« 「1911」のあとに「新少林寺」を見た | トップページ | 「意外(アクシデント)」 »

インド映画ですから「Kambakht Ishq(スタローン in ハリウッド・トラブル)」

 気がついてみると「下書き」記事がたくさんたまってしまっていたので、少しずつ放出することにする。

 これは、こちらで紹介した映画。日本版DVDが出ている数少ないインド映画のひとつである。

20101123movie

 アマゾンのジャケット写真にはなかったのに、こんなことが書いてあった。くどいですが、ゲストですから。邦題は「スタローン in ハリウッド・トラブル」だけどさ。
 タイトルソング。原題の「Kambakht Ishq」とは「恋愛なんかくそくらえ」という意味らしい。

  ハリウッドでスタントマンをしているアクシャイ・クマールの弟と、外科医でモデル(時間のやりくりが大変そうだ)のカリーナ・カプールの妹が電撃結婚することになり、大反対するアクシャイとカリーナ。カリーナがスタントマンの仕事を馬鹿にしたことから犬猿の仲になるのだが、ことあるごとに出くわしてしまう2人…という話。
 ゲストでスタローンやデニス・リチャーズが出るし、アクシャイがスタントをつとめる俳優ということでスーパーマン俳優も出るし、何かの賞の流用だと思うのだが、レッドカーペットシーンでスターがいっぱい出てくる。
 在外インド人の話なんだけど、むかしだったら、インド人のアイデンティティが出てくるんだけどね(K3Gもそうだ)、そんなもんはかけらも出てこない。難しいことはなーんにも考えない娯楽映画。舞台は主にロスアンジェルスで、ロケでイタリアに行くのだが、考えてみると、昔から歌舞音曲シーンではスイスロケとかヨーロッパロケは当たり前(トルコロケとかエジプトロケも何気なくやってる)なので、海外ロケには違和感なし。アメリカに住むのは当たり前!という感じ。絵面もおされ。まあボリウッド映画は夢を売っているところもあるけど。
 アクシャイ(でへへと笑うと人がよくなるけど、サングラスをかけると強面)のスタントシーンとか、カリーナがとってもきれいとか(「DON」で踊るシーンは香港人に爆笑されたらしいが)見どころもいろいろ。個人的には、縁起物をいろいろ持ってくる親戚のキロン・ケール(「Om Shanti Om」のお母さん)、初手術にそんなもんをつけてていいのかカリーナ、自分の腹の中のことぐらい気がつけよアクシャイ、アレがいつ鳴るかいつ鳴るかと思ったらああやっぱり、というあたりがツボであった。なんでわからないんだカリーナ。あと、インド映画なのに思いっきりキスシーンが出てきたので驚いた(滅多にないのだ)。

 音楽ダンスもなかなかグッドです。

 インド映画の日本版DVDが出るのはめでたいのだが、日本語字幕版があるはずの「Om Shanti Om」とか「Deli 6(デリー6)」「3 Idiots(3バカに乾杯!)」の日本版DVDを出してはもらえないでしょうかねえ。「Om Shanti Om」なんか、ぜったいヒットすると思うんだけどなあ。「3 Idiots(3バカに乾杯!)」も台湾や香港でロングランなのに。

|

« 「1911」のあとに「新少林寺」を見た | トップページ | 「意外(アクシデント)」 »

コメント

やっとみました。
有るんですねえ。こういうインド映画がDVDになって日本版で。

そうそう。曲がかっこいいのですよね。

そして、カリーナのアクセサリーじゃらじゃら外科手術、おなじく見ながら突っ込みました。
カリーナ、これでは(「は」?!)とっても綺麗ですしね。

キスシーンも、しかも、アクシャイとカリーナが!ってんであたしも仰天。

あのおばさまはキロン・ケールって読むんですね。どう読むのか分からなかったです。
そうかあ。OM SHANTI OMのお母さんか。

OM・・・とか、3バカとか公開してほしいですよね。
インド映画=おバカ映画の公式、そろそろやめてほしいわ。
この作品のところで、こういうのもなんですが・・。

3バカとか、又、おバカ!と思いこんでおびき寄せて、見に来た人にガツンと感じてほしいんだけどなあ。

投稿: やっほー | 2012.05.17 19:34

お返事が遅くなりました。
これ、なんで日本でDVDが出たのかなあと思うのですが、やっぱりスタローンが出ているせいでしょうか。
もっと面白いのがたーくさんあるので、是非公開してほしいです、ほんとに。
ちなみに、キロン・ケールのご夫君はアヌパム・ケールという「インド映画でおとうちゃんといえばこの人!」という有名な俳優さんです。
 http://www.google.co.jp/search?tbm=isch&hl=ja&source=hp&biw=1216&bih=826&q=anupam+kher&gbv=2&oq=anupam&aq=0L&aqi=g-L10&aql=&gs_l=img.1.0.0i19l10.1380.4108.0.6702.6.5.0.1.1.0.130.453.4j1.5.0...0.0.4Ib-BYuNItQ

投稿: きたきつね | 2012.05.19 23:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32405/50108033

この記事へのトラックバック一覧です: インド映画ですから「Kambakht Ishq(スタローン in ハリウッド・トラブル)」:

« 「1911」のあとに「新少林寺」を見た | トップページ | 「意外(アクシデント)」 »