« ビリヤニ風 | トップページ | Watsonsにて »

えらいぞチャンギ空港

 こちらの続き。
 シンガポールのチャンギ空港(サイトはこちら。日本語ページはなくなったらしい)はハブ空港として名高く、行くのが楽しみだった。
 なにがすごいって、乗り換え客に対する配慮である。トランジット客専用のシンガポールフリーツアーまである。トランジットホテルで休む方を選んだので、行かなかったんだけどね。市内までの無料バスもあるし。乗り換え時間別おすすめプランというのもある。

20101120airport5

 これは制限区域内への出発ゲートなのだが、ここでの手続きはとても簡単。セキュリティチェックは搭乗ゲートの手前で行われる(だからお店で液体物を買っても持ち込めないかもしれない)。
 
20101120airport1

 制限区域内はお店もお休みどころもたくさん。

20101120airport2

 コンビニもあるし。

20101120airport3

 マッサージ屋もあるし(徹夜フライト明けで転がり込んで足マッサージをしてもらっているところ)。プールもあるし、ゲームコーナーもフリーでネットが使えるところもある。

20101120airport4

 これは入国ゲートなのだが、広くて笑った。
 一方、新装なった新千歳空港の国際線ターミナル、入国カウンター(特に外国人向け)が足りなくて、飛行機が満員で同時に何本も着くと(そういうことがままあるのよ。台湾便と韓国便同着とか)1時間以上並ぶ羽目になるのだった(案内担当の税関のおじさんが「もう限界です」と疲労困憊していた)。
 成田はねえ、制限区域内のお店がお土産屋と高い店しかないし、国内線への乗り継ぎがあまりにもしょぼすぎる。待合室なんて椅子もなかった(みんな疲れているのに立ちっぱなし)。
 世界のハブ空港を目指すとかいうなら、利用者目線の想像力って大切だと思うんだよね。
 乗り換えるならチャンギ空港にしようと思うもの。

|

« ビリヤニ風 | トップページ | Watsonsにて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32405/50107699

この記事へのトラックバック一覧です: えらいぞチャンギ空港:

« ビリヤニ風 | トップページ | Watsonsにて »