« 「Don」アミターブ版vs.シャールク版 | トップページ | 鏞記酒家でごはんを食べる »

四季煲仔飯

 香港で親族の集いに混ぜていただいた。
 連れて行ってもらった先は

20120911hongkong1

 四季煲仔飯!ぽうちゃいふぁん!
 前から行ってみたかったのである。連れて行っていただいて、やっと場所がわかった。廟街の2本ネーザンロード側、天后廟の北側の「源記」の1本ネーザン側の通りを北に入る。しょっちゅう検索がきていたのは場所がわかりにくかったからなのだなあ。openriceの記事と地図はこちら

20120911hongkong2

 冬の風物詩の煲仔飯が夏でも食べられるのであるが、

20120911hongkong3

 もうひとつ有名なのは蠔餅。牡蠣のかきあげ。
 卓上の胡椒(ペットボトルに入ってる)をかけて食べる。煲仔飯のたれもペットボトルに入っている。
 みなさんの目的はこの蠔餅だったよう(ご飯も食べたけど)。

20120911hongkong4b

 壁のメニュー(拡大可)。
 煲仔飯31ドル。具が3種類になると38ドル。
 各種野菜は11ドル。
 飲み物は持ち込みで、みなさん近所に買いに行ってた。

|

« 「Don」アミターブ版vs.シャールク版 | トップページ | 鏞記酒家でごはんを食べる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32405/55617662

この記事へのトラックバック一覧です: 四季煲仔飯:

« 「Don」アミターブ版vs.シャールク版 | トップページ | 鏞記酒家でごはんを食べる »