« 白宮冰室 | トップページ | 今年もお世話になりました »

衙前圍村

 一日半ほど寝込みました。香港話つづき。

 帰って来てから、ここに行くのを忘れたことを思い出した。これから行けるかなあ。

 さて、今回の香港で、場所が近いこともあって行こうと思っていたところがあった。『香港路線バスの旅』に出てきた、九龍城の北にある塀で囲われた古い村。土地の売却が決まっていて、村の寄り合いに著者の小柳さんが出たという話だった。
 地図で見ると、九龍城塞公園の東北の角の門から歩いて行けそうだったので、行ってみた。

20101230hongkong1

 団地の中を抜けていくと。

20101230hongkong2

 なるほど、建物が低くなっている一角があって。

20101230hongkong3

 ここらしい。
 『香港街道地方指南』だと「黄大仙」(2011年版だと49ページ)の「6G」。彩虹道から川を渡った西側。

20101230hongkong4

 入ってみました。

20101230hongkong5

 元はこんな石造りだったと思われる。

20101230hongkong6

 しかし、ほとんどは塀で囲われていて、もう人は住んでいないようだった。

Img_8701

 家と家の間はこんな感じ。

20101230hongkong7

 突き当たりの天后廟は生きていたのでお参りしてきた。
 通路に立っていたおっちゃんに思いっきりいぶかしげに見られてしまい、何も言わずに出てきてしまったのだが、お話ししてみればよかったなあ。入り口の門の上の部屋からは談笑する声が聞こえてきていて、元の住人の方がいそうだったし。

20101230hongkong8

 重機の姿が見えていたので、もしかすると、そろそろ取り壊しにかかるのだろうか。

|

« 白宮冰室 | トップページ | 今年もお世話になりました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32405/50444260

この記事へのトラックバック一覧です: 衙前圍村:

« 白宮冰室 | トップページ | 今年もお世話になりました »