« 香港の牛乳事情 | トップページ | サザエさんは愉快じゃないぞ »

秋分の日のお茶

 今日は秋分の日。明日から冬至までは日がどんどん短くなる。今日の日没時間は17:30ごろだけど、あと2時間ぐらい短くなるんだよなあ。
 今日はお休みで嬉しい。出張だったので昨日は代休にしたのだが、なんだかくたびれていて調子が悪い。いや、今は繁忙期ではないし、トルコから帰ってしばらくはふらふらしていたし、あちらこちら行っているし気分転換はしているのだけれども。要は心の持ちようなのだろうなあ。うーむ。休むときはきっぱり休み(時間の長さではなく「きっぱり度」の方が「休んだ感」には有効であると思う)、働くときには働くというのが理想なのだが、どうにも気力が持たない。
 そのせいか今日は身体がお茶を欲していた。

20080923cha1
 愛子さんの「おとんの熟香梗」。

 祥華のおとんの今春の鉄観音の茎。茎だけでも美味しいお茶は美味しいのである。おとんのような心映えがあれば、メラミン事件なんて起こらないのになあ。

 さらに、口の開いていた台湾茶と岩茶(黄旦)を淹れる。夏は、愛子さんのところの碧羅春と龍井、ぽーれい生茶ばかり飲んでいたのだが、発酵強め・焙煎強めの青茶が飲みたいということは、秋なのだなあ。

20080923cha2
 茶壺は海風號小漢瓦壺コンビ
 茶杯は同じく海風號のチーム民国(鶏と蝙蝠)。

 トルコから帰ってわりとすぐにしたことが、茶壺を使ってお茶を淹れることだった。お茶を淹れることも心の余裕に繋がっているような気がする。余裕は物理的な時間の問題じゃないんだよなあ。

|

« 香港の牛乳事情 | トップページ | サザエさんは愉快じゃないぞ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32405/42569723

この記事へのトラックバック一覧です: 秋分の日のお茶:

« 香港の牛乳事情 | トップページ | サザエさんは愉快じゃないぞ »