« 湾仔で泊まりたいホテル | トップページ | おとんのお茶で毒消し(10春茶茶友募集中) »

霧の日の正骨水湯

 2日空いてしまいました。
 実は、繁忙期もなけなわのこの時期に、2日間山ごもりだったのだった。定期演奏会前の合宿で。
 そしたら。

20101011a

 すんごい霧。こんな霧は久々。
 何だか「ミスト」を思い出してしまった。

 後味が悪いことで評判らしいのだが、なんというか「希望を持ち続けるには根性がいる」という感じの映画。同じ監督の「ショーシャンクの空に」と実は同じテーマなんじゃないかと思う。
 あまり霧がすごいので、霧の向こうから、あの「足の長いヒト」が出てくるような気がしました。こなかったけど。
 曲の中にけっこう消耗するのがあって、どこをどうしたものか腕が筋肉痛に。そんなに変な弾き方はしていないはずなのだが。
 そこで。

20101011b

 帰ってきて正骨水をお風呂に入れました。
 こちらにも書いたことがあるのだが、本来は肩こりに塗るアンメルツみたいな用途だと思うのだが、疲れたときの贅沢用に香港でまとめて買ってある。
 30ccを1本湯船に投入。凝っているところに、じわじわ浸みてくる。今回は何故か初めは背骨のてっぺんから背中に浸みてきた。お湯が全然熱く感じなくて、むしろ寒く感じるのよね。つい顔をこすってしまうと目に沁みるので、傷があるときや粘膜が弱い場合には勧めません。
 
 お風呂に入ってぐうぐう寝て、今日はこれから1日仕事なんである。

|

« 湾仔で泊まりたいホテル | トップページ | おとんのお茶で毒消し(10春茶茶友募集中) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32405/49709127

この記事へのトラックバック一覧です: 霧の日の正骨水湯:

« 湾仔で泊まりたいホテル | トップページ | おとんのお茶で毒消し(10春茶茶友募集中) »