« このごろの園芸 | トップページ | 覚え書き:南インド料理のお店 »

えらいぞハッブル宇宙望遠鏡

 繰り返しになるが、繁忙期である。
 明日は5時起きの覚悟なので、早く寝るけど、その前にちょっと精神を解放したいので、録画しておいた「ハッブル宇宙望遠鏡 宇宙の始まりに挑む」を見る。もう3回目。twitterや実況掲示板で非難囂々だった芸人パートはもちろん速攻で削除してある。NHKにおいては、あのようなことは金輪際やめていただきたい。せっかくの素晴らしさがぶちこわしである。
 1990年にスペースシャトルによって打ち上げられたハッブル宇宙望遠鏡。しかし、コロンビアの事故により修理ができないと判断され廃棄が決定(それはここに書いた)、海に落とす準備が進められる中、全世界から寄せられた「ハッブルを救え!」の声。その声は議会をも動かし、NASAはハッブルの修理を決定する。その発表記者会見でスタンディング・オベーションが起こるところで何度でも泣ける。そして、修理なったハッブルから送られてくる凄い映像の数々。一方、数式で宇宙を探る試みがなされ、あらゆる方程式をぶちこみ計算すること7年、ビッグバンから2億年の暗黒を経て、暗黒物質や水素やヘリウムが集まってできたのが、とてつもなく明るい青く輝く「ファースト・スター」であることがわかる。ハッブル・ウルトラディープスペースの解析の結果、131億光年彼方の、すなわち131億年前の銀河は、明るく青い星が集まった小さないびつな固まりだった…。
 ああ、何度見ても泣いてしまう。
 また、写真がすばらしいんだ。
 ハッブル宇宙望遠鏡のことは「宇宙」カテゴリで何度か書いていて、ハッブル・ディープスペースや衝突する銀河は大好物なのである。NASAのサイトに行くと、ハッブルのサイトがあるのよ。

20100412hubble1

「image」の「galaxy」のページに行くと、もう息が止まりそうになる。ダウンロードさせてくれるなんて、なんて太っ腹な。NASAさん本当にありがとう。
 人間、遠くを見ることは必要だなあ。アメリカは有人宇宙計画を中止すべきではないと思うのだが。

|

« このごろの園芸 | トップページ | 覚え書き:南インド料理のお店 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32405/48070014

この記事へのトラックバック一覧です: えらいぞハッブル宇宙望遠鏡:

« このごろの園芸 | トップページ | 覚え書き:南インド料理のお店 »