(お盆過ぎにはストーブの宣伝が始まるけどさ)。
 人に会う用があって、待ち合わせ場所のショッピングセンターへ。降りたことのない駅で降りて、行ったことのない場所へ。一瞬、そのまま乗り続けて、どこかへ彷徨いたい、という衝動に駆られる。締切は今日も一つクリアしたが、実は明日までのが一つ残っているのだった。
 
20080805sapporo
 初めて行った巨大ショッピングセンター。

 とーても広くて、いろいろな店がある。飲食店も多く、いろんなものが売っている。
 駐車場を抜けて入ったのだが、第一印象は「ホノルルのアラモアナ・ショッピングセンターみたいだ」ということ。それほどに広い駐車場。車で来る人が多いのだなあ。中に入っての印象は、「アメリカのショッピングモールみたい〜」、次に思ったのが「香港のショッピングモールみたい〜」。上の写真は、金鍾のパシフィック・プレイスに似ている。スーパーマーケットが入っているところも(たしか、パシフィック・プレイスにはシティスーパーが入っていたよね)似ている。
 こんな店が近所にあったら便利だよねえ、と思いつつ、実は、ショッピングセンター(ショッピングモール)というのはあまり好きではない。一つの建物に何でも入っているのは便利そうではあるのだが、他に行く場所がないというのは性分に合わないのだった。

20080805hongkong
 それを痛感したのが香港でこの間の行った「エレメンツ」。
 1階にはスケートリンクがある。

 たしかに、きれいで、いろいろなお店があるんだけど、入るところがないのよ。1回行くと飽きるんだよなあ。
 自分の人生で重要なのは「選択の余地」と「多様性」だなあ。と思う。古くて雑然としていれば尚可。
 知らない場所に行くのは、それはそれで気分転換になるんだけどね。今日のショッピングセンターでは、エスニック雑貨店がなかなかよかったし。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

石の蔵ギャラリーはやし

 切羽詰まった締切は、一応明日で一区切りの予定。あと2週間程度のが3つと3週間程度のが2つ、あと来月中というのがいくつかあるんだけど。
 集中力が続かなくなると、外に出ることもあり。

 通り道にとても古い建物が。
20080804kura1

 かねて名前を聞き知っていた「石の蔵ギャラリーはやし」ってここかあ。
 これ幸いと仕事を持ち込み。

20080804kura2
 窓辺のカウンターに着席。
 あと、テーブル席が4人用2つと2人用2つぐらい、レジ横のカウンターに何席か。

20080804kura3
 ゆず茶を飲みました。

20080804kura4
 この向こうにはギャラリースペース有。

 しばし仕事をしたのだが、落ち着けるし、カウンターは書き物にちょうどいい高さなので、本読みや物書きによさげ。レジ横のカウンターは常連さんが多いらしく、お喋りに花が咲いていました。

石の蔵ギャラリーはやし
札幌市北区北8条西1丁目
電話 011-736-0884
10:00〜20:00 水曜休

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「生きる」

 今日は一日締切仕事の予定だったのだが、2週間ぶっとおしでちょっと大変だったせいか、力出ず。日中は雨風が強く荒れ模様だったせいか寝こけてしまい(犬猫はそうらしい)、明日も仕事か…。今日終わらせたかったんだけどね。
 おまけに、赤塚不二夫死すの報で、ちょっとがっくり。72歳か。たしか11年前に食道ガン、6年前に脳内出血で、4年ぐらい前から意識不明だったんだよなあ…ご冥福を祈る。

 締切があるのに、つい、BSでやっていた「生きる」を見てしまった。なんとなくストーリーは知っている(とは言っても、志村喬がブランコに乗って死ぬ、というのがメイン)けど、通してちゃんと見たことがなかったんだよね。
 志村喬は顔力がすごい。魚系の顔なんだけどね。「ハッピーバースデー」のシーンで、相手役の小田切みき(チャコちゃんこと四方晴美のお母さんだったのか)は大変だったろうなあ。回想シーンで、加東大介と宮口精二(かっこええ)演じるヤクザに顔力で勝つところも好き。
 それにしても、生まれ変わってばりばり働き始めるところで、いきなり葬式シーンという展開に驚く。そして、その後の酔っぱらいの煮え煮えぐだぐだ加減がリアルすぎ。役者も展開もすごいなあ。左卜全に爆笑。場面はちがうけど、「メフィストフェレス」役の伊藤雄之介もすてき。
 NHKBSの黒澤明映画全上映も半分過ぎてしまったらしいのだが、残りは余さず見ようと思う。

