« 林峰男チェロコンサートのお知らせ 2014 | トップページ | 『銅雀台(曹操暗殺 三国志外伝)』 »

『The Lunchbox(美味情書)』を香港で観た!

 うちのイルファン・カーンが主演で日本公開も決まっているインド映画『The Lunchbox』を香港で観ることができました。3月6日に始まっていて間に合わないと思っていたので、とてもとても嬉しい。

 香港版ポスター。

20140507lunchboxhk

 香港版予告編♪

 料理のシーンが多いような気がする。インド版の予告編も好きだけど、香港版のほうが好きかもしれない。
 香港版は英語と繁体字の字幕がつくし。
 こちらに書いたのだが、自分が持っている重慶版DVDはけっこうな割合で字幕がなくて、手紙で話がすすむこともあってストーリーがよくわからなかったのである。
 だがしかし。

 完全な中英字幕で!
 大きいスクリーンで!
 香港で!

 うちのイルファン・カーンのインド映画主演作が観られて、ああ嬉しい。
 けっして幸せではないサージャン(イルファンの役名)が、最初は仏頂面だったのが、徐々に徐々に嬉しそうな顔に変わっていくのが、とてもよい。さすが演技の上手いイルファンである。予告編にある「10年若返って見えますよ」のシーンは、もうかなーり嬉しそうなのね。あるニュースを聞いて、本気でイラのことを心配するところも上手い(その手紙の返事で、イラが「彼女は金の装身具を全部外したんだろうか」というのが実は伏線になっている)。
 部下役のナワーズッディン・シディッキーも上手くてね。やっぱり孤独な役で、最初は逃げまくっているイルファンに「もういいです」とか言っちゃうんだけどね。当初は表面的ににこにこしているだけだったのが、だんだん本当に打ち解けてくるのがよかった。
 サージャンの隣の席のおっさんのいぶかしげな顔もツボ。
 イラはお弁当が入れ違っているのは初日に気づいたのだけれど、手紙を入れて返ってきた返事が「今日はしょっぱかった」だけだったので、おばさんの入れ知恵で唐辛子たっぷりにし、その結果イルファンはバナナを食べることになり(やっぱりバナナは辛さを和らげるのだな)、それで「バナナだけで昼食をすませる人がいる」ことに気がついたことがきっかけで、孤独な部下といっしょにお弁当を食べることになるんだなあ。
 おばさんも実は大変な人生を送っている人であった。
 サージャンもイラも、その後の幸を祈らずにはいられない。
 ああ、日本でもスクリーンで観たい。心から。

 それにしても『美味情書』っていいタイトルである。この映画は日本公開が決まっているのだが、邦題(なかなか覚えられない)よりずっといいと思う。
 ちなみに、イルファン・カーンは中国語で「伊凡卡漢」と書くのであった。

【追記】
 2014年8月16日に札幌で公開されました。記事はこちら

|

« 林峰男チェロコンサートのお知らせ 2014 | トップページ | 『銅雀台(曹操暗殺 三国志外伝)』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32405/59603814

この記事へのトラックバック一覧です: 『The Lunchbox(美味情書)』を香港で観た!:

« 林峰男チェロコンサートのお知らせ 2014 | トップページ | 『銅雀台(曹操暗殺 三国志外伝)』 »