« 「低俗喜劇」 | トップページ | 「Don」アミターブ版vs.シャールク版 »

香港の誠品書店

 誠品書店は台湾の本屋さんである。台湾でも好きな場所のひとつ。
 その誠品書店が香港にできたので、その後の用事が近いところだったのを幸い、朝一番に行った。

20120905hongkong1

  MTR銅鑼湾直結。F2出口から出る。
 希慎商場の8階から10階を独占。

20120905hongkong2

 今回の香港ではあまり買い物をしないつもりでいたのだが、いったい私にどうしろとという状態になる。
 ちなみに、店内には随所に椅子があり、この写真は椅子に座りながら撮った。香港関連の写真集が読みまくれる最高のポジション。

20120905hongkong3 20120905hongkong4

 九龍皇帝の作品写真集がほしいと思っていたら、ほんとに出てた。360ドル。
 その上にぽんと乗っかっていた「角の丸いビル」の写真集。295ドル。迷わずお買い上げ。建築年や設計者も載っている。1950年代末から1960年代に建てられているんだなあ。無くなってしまった建物に心痛む。
 上の写真の石硤尾の写真集も買った。

20120905hongkong5 20120905hongkong6

 映画関係の本。ピーター・チャン監督と関係者のインタビュー集、映画の紹介と評論付き。まっさきに読んだのはサンドラ・ンのインタビューだったり。隣は、アンディ・ラウによる「桃姐」の撮影日記。

  20120905hongkong7

 アン・ホイ監督の本も買った。厚い。
 1000ドル以上買うと誠品書店の会員になれて、その場で10パーセント引きになったのであった。

20120905hongkong8

 カフェがついているのが偉いのだが、高いです。珈琲75ドル。梨山高山茶にしたら120ドル。いいお茶で、ポットサービスではあるのだが、ポットの中に茶葉がないのが釈然としない。まあ、高くしないと混んで大変だとは思う。
 香港に来たらまた来よう…と思うのだが、商務印書館など元からある香港の本屋さんは脅威だろうなあ。
 お店のサイトはこちらに。

|

« 「低俗喜劇」 | トップページ | 「Don」アミターブ版vs.シャールク版 »

コメント

こんにちは、楽しんでいらっしゃいますか?
今年は仕事が忙しくて、香港はおろか実家に帰省すらできず、お盆返上で働いておりました。まだまだ多忙でございます。
アップしてくださった写真で、心慰めてまた明日も頑張って働きますぅ・・・
最近は香港の書籍、ホント充実していて、うっかり書店に脚を踏み入れると、抜け出せなくなりますよね。
あああ、恋しいよう・・・

投稿: faatming | 2012.09.06 21:58

時代広場のpage oneもここが香港?という静かめの空気が素敵ですよね。
さて、久しぶりにお邪魔したら、久方振りの怒涛の香港シリーズ嬉しゅうございます。
私も香港に行き始めて初めての長い空白期間中ですが、ふふふ、この訪問記を拝見して再訪したくなって来ました。
ところで、生活の基本は中医の冷え取りの私が、この夏はアーユルヴェーダの暑さ対策になびいています。これもこちらの影響かも知れません。多謝多謝!今度香港に行ったらインドコスメの物色も、と目論んでおります。なにか面白げなモノに出会われた折にはぜひ御紹介ください。

投稿: TokyoSue | 2012.09.08 00:42

お返事が遅くなりました。
faatmingさん
香港から戻ってきて早1週間になりました。戦利品に心慰められる今日このごろです。
香港の本屋さんは探せばずいぶんいろいろあるので、いいところだなあと思います。
TokyoSueさん
ごぶさたしています。
アユールヴェーダ!実は興味があるのですが、なかなか手が出せていません。重慶マンションのインドスーパーにそれ系のものが若干並んでいるのですが(基礎化粧品も若干)、そこ以外にもあるかどうか探索課題ですね。
インドのマニングスには、かなりその系統のものがあったりしますし、アユールヴェーダが売りの宿泊施設もあるので、将来は是非行ってみたいものだと思っています。
香港での物色がかなったら是非教えてくださいね。

投稿: きたきつね | 2012.09.08 14:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32405/55589468

この記事へのトラックバック一覧です: 香港の誠品書店:

« 「低俗喜劇」 | トップページ | 「Don」アミターブ版vs.シャールク版 »