« 「WALL・E」 | トップページ | 香港で必ず買う物 »

興記茶餐廳、光栄結業。

 りえさんからいただいた情報です。香港は牛頭角下邨の興記茶餐廳が11月22日についに結業したとのこと。

 2009年11月23日付の星島日報の記事。長いのですが、以下引用します。

「牛下」街坊湧食肆緬懷昔日情

  「明天拆鋪、後天交吉、大後天封村,不許街外人進來,今天結業時間剛剛好。」陪伴市民四十載的牛頭角下村,周三清場準備重建,大部分商鋪只營業至昨日,吸引大批市民、老街坊來同度牛下的最後周日。不少老顧客把握最後機會來懷緬一番,品嘗馳名奶茶和豬扒包。老闆說小學開始到鋪頭幫手,茶餐廳不單勾起他大部分兒時回憶,還養活了一家人。

  牛頭角下村的最後一個周日,村內人流如鯽,市民舉機自拍,到晚上七、八時,鎂光燈仍閃個不停,而村內食肆更待滿了人。「前幾天是淪陷,今天是完全失控。」興記老闆林志恆指,現時村內仍營業商店不足十戶,但今日開始,大部分商鋪都會關上大閘,本打算今天與朋友靜靜度過興記的最後一天,想不到這麼多市民湧來。

老茶餐廳冀可重營

  「平日七、八十個豬扒包已可夠全日供應,下午四時多,已賣出三、四百個。」林志恆指平日全日只有二、三百名顧客,但昨日估計已有千多名市民光顧,「現在九成的食品都賣光了。」

  食客蘇先生,與朋友帶同相機前來,拍下興記與牛下村的景色,他表示:「我都是屋村長大的,雖然不是牛下村居民,但前日和今天(昨日)都特地來一趟,重溫屋村生活的感覺。」

  「這當然是光榮結業。」林志恆看著經營多年的茶餐廳坐滿了食客,「其實真的好開心! 這小小的茶餐廳,可以吸引到這麼多老街坊,回來見證最後一刻。」他希望待牛頭角下村重建後,可覓得合適鋪位,重新開業。

  每晚提供小炒、火鍋的合利,同於昨日結業。店內食客擠不下,店外每張枱亦坐滿了人,炒蜆、炒菜一枱皆是,有老街坊舉杯暢飲,更大聲說:「記得拍下來,置於網上。」廚師、侍應忙不個不停,更成攝影愛好者的拍攝目標。

球場搞臨別音樂會

  村內一家有三十多年歷史的髮廊,昨日亦結業。老闆歐先生說,有街坊滿月就來剪髮,成家立室後仍經常來光顧。

  一群在牛下長大的市民,入夜後更於村內球場舉行音樂會,邀請獨立歌手及樂團,用木結他、手鼓與場內市民唱和,以音樂派對,讓舊居民留下美好回憶。舉辦音樂會的李穎忠更希望,活化村內部分建築,讓牛頭角下村可保留下去。


 牛頭角下邨は11月25日より取り壊しが始まるそうです。
 興記は本当にぎりぎりまで営業したんだなあ。
 でも、二度行くことはできなかった。
 興記茶餐廳は牛頭角下邨が新しくなったら、また店を開きたいということのようです。あの床屋さんも屋台のようだった店も最後まで営業して、結業したんだなあ。

 縁あって行くことができたので、あそこがなくなってしまうのは本当に感慨深いものがある。
 なくなってしまうのは悲しいけれど、直接知ることができて本当によかった。自分にとってある意味転機だったと思う。
 行ったときのことは、いきさつも含めて、こちらにまとめてあるのだが、「牛下開飯」のことを教えてくださったりえさんゆずきりさんに心から感謝します。ありがとうございました。

 なんと動画がありました。
 関連動画(上の動画をクリックすると一覧が右下から見られます)を見ると、たくさんの人が興記茶餐廳を惜しんでいることがよくわかる。
 再見、多謝。また、牛下で会えますように。

