« 『aruco 香港』 | トップページ | 「スター・トレック劇場版」(新しい方) »

『巴里の空の下オムレツのにおいは流れる』

 石井好子さんが2010年7月18日に亡くなった。肝不全で87歳とのこと。
 シャンソン歌手としてはよく存じ上げていなかったのだが、書かれた本にはとてもお世話になった。

 

 両方ともぼろぼろだが、特にお世話になったのは、『巴里の空の下オムレツのにおいは流れる』。前にも書いたことがあるのだが、中学高校の時は学校の寮(『クララ白書』のモデルになった寄宿舎)に入っていて、特に中学生のときは占有できる本棚は幅50センチ足らず。所持する本は厳選に厳選を重ねるのだが、その中で、不動の地位を保っていたのがこの本だった。ちなみに、残る定番王は、伊丹十三『女たちよ!』『ヨーロッパ退屈日記』、森茉莉『贅沢貧乏』、荻昌弘『男のだいどこ』…要するに昔から食い意地が張っていたわけです。
 ほんとうに、もう何度も何度も何度も読んだ。
 パリで下宿していたときにマダムが作ってくれたオムレツとか、レタスのサラダを工夫してくれたとか、パリで歌っていたときに食べた「ウェベールの卵(いっぺん作ってみたいが自信がない)」「ステーク・タルタル」「グラティネ」、スパゲティソースの作り方、しゃぶしゃぶ、フォンデュ、お夜食のいろいろ、など、暗記しているぐらい。
 『東京の空の下オムレツのにおいは流れる』では、ご主人とお父様とが続けて亡くなったことが書かれているのだが、いまごろは再会していらしゃるだろうか。
 石井さん、ありがとうございました。謹んでご冥福をお祈りいたします。

|

« 『aruco 香港』 | トップページ | 「スター・トレック劇場版」(新しい方) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32405/48969913

この記事へのトラックバック一覧です: 『巴里の空の下オムレツのにおいは流れる』:

« 『aruco 香港』 | トップページ | 「スター・トレック劇場版」(新しい方) »