« 「My Name is Khan」をめぐる事件 | トップページ | フェリーで動物園 »

シドニーの鳥(その2)

 忘れた頃のシドニー話。「シドニーの鳥」続きです。こちらはタロンガ動物園編。

20090821tori1

 シドニー動物園には鳥コーナーがあって、檻の中の熱帯雨林に放されていたりするのだが、木がたくさんあるせいか、よく見えない。小さい檻もあるんだけど。で、よく見えなかったなあ、と思っていたら、

20090821tori2

 いきなり目の前の木に飛来したワライカワセミくん。あんた、さっき檻のなかにいなかったっけ。しかも見えなかったぞ。というか、檻に入れて展示する意味ないじゃん。

20090821tori3

 こちらはエミューの後ろ頭。
 柵の向こうにいるのだが、けっこう近い。

 そして、最も近かったのが、

20090821tori4

 一応柵の向こうにいるペリカンくん。
 柵はあるにはあるのだが、触れるぐらいの距離。こんな低い柵、意味があるのか。飛ばないのか、きみたちは。自分史上、ペリカンをこんなに近くで見たのは初めてである。目元が意外とつぶらなのだが、かわいいかどうか判断がつかず。

|

« 「My Name is Khan」をめぐる事件 | トップページ | フェリーで動物園 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32405/45991998

この記事へのトラックバック一覧です: シドニーの鳥(その2):

« 「My Name is Khan」をめぐる事件 | トップページ | フェリーで動物園 »