« ついに総員待避 | トップページ | 動物でなごんでみる »

香港のお茶事情2010年9月

 香港のセブンイレブンにて。

20101021cha1

 何が驚いたといって、ペットボトルの高級中国茶が増えていたことである。大紅袍とか極尚烏龍茶(高山茶らしい0)とか紅烏龍とか白烏龍とか白茶とか。かつてはペットボトルのお茶と言えば緑茶といえどもことごとく砂糖が入っていたことを考えるとしみじみする。メーカーは同じ道坊だったりネスレだったり。中国茶は大衆化しているんだなあ。

20101021cha2

 こちらは、以前行ったことがある新星茶荘。前に行ったのは5年も前だったのか。
 値段は5年前と変わりなく、60ドルのぽーれい茶(プーアル茶)の中からお勧めのを教えてもらって飲んだ。97年のお茶だったかな。

20101021cha3

 窓の外の景色は相変わらず。現代の山水画。

 しかし、お店の雰囲気はちょっと変化していて、前は地元の方がけっこう来ていたという印象なのだが、今回は、お休みだというのにお客はあまり多くはなく(というかほとんどおらず)、店の人は普通語でずっとおしゃべりをしており、途中で入ってきた相客は日本人と香港人のカップルだった。
 
20101021cha4

 3GをいいことにiPadをいじりたおしたりしていたのだが、お菓子もちょっとグレードダウンしたかなあ。
 人の多い香港にあって、茶館は静かに過ごせる貴重な場所だと思うのだが、地元の人が少ないということは、やっぱり不況の影響を被っているのだろうか。健闘を祈るばかりである。

|

« ついに総員待避 | トップページ | 動物でなごんでみる »

コメント

えぇーーー???
香港のペットボトルのお茶ってもう砂糖入ってないんですか~(*^o^*)/
カンボジアのはまだ砂糖入りのお茶ですよ~笑。

投稿: わしじゃ! | 2010.10.22 09:35

そうなんですよ!
最近は無糖のお茶が多いんですよ。昔は、知らずに飲んで
「うっ」ということがあったものですが(たしかラベルのマークの赤いのが加糖だった記憶が)。
香港のお茶飲料は日本の影響を強く受けているような気がします。その前は、甘いのがごちそうということなんでしょうね。カンボジアも。

投稿: きたきつね | 2010.10.22 23:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32405/49808383

この記事へのトラックバック一覧です: 香港のお茶事情2010年9月:

« ついに総員待避 | トップページ | 動物でなごんでみる »