« 「打擂台」日本語字幕版 | トップページ | ANAの機内でインド映画:1本目「Bol Bachchan」 »

「Om shanti Om(恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム)」を札幌で観る

 ついに、この日がやってきた。
 苦節6年、「Om Shanti Om」が、札幌公開されたのである。
 東京で初日に観てはいるのだけれど、シアターキノにて1日1回(火曜を除き18:15から)昨日から1週間のみであるけれど、「Ra. One」は札幌に来なかったことを考えると、本当に感慨深い。
 昨日は用事で行けなかったので、今日走って行きました。
 日曜の夜だったけど20人以上入ってた。

 泣いた。
 リンクを張るのに読み返してみたら、東京でも泣いているのだが、やっぱり、冒頭のエロス・エンターテインメントとレッド・チリのロゴで目頭が熱くなり、

 ディーピカちゃんの美しさと幸せそうなシャールクに泣き。
 スピーチ(2回とも)と「年取ったなあ」「君は変わらないよ」で泣くのは相変わらずなのだが、まさか、

 この曲で泣くとは思わなかった。
 まちがいなく動画における最多再生歌舞音曲シーンなのだが、泣いたことは一度もなかったのに。しかし、もうね、札幌のスクリーンに、リティクが、ラニが、カージョルが、ヴィディヤが、サンジャイ兄貴が、アクシャイが、スニール・シェッティーが、ミトゥンさんが、レーカー様が…と思うと(サルマンとタッブーとプリヤンカ様と大バッチャンは来てる)、長らく小さいパソコンの画面で見ていたのが札幌のスクリーンで…と思うと、泣けてしょうがなかった。
 大好きなエンディングも気がついたら泣いていて、「この楽しそうなおっちゃんたちが札幌のスクリーンで…」とか、「ついに札幌で観られたのだなあ」と思ったのだと思う。最初にDVDで見て「日本で公開してほしい」と書いてから、5年経っているもんね。
 あと、「舞い上がる花粉(としか聞こえない)」は「本当にいいやつだなパプー!」とか。またディーピカちゃんがきれいなんだ。

 東京の上映はお祭りだったので気がついていなかったこともたくさんあって、「Dard-E-Disco」の映画監督のヒロイン(泉ピン子似)はパパ監督の彼女だったとか、フィルムフェア授賞式のリシ・カプールとスパーシ・ガイ監督が出てくるところで初めに出てきた「Karz」の音楽がかかっているとか、30年後のシーンの最初でバイクに乗って現れたシャールクのTシャツに「Who Cares」と書いてあるとか現場に入ったらシャツが違うとか、「輪廻転生の映画出たことあるよ、双子で死んじゃって、生き返って復讐するんだよね(うろ覚えだけど「カランとアルジュン」だ)」とか、ああ、やっぱり、スクリーンは、日本語字幕(松岡環さん!)はいいわあ。
 30年前のシーン、ムケーシュの手下が来なかったら石でガラスが割れて2人とも死ななくて済んだんだなあ。
 シャールクのにせ主役シーンの虎のぬいぐるみは、むしろほしくなった。それにしても、親子監督の映画や「Mohabbat Man」はひどい映画だと思う。「ムケーシュにいけずしまくる歌」もあまりにもそのまんますぎるんじゃ。まあ直截すぎたことでムケーシュにばれて、結果的には目的が遂げられたんだけどね。シャンデリアが1回目に落ちてきた後、倒れたプロデューサーを放っておいて客がみんな帰るか?とも思ったのだが、まあ、心から望めば全宇宙が協力してくれるのであろう。

 日ごろは家で勝手に見ているせいか、黙って座っておとなしく見ることがどうにもできず、周囲の迷惑にならないよう(なっていないと信じたい)、口パクで一緒に歌ったり(上半身は踊っていたかもしれん)、豪華ゲストに手を振ったり、こっそり拍手したりしてしまった。
 せめて、「Dard-E-Disco」なんかは「きゃーっ!」とか言いたかったんだけどなあ。マサラ上映は札幌では難しいだろうけれども。
 でも、札幌で観られて、本当によかった。
 幸い、繁忙期のピークは過ぎたので、また仕事の後行ければいいな。
 ちなみに、これは「インド映画」カテゴリ100本目の記事なのでした。

|

« 「打擂台」日本語字幕版 | トップページ | ANAの機内でインド映画:1本目「Bol Bachchan」 »

コメント

インド映画カテゴリー、100本目、おめでとうございます。
しかも、それがOSOなんて!!

そちらでも公開が始まったのですね。

きたきつねさんのレビューを読ませていただきながら、あたしも鼻の奥がツーンとしました。

そちらのお客さんの反応はいかがでしたか?

投稿: やっほー | 2013.08.06 16:51

お返事が遅くなりました。
ありがとうございます!実は100本目はコレと決めていました。
実は、今日も行ってきたのですが、レディースデーのためか、混んでいました!上映後パンフレットも売れてました。
「逃げろー」など脇役で目立つところとか、ムケーシュが意地悪されるところとか、結構笑いも起こっていました。
1週間だけの上映なのが何とも残念です。長くやってくれたら何度も行けるのに…。

投稿: きたきつね | 2013.08.08 23:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32405/57928763

この記事へのトラックバック一覧です: 「Om shanti Om(恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム)」を札幌で観る:

« 「打擂台」日本語字幕版 | トップページ | ANAの機内でインド映画:1本目「Bol Bachchan」 »