« 秋田犬、プーチンにもらわれる | トップページ | 「去年煙花特別多」(香港返還15周年) »

「Ra One(ラ・ワン)」試写会 on ニコニコ生放送

 しんどい日が続いているのであるが。
 締切とか薄氷状態なのだが。

 でも、みちゃったもんね。
 キング・オブ・ボリウッドであるところのシャールク・カーン主演「Ra One(ラ・ワン)」の試写会がニコニコ生放送であったのである。
 東京では「1円試写会」が複数回開かれていることは知っていたのだが、東京じゃ行けないし…と思ったら、ネットなら見られるではないか。
 実は、当初は心配だったのである。
 だって、こんなに試写会で大盤振る舞いしたら、劇場で公開したときに行く人がいなくなりそうではないか。
 しかし、実際に見てみると、(1円試写会はともかく)ニコ動の試写会はそんなに悪くないような気がしてきた。
 他の人のコメント見ながら見るのは楽しいし(特にあの手のインド映画は!)、コメントで画面が埋まるし、画面を大きくすると画質が悪くなるし。
 あれはスクリーンでもう一度見たいという気持ちになる。
 これがまたいい映画なんだ。
 最初に出てくるシャールクはくるくるパーマ頭(「大泉洋」と言われていた)で、ちょっとお馬鹿さんドジっ子で「え?」という感じなのだが、後半ものすごーくかっこよくなる(なぜそうなるかは映画をみてほしい。ぜひ)。でもって、これは父子の話で、泣けるんだこれが。奥さん(お母さん)役のカリーナ・カプールもいいんだ。
 正直なところ、お話としては「Robot」よりずっと上だと思う。なにせ「Robot」は登場人物に感情移入できなかったので。こっちは何回でも見たいもんなあ。
 敵役のアルジュン・ランパールがかっこいいのが一際うれしかった。アルジュン、好きなんだけどね。あまり役に恵まれないような気がするのね(あ、「Rock on !」はいい)。しかし、今回のアルジュンはかっこよかった!できれば、今度は主役で見たいなあ。ニコ生のコメントで「阿部寛に似ている」という声が多数あり、いままで思ったこともなかったのだが、そうかもしれないと言う気もする。こちらはアルジュンとシャールクのプロモーションの動画。

 余談ですが、アルジュンを見初めたのは、「Om Shanti Om」のコレ。2番目に出てくるウィンクしている人です。このウィンクにやられた。このエンドロールは、スタッフもみんな楽しそうで大好きだ(カメラさんや照明さんが踊りまくっているのを見て、インド人はみんな踊れるのだなあと思った)。


 
 「Ra One」もある意味「Om Shanti Om」に似ているところがあるよね(詳しくは劇場で)。

 随所に他の映画へのオマージュがあり、これは絶対「少林サッカー」だろう!というところでは手を叩いて大爆笑してしまった(家で見てたし)。ラジニが出てくるところもマグネットが全開するところから大笑い。意外と出番長かったねえ。尊敬されまくっているのね、ラジニ。
 エンドロールがメイキングだったのが、往年の香港映画っぽくてよかったなあ。
 見終わってから、動画を探して、一緒に踊りました。

 再生回数が1600万回を越えているのにびっくりだ。

 ニコ生の終了後アンケートでは「とてもよかった」が80%を越えていた、よかったよかった。
 ああ、早く札幌でも劇場公開してほしい。
 ブルーレイも買うので、ぜったい出してください。
 みなさまも、是非劇場へ。そして、インド映画をもっともっと公開してくださいませ>関係各位。

【追記】

 これ見ると、なぜか「大泉洋」だった頃のシャールクが懐かしくなって泣けるんだよねえ。シャールクはすかしきった役より、ちょっとお馬鹿さんな役も上手いと思う(まあ、やってるんだけどさ)。

【さらに追記】
 ついにスクリーンで観ました。詳細はこちらに。

|

« 秋田犬、プーチンにもらわれる | トップページ | 「去年煙花特別多」(香港返還15周年) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32405/55081690

この記事へのトラックバック一覧です: 「Ra One(ラ・ワン)」試写会 on ニコニコ生放送:

« 秋田犬、プーチンにもらわれる | トップページ | 「去年煙花特別多」(香港返還15周年) »