【追記】
 OpenRiceの記事にも最後の日の投稿あり。

【さらに追記】
 こちらに動画ニュースが(yahoo香港より)。

|

« 「WALL・E」 | トップページ | 香港で必ず買う物 »

コメント

こんばんは。
今朝(日付が変わったので昨日の朝)の翡翠台のニュースで見て是非ともお知らせせねばと思っておりましたが、さすがはきたきつねさん!情報が早いです!
ニュースの画面を通じて、興記が多くの人に愛されていたことと茶餐廳が香港の偉大な文化の一つであることを改めて感じたのでした。

投稿: Kei | 2009.11.24 00:07

きたきつねさん、さっそく記事をあげてくださってありがとう。こちらこそ、感謝です。思いもかけず、2回も行くことができた興記。シャッターを閉めている若いご主人は、毎晩ああやって同じ作業を繰り返してくたんだなあと思いました。ほんとうにぎりぎりまでの営業をしていたことに感銘しました。ハラが座ってますね。
重建がきまったときから、おそらくこの店ではぎりぎりまで営業する、と決めたのでしょうね。だから牛下開飯もやってくれたのだと思います。
きっとまた必ず、開業してくれることと思います。
星島の記事についている写真で右はしにいらっしゃる、めがねをかけて濃緑っぽいTシャツの兄さん、が、10月に行ったときに給仕してくれました。
早くもこんなに動画がアップされているのにも驚きました。
まだ全部みていませんが、これからゆっくり見ます。
どうもありがとう。

投稿: ゆずきり | 2009.11.24 00:23

Keiさん
香港からありがとうございます!
テレビニュースで報道したのですね。
香港に居合わせたかったという気がしてなりませんが、すごい人のようだったので、行けなくて正解だったかも。
茶餐廳は香港人の心の故郷だと心から思います。

ゆずきりさん
こちらこそ、ありがとうございます。本当に感謝です。
ハラ、座ってますよねえ。ああやって、毎日毎日きちんと仕事をしていることが何より尊いと思います。
動画の数にも驚きました。keiさんによると翡翠台でもニュースとして報じられたとのことなので、そちらの動画もおっつけ上がるのでは。
少なくとも牛頭角上邨には昔をしのぶ店舗街ができるらしいし、ここまで大きく報じられたので、興記がまた牛下に戻れたらいいな。
香港の人の住まいの近くには茶餐廳が必要ですもの。

投稿: きたきつね | 2009.11.24 00:59

きたきつねさん、こんにちは~!
Twitterでお返事をいただいたゆずきりさんのお話だと10月のときはゆったり営業されていたとのこと。そういう時期にもふらりと訪れてみたかったなと改めて思います。こういったことは牛下に関わらず、今までもこれからもきっと繰り返しあることだとは思いますが、今はメディアも若い世代も「古き良き香港」に注目しているので機運に乗じて大切にされることを嬉しく感じます。興記にまた会える日を楽しみに待ちましょうねー!
明日から取り壊し。香港は暖かくてとてもよいお天気です。

投稿: りえ | 2009.11.24 16:43

りえさん、こんばんは〜!
ゆずきりさんのところ、トップに10月の興記の記事をアップしてくださっていますね。「牛下開飯」の時より静かな雰囲気で羨ましい。
「古い香港を大切にする気運」これからも是非とも続いて欲しいものです。
興記、牛下に復活してほしいですね。新聞記事にあった古なじみのお客さんの「牛下で育って、今はもう住んでいないけど、住んでいた頃に戻ったような感覚」(超訳)が戻ってくることを。

投稿: きたきつね | 2009.11.24 22:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32405/46843723

この記事へのトラックバック一覧です: 興記茶餐廳、光栄結業。:

« 「WALL・E」 | トップページ | 香港で必ず買う物 »