« ぽーれい生茶飲み比べ | トップページ | 潜水服は蝶の夢を見る »

お湯の沸かし方

 今日も目が回っている。作業進まず(泣)。
 昨日に引き続き、ぽーれい(プーアル)生茶を飲んでいるのだが、昨日は不精してポットのお湯を使ってしまった。考えてみると、沸かして保温しておいたお湯って不味いような気がする。

20090219cha
 鉄瓶さまを採用してみた。

 老樹青茶を淹れてみたところ、あまりスモーキーな香りが立たず。味はとてもまろやか。「千年古樹沱」も、さらにまろやかに飲みやすくなってしまった。
 香りはステンレスの湯沸かしの方が立つみたい。
 鉄瓶は沸かし直しても味が落ちないらしいのだが、ステンレスと鉄瓶のどちらを採用するかは、お茶によって微妙かも。香りを楽しみたいなら、ステンレスかなあ。テーブルの上で鉄瓶が沸かせる電気風炉みたいなのも欲しいな。
 お湯は沸かしたてが美味しいものね。その都度沸かすティファールあたりという手もあるけど。

|

« ぽーれい生茶飲み比べ | トップページ | 潜水服は蝶の夢を見る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32405/44114775

この記事へのトラックバック一覧です: お湯の沸かし方:

« ぽーれい生茶飲み比べ | トップページ | 潜水服は蝶の夢を見る »