« 香港行きを決める | トップページ | お茶請けに干し柿 »

ゴールデングローブ賞授賞式

 締切を3つほどやっつけ、明日までの締切が、ひとつ先に延び、なんの気なしに見てしまった。
 アカデミー賞より、こっちの方が好きだ。
 「ダークナイト」のヒース・レジャーが助演男優賞かーと、しみじみしたり。賞をもらったスピルバーグの映画紹介フィルム(働き者だなあ)を見ながら、ひとつ選べと言われたら、そりゃ「未知との遭遇」だと思ったり(刷り込みなので、しかたがない)していたら、作曲賞がラマーンという人で。
 ラマーンってインド人っぽいなあ、と思ってみたらば。
 A.R.ラフマーン(A.R.Rahman)じゃないか!!
 まあ、髪を切ってさっぱりしちゃって。
 「Dil Se」など数々の映画で名曲を生み出し、ベストDVDが愛聴版であるところのラフマーン。「ムトゥ踊るマハラジャ」だって「バダヤッパ」の音楽だって、ラフマーンだ。「スラムドッグ$ミリオネア」での受賞なのだった。

 おめでとう!

 この「スラムドッグ$ミリオネア」、4部門制覇である。
 作品賞も受賞したのだが、驚いたのが、作品紹介。

 シャールク・カーン様の登場だ〜!!!!

 ステージに上がり、映画の紹介をしてました。

 映像発見。

 「キング・オブ・ボリウッド」です。

 こんなところで、生(じゃないけど)シャールク・カーンが見られるとは。ああ、見ていてよかった。思わず、テレビの前で立ち上がり、画面に向かって手を振ってしまったことである(馬鹿)。やるな、授賞式のプロデューサー。

 インタビューもあった。

 受賞発表では、アニル・カプールが、とっても嬉しそうだったのが印象的だった。イルファン・カーンは来ていなかったのかなあ。見たかったなあ。


 予告編。

 アニル・カプールはみのもんた役(違)の人です。昔はあまり好きではなかったのだが、最近、ジャック・ニコルソンみたいになってきて、なかなかよいと思う。
 サントラもよさげ。見に行かなくちゃ。

|

« 香港行きを決める | トップページ | お茶請けに干し柿 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32405/43907814

この記事へのトラックバック一覧です: ゴールデングローブ賞授賞式:

« 香港行きを決める | トップページ | お茶請けに干し柿 »