« 明けましておめでとうございます | トップページ | 「十月圍城」 »

ANAのビジネスクラス

 ウィーン・フィルのニューイヤー・コンサートを見て、箱根駅伝を見て、すっかりお正月である。
 しかし、昨晩はうっかりTwitterで北海道トリビアに熱中してしまい、コンサートの前半を見逃してしまった。「生寿司は北海道方言」と述べたところ反響が大きく、ついでに昨日のブログ検索キーワードのトップが「生寿司」で大笑い。まあ、北海道民にとって「生寿司」は共通語だよねえ。
 ウィーン・フィルは顔なじみのおっちゃんを探すのが楽しみなのだが、今年は「猿顔のファゴット」と「セカンド・ヴァイオリンのリーランド」しかいなくて残念である。黄門様似のプレートルのおっちゃんの指揮はよかったけどね。

 ということで、ぽちぽち香港話の続きを。
 既に書いたように、今回は大雪により出発が1日遅れで、香港滞在時間は48時間だった。1日目はとにかく用事(というか、したいことね)をすませ、2日目は比較的ぷらぷら。とにかく、香港行きの飛行機が飛び立って無事着陸するまでは安心できず。飛行機がスケジュール通り飛ぶのって奇跡的だと思う。
 二度目となると、さすがに飛行機は無事に飛び、無事羽田空港の国際線ターミナルに着いたのだが、カウンターにいきなり呼び出された。
 何事ならんと思ったら、ビジネスクラスにアップグレードとのこと。さすがに神様が(というか欠航を受けた全日空が)哀れをもよおしたらしい。
 広い座席と、雑誌を堪能。

20100102hongkong1

 普段は、飛行機でアルコールは飲まないのだが、今回ばかりはシャンパンをリクエストしちゃった。ちなみに、バックは「クヒオ大佐」を演じる堺・家定様・雅人である。

20100102hongkong2

 ごはんは、鮭の昆布締め・ふぐの焼きたたきの刺身・ホタテ貝の炙り寿司・海老のわさび風味(以上前菜)、葱味噌風味のフィレステーキとご飯、大根とじゃこのサラダ。

20100102hongkong3

 食後はマロンのパウンドケーキとコーヒー。

20100102hongkong4

 ハーゲンダッツのアイスつき。

 飛行機で飲むと酔いが回るので、九州上空あたりからでろでろになり、中国領海までゲル化してたら少し疲れがとれた。
 香港に着いたのが0:40でエアポート・エクスプレスの最終には間に合わなかったのだが、バスに乗ったときには涙が出そうでした。

|

« 明けましておめでとうございます | トップページ | 「十月圍城」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32405/47185878

この記事へのトラックバック一覧です: ANAのビジネスクラス:

« 明けましておめでとうございます | トップページ | 「十月圍城」 »