20080802sunset
 空を見ることぐらいは忘れずにいたい。
 でも、明日はちゃんと働こっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「攻殻機動隊2.0」

 21時を回ると胸がきゅーと苦しくなるような気がするようになってきたので、早上がり。満を持して今日は映画だ。
 「攻殻機動隊2.0」最終日の最終回。意外に混んでいて、びっくり。よく考えてみたら、今日は「映画の日」だったのね。エンドロールが終わるまで誰も立たなかったのは偉かった。
 これもDVDで何度も何度も見ているのだが、初めて見たのがいつだったかは覚えていない。スクリーンで見ていないような気もする。音が聞き取りづらくて何度も巻き戻した気もするし。もしかしてDVDじゃなくてビデオかも。1995年の作品だものなあ(最後のクレジットを見て、ちょっと愕然。13年も前なのか)。
 事前に知っていたのは、画像と声優さんが変わっているらしいということ。

20080801ghostintheshell
 上が今回。下が旧版。

 予告で押井守監督の新作「スカイ・クロラ」がかかって、飛行シーンがばりばりのCGで、イノセントの雰囲気に拍車がかかっていたので、ある程度予測はできたのだが、電脳空間のシーンと飛行シーンが全面的に変わっていたような気がする。冒頭の外交問題介入シーン(写真のシーンね)も思いっきり力を入れて変えていたので、その後のトグサ&バトー初登場シーン(これは元のセルアニメだと思う)が浮いて見えた。
 声はたぶん全部アフレコし直しているのではないかと思う。声優さんも変わっていたし。清掃員が千葉繁じゃなくなっていたのは残念だったなあ。一番大きいのは、「人形遣い」の声が家弓家正さんから榊原良子さんに変わっていたことで、最後のシークエンスが台詞とも大幅に変わってしまい、結果として草薙素子とバトーは再アフレコせざるを得ず、そうすると全体をやりなおさないと…というようなことだったのかもしれない。
 榊原さんはねー、好きなんだけどねー、「パトレイバー」の南雲さんだし、「ナウシカ」のクシャナ殿下だし。でも、家弓さん(「ナウシカ」のクロトワですな)の声も好きだったんだよなー。ラボでの「人形遣い」の第一声で、声が変わっていることは聞いていたのだが、あららーと思ってしまった。最後は話が変わっちゃうところもあるしね。あれはジェンダー的に言ってどうなんだろ。
 草薙素子役の田中敦子さんも声が変わった気がする。昔はもっと低かったような。今となっては、「コールド・ケース」のリリーちゃんに聞こえてしょうがない。バトーの大塚明夫&トグサの山寺宏一は相変わらずよい声だ。「マテバでよければ」のシーンのトグサはかっこいいなあ、と今も昔も思うのだが、これは山ちゃんの声のおかげに他ならない。原作は柄が悪いんだけど。子供版素子の声の人が変わった思ったら成長した同じ人だった。
 そして、「攻殻機動隊」が好きなのは、これが「香港」映画だから。「香港で作った映画」ではなく「香港が写っている映画」ね。その昔CD-ROM で設定資料を見たことがあるのだが、香港で大々的にロケハンをしているのである。これが大画面で見られるので嬉しい嬉しい。しかも、画面が大きいとディテールまで見られるのよね。
 変わっていたらどうしよう、と思っていたのだが、総体的にあまり変わっていなかったような気がする。特に前半のハッキングされた男を追跡するシーンと、ヨットのシーンの後、街が延々と映るシーンが好きで好きでしようがないのだが、ロケ地は、たぶん、油麻地か旺角あたりのネイザンの西側のエリア、佐敦のシックス・ストリーツのあたり、佐敦の高架下(「英記茶荘」の看板が出るとこ)、中環から上環あたりの裏道、ビクトリア湾などではないかと思う。佐敦の裕華の前はかなりはっきりわかる形で出てくるのだが、名前は変わっていた。今回の新発見はヨットの上のシーンで、「おお!バトーの後ろをスターフェリーが通っている!」ということ。飲んでいるビールは明らかにサンミゲル。最後の博物館のモデルは九龍公園のプールで、上から見た映像が出てきた瞬間ガッツボーズをする自分は我ながらどうかと思った。

20080801hongkong
 左下の建物。BPインターナショナルから撮影。

 今思いついたのだが、もしかして、ロケハンチームは、BPインターナショナルに泊まっていたのではないだろうか。ロケ地も佐敦が多いし。

【追記】
 こちらで少し見られます。

 2分過ぎから香港ロケハンのシーン。2:35あたりに、佐敦の裕華前そのまんまのシーンが。あの団地は文華新村か?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »