« 早餐 | トップページ | おやつ »

電影その1:「赤壁 決戦天下」

 香港に来たら映画を見たいのだが、この時期は旧正月が終わったところで、それほどめぼしいものがない。なので、旧正月作品をまだ上映しているところを探す。
 「赤壁 決戦天下」がまだあった。
 場所は奥運ということはオリンピックか。結局、地下鉄で行くのが迷わず早そうだったので、地下鉄で中環までいったん渡り、東涌線に乗り換え。チムサーチョイから東涌線ホームまで20分弱、発車するまで7分、乗って6分、映画館までは案内板にしたがって10分弱。
 
電影その1

 ロビーにこんな宣伝がありました。写っていないけど、となりには「おくりびと」も。映画の予告編も「おくりびと」だったのだが、日本のものをそのまま使っていて、公開日それは違うだろう、と思った。実は来るときの飛行機で見たのよね。こんな予告編だったのか。
 この写真を使ったのは、どこにも「赤壁」のポスターがなかったからです。とても残念である。

 「赤壁2」は近日日本公開なので、ネタバレ厳禁ですね。まあ、筋はとても有名なのだけれども。それをどう見せるかが呉宇森監督の腕の見せ所なのだな、以下、ネタバレしない範囲で箇条書きで。

 鳩は今回も活躍。
 サッカーの上手い気のいい兵隊さんが「チャングム」のお兄ちゃんに似ていた。しかし、そこで声をかけるのはまずいよ尚香。
 小喬も、それはいかがなものか。
 中村獅童はいい役をもらったと思う。海外で見ていると、やはり応援してしまうのだな。
 ジョン・ウーは、銃弾の変わりに爆発と矢を使ったのだなあ。
 銃弾が当たっても何ともないのが香港映画のお約束だが(「英雄本色(男たちの挽歌)2」とか)、矢でも同じことがいえるのだった。人によるけど。
 蜀のみなさんの見せ場がもうちょっと欲しかったかも。特に夜のシーンは誰が誰だかわからなかった。
 戦闘シーンにはとても力が入っている。あまり入っているので、何がなんだかという気持ちになった。
 中国映画で「あれーお代官さま」が。そういう場面ではないのだが、日本人はそう思うと思う。
 トニーさんの「湯圓」は笑うところなのだろうか。香港人は誰も笑ってなかったけど、笑ってしまった。

 前半がよくわからなかったので、日本でまた見よう。

 余談だが、今、ナショナルジオグラフィック・チャンネルでChina Hollywood」というタイトルで中国・香港映画の特集をやっているので、途中からだったのだが、思わず見てしまった。

|

« 早餐 | トップページ | おやつ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32405/44202807

この記事へのトラックバック一覧です: 電影その1:「赤壁 決戦天下」:

« 早餐 | トップページ | おやつ »