« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月

獅子山 真の普通選挙を求める

 相変わらず余裕のない日々ですが、感動した!というか、りんご新聞の雨傘革命実況動画で見たときには、何が起こったのかわからなかった。

 香港精神の象徴、獅子山に黄色のリボンならぬ巨大な垂れ幕が掲げられたのである。サイズは6メートル×28メートルとのこと。

 BGMはビヨンドの理想を追い求めるあの歌です。

 りんご新聞による空撮映像。

 BGMは香港人心の歌「獅子山下」。
 以前こちらの記事でご紹介したことがある。
 これです。

 何回かご紹介している動画で、大好きというより見ると結構な確率で涙してしまうのだが、数あるバージョンの中でもっとも再生率の高い獅子山下動画。

 実は、今回の動画は、すべてりえさんの記事からお借りしました。より詳しい説明、写真(たくさん!)は是非本家でご覧ください。別件でお願いをしたのだが、ご快諾くださりありがとうございます。
 個人的に最も受けたのは、盛り上がるネット民の写真、とりわけ猫に垂れ幕がついているやつ。うちに猫がいたらやりたかった。
 りえさんの記事の中に「今までの香港ならみんなで笑って眺めるぐらいの痛快な出来事」という表現があったのだけれど、本当に、今までなら大笑いしたと思う。でも、今回は涙が出た。そして、回帰六年回憶版の「獅子山下」で号泣した。
 垂れ幕は漁農自然護理署の決定により取り外されるとのことで、残念至極。しかし、香港人(心の香港人も含む)の心に永久に残るであろう快挙であった。

【2014年10月25日追記】
 垂れ幕は、10月24日13:30頃外されてしまったとのことです。
 上記のりえさんの記事に追加情報があります。
 で、パソコンのデスクトップをコレにしました。りんご新聞は、この快挙をトップ記事にしただけでなく、2ページぶち抜きで「ポスター」を掲載したのであります。このポスター売ってくれないかな。

20141025lionrock

 さらに、本日発表されたロゴ。うおおお(泣けた)。

20141025lionrock_2

 我真希望香港明天更美好。香港人加油。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「雨傘革命」(芸能中心編)

 繁忙期に輪を掛けていろいろなことがあり、長いことご無沙汰してしまいました。もう3週間以上も経っている。
 しかし、香港の革命的事態は続いており、当初「占領中環」として始まった運動は、10月3日に「雨傘革命」と名前を変えた。由来は、無抵抗の民主派が警察の催涙弾を雨傘で防いだことによる。
 現在、金鐘と旺角の占拠は続いており、10月21日に学生代表が政府と会談の予定(本当は10月9日の予定が政府が引き延ばしたのであった)。
 この3週間、それはもういろいろなことがあったのだが、とても1回では収まらないので、とりあえず、芸能関連に近い路線でクリップしておきたいものをりんご動新聞からご紹介。

 雨傘革命という名前が出るか出ないかの頃、警察が無抵抗を貫くデモ隊に向かって催涙弾を放ち、その理由を「ラップを巻いて雨傘で向かってくるので」と言って「黄飛鴻師父かよ!」と各方面から突っ込まれていた。
 そのあと議会の偉いさんも同じネタをマジで言っていて驚く。

 これこれ、10月16日のりんご動新聞。
 この前に、警察官が民主派を物陰でぼこぼこにしているところがTBVにばっちり撮影され全世界に報道されたのであるが(NHKにも出てた)その言い訳がコレということらしい。
 りんご新聞は有事にもユーモアを忘れず。ニック・チョンやラウちんが登場しているこれは是非とも記録しておきたく載せた次第。香港では映画が浸透しているのだなあ。

 10月1日には「民間特首」周潤發と劉徳華が民主支持を表明。

 民間特首!そりゃあ、選挙に出ればトップ当選するでしょうとも。
 大陸では掲載広告が撤去とのこと。

 歌手のアンソニー・ウォン(秋生さんも)、トニーさん、その他幾多の香港芸能人が支持を表明し、大陸ではネットから削除されているらしい。その削除リストはすなわち応援リストである。

 このほかにもいろいろなことがあり、戦況は持久戦に持ち込まれていて、そうなるとデモ側は不利になりそうで、気が揉めるのだが。

 明星のみなさんの雨傘革命応援歌「撐起雨傘」。作詞は林夕。

 こちらは金鐘でのライブ。10月4日。
 香港加油!我支持民主香港。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »