« 『旅』2月号 | トップページ | 唯一麺家 »

華龍珈琲屋餅店

 今日からお仕事。うう、辛い。
 今日もさくっと更新だ。

20090105hongkong1
 食べかけですみません。
 今回最終日のブランチです。メニューは、叉焼湯意粉(チャーシュースープスパゲティー)、火腿庵列(ハムオムレツ)、牛油餐包(バタートースト)、奶茶。23ドル。朝ご飯のようなメニューだが、れっきとした午餐(ランチセット)。

20090105hongkong3_2
 証拠のメニュー(拡大可)。

 ここは、ホテル・ベニトの下にある華龍珈琲屋餅店。いつも玄関を出ると左に曲がってしまうので、右側にあるこの店に気がついたのは最終日前日になってから。

20090105hongkong4_2
 こんなメニューもあるけれど(拡大可)、

20090105hongkong2
 店名と店頭のショーケースから察するに、パン主体の「冰室」系の店だと思う。Open Riceに記事有。
 ほんとに小さい店で、地元のおっちゃんが溜まっている系の、この界隈には珍しい地元系茶餐廳なのであった。なんてことない店なのだが、もっと早くに気がついていれば、通ったのになあ。

|

« 『旅』2月号 | トップページ | 唯一麺家 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32405/43651750

この記事へのトラックバック一覧です: 華龍珈琲屋餅店:

« 『旅』2月号 | トップページ | 唯一麺家 »