« タミル映画も見たいぞ『Padayappa(パダヤッパ)』(1999) | トップページ | 実はO.ヘンリーなインド映画『Lootera』(2013)(髭は大事) »

『マッキー(Makkhi:Eega)』

 まだ仕事は終わっていないけど、気分転換。

 昨年日本公開されたインド映画のうち、これだけ感想を書いていなかった。これだけ札幌のスクリーンで見られなかったのだった。唯一のテルグ映画だったのだけれどね(ヒンディー語吹き替えだけど)。

 日本版予告編。

 テルグ語版。

 「Eega」の発音は「いーが」なのね。
 ちなみに、マラヤーラム語では「Eecha」というらしい(Youtubeで知った)。
 これはマラヤーラム語版の予告。

 それぞれ趣がちがいますな。

 ジャニはビンドゥが好きだったのだが、「女が俺になびかないのはお前のせい」と逆恨みされてスディープに殺されてしまう。しかし、ジャニは蠅として転生し、ビンドゥと共にスディープに復讐するのだった…というお話。
 で、いいんだよね。突き抜けたストーリー展開である。
 予告を見たときに、これは『ロボット』でチッティが蚊語で恫喝する蚊のラングスキーの発展形だと思ったら、同じスタッフなんですってね。
 うーん。
 ジャニのキャラクターがどうしても駄目で。このしつこさは…と思っていたら蠅になっても全然違和感がなかった。何か違うと思ったら、蠅のあの吸盤のようににゅーっと伸びる口がないのね。
 で、ビンドゥ、ジャニの生前はさんざん冷たくしておいて、「からかってごめんなさい」と改心するのはいいのだが、蠅になったジャニといっしょに乗り乗りで「殺してしまいましょう!」となるのは、それは人としてどうなんですか。
 というか、主役はスディープじゃないんですか、これ。
 たしかに、女がなびかないぐらいで殺してしまうのはどうかと思うけど、声もよし(ヒンディー語も本人吹き替えとのこと)、顔もよし、後半はCG相手の実質一人芝居で演技もよし。
 個人的には、これはスディープ様鑑賞映画なのだった。

 ヒンディー映画にはない突き抜け方が楽しい映画ではあった。
 今年は『バードシャーテルグの皇帝』(予告編はこちら、公式サイトはこちら)と『あなたがいてこそ』(予告編はこちら、公式サイトはこちら)とテルグ映画が2本日本公開されるとのことで、札幌公開はまだわからないのだが、これも見たいなあ。
 それにしても、日本のインド映画公開の勢い、今年も昨年に続いてすごくないですか。これが続いてほしい!と心から思う。
 だって、インド映画は面白いんだもの。

|

« タミル映画も見たいぞ『Padayappa(パダヤッパ)』(1999) | トップページ | 実はO.ヘンリーなインド映画『Lootera』(2013)(髭は大事) »

コメント

そちらでは劇場公開がなかったのですか・・・。
残念です。

私がこんなことになってしまったのも去年初めにこれをYOUTUBEで見てからななので、こうして日本で見られるなんて夢のようでした。

この作品が自分にとって1本目のSudeep作品でしたが、ほぼ全作品見てから改めて見直してみると、Rajamourli監督が、いかにこれまでの彼の魅力を最大限に生かしつつ今までにないSudeep作品に仕上げてくれたかわかり、改めて監督の手腕に唸りました。

その監督の「あなたがいてこそ」が日本語字幕で見られるなんて嬉しいです。

なんだったらこの際Rajamaouli監督作品一挙公開!!とかにならないかしら。

あ、「様」つけてくださってる^^

投稿: やっほー | 2014.07.22 21:03

わー、さっそくコメントありがとうございます。
劇場公開、あったかもしれないのですが、とにかく行けなかったんですよ。
「こんなこと」で思わず笑ってしまったのですが(それにしても、すごいですよね!しかも、ほぼ全作品ごらんになったんですね)、これはスディープ様作品として見るべきだと思います。
考えてみると、『Rahkt Charitra』は見ているんですが、そのときにはスディープ様が出ているとは気がつかなかったのでした(今、見直し中です)。

投稿: きたきつね | 2014.07.22 22:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32405/60026956

この記事へのトラックバック一覧です: 『マッキー(Makkhi:Eega)』:

« タミル映画も見たいぞ『Padayappa(パダヤッパ)』(1999) | トップページ | 実はO.ヘンリーなインド映画『Lootera』(2013)(髭は大事